FC2ブログ
 
  カロ歳時記
        saison de karo 95

    滅びへの音がどこかに花の闇  山上樹実雄                      
                                 桜の園03

        
      トロフィーモフ  領地がれようとれまいと、同じことじゃありませんか。

               あれは、もう、とっくに縁が切れて、いまさら元へは戻りません。

     昔のですよ。 気を落ちつけてください。

       奥さん、いつまでも自分をごまかしていないで、せめてでも、

     をまともに見ることです。

          チェーホフ 『

                  チェホフ2
                       アントン・チェーホフ           

          桜の園0

        ラネーフスカヤ  

       そりゃあなたなら、どれが真実でどれがか、はっきり見えるでしょうけれど、

       わたし、なんだか眼がんでしまったみたいで、何ひとつ見えないの。

          あなたはどんな重大な問題でも、勇敢にズバリと決めてしまいなさるけれど、

    どうでしょう、それはまだあなたがくって、

          何ひとつ自分の問題をしみぬいたことがないからじゃないかしら?

         わたしをに見てちょうだい。

            桜の園4

         だってわたしは、ここでまれたんだし、

        お父さんもお母さんも、お爺さんも、ここに住んでいたんですもの。
 
      わたしはこの家がしんから好きだし、のないわたしの生活なんか、

         考えられやしない。 どうしてもらなければいけないのなら、

 わたしも、庭と一緒にってちょうだい。
    
               『

                           桜の園5                                                     
                    サモワール ロシア風お茶はとっても濃い・・・

      「」は、チェーホフの代表的な戯曲。

      地主のラ―ネフスカヤは、のまま年老いたような女性。

         領地の管理に失敗し、破産に瀕しても、彼女が考えているのは、

     パリに残してきたのこと。          カロ
                             
                     桜の園3
                     『忘れえぬひと』  クラムスコイ

          桜の園02

   夫人のアーニャは大学生トロフィーモフに惹かれつつ、

            「自分がしっかりしなくちゃ。」と母を抱えた自活を模索。

     農奴から身を起こしたロパーヒンは、金の力でを買い取り、時代のとなりますが、

  夫人の養女ワーニャとのはすれ違うばかり。

                  桜の園01
                  ティー ジャムをいれて香り高く・・・

       桜の園05
           
      小間使いドゥニャーシャはパリ仕込みの従者ヤーシャにかれ、

          彼女を心からしてくれる事務員エピホードフの気持ちに気付きません。

   愛してわれない人、愛しているつもりの人、

   挫折をれる人、挫折に気付かない人・・・。
        
      ロシア人名がする物語の中、

             登場人物すべての気持ちはかみ合わず、行き違います。

                 桜の園7
                    おなじみボルシチ

       一人幸せになれる者はなく、

                 買い取られた土地の美しい桜の木が伐採されてゆく音の中、

                     が下ります。 カロ
                                
                                桜の園4
                
スポンサーサイト




   の猫  chat de mois

          Chat avril  月のねこ


                   夕ざくら貸しくるる人は誰 鈴木俊作

                        ねこ ひざ1

                 ひとの家に行っていて、其所のに乗って来る。

              私は直ぐを摘んで下ろしてしまう。
                     
           志賀直哉  『


                       ねこ ひざ6

              夕ざくら1
                                                                                           夕ざくら7


            志賀直哉 の方が好き。

       心地がよさそうだと思えば、

   知らない人のでも平気で上ってくる。

                  こういう身勝手な性質を私は好まないのだが、

      好きがを褒める時には、よくこの性質をも一緒に褒めている。

           『

                          ねこ ひざ9
                       
     
                ねこ ひざ5

                        夕ざくら3

      の下腹には柔らかな毛が密生している。

                           するにはこれでなくてはるわけだ。

             志賀直哉  『

               膝              

                      ねこ ひざ8

       ××

        第一食はの味噌汁に納豆、卵のだけ入れる。

       漬物はなり。

     散歩に出かける。

        書庫へあがり、夜の仕事のための下調べをする。

         猫のがあがってきて、

        しきりにをする。

                      池波正太郎 『食卓の情景』

                            夕ざくら4
                                                                       
       を開けば、そのページに乗る。

             それならというので別のをひろげると、

                わざわざやってきての上に寝そべる。

                    夕ざくら6

      たまりかねて、 「!!」
            
             一喝すると、のそのそ逃げていってしまった。

                               池波正太郎 『食卓の情景』

                      夕ざくら5

      ねこ ひざ3

          夕ざくら2 

                            ねこ ひざ7
             
                 sakura.jpg
    
ねこ ひざぶる

      ・・・・



  

    カロ歳時記
         saison de karo

                        ひえびえと人を見ている桜かな 中村克子
             桜満開5

  近頃はの木の下といえば人間がより集まってを飲んで喧嘩していますから、

     陽気でにぎやかだと思い込んでいますが、

      の花の下から人間を取り去ると怖ろしい景色になります・・・。

       坂口安吾  『の森の満開の下』

                  桜満開3
                    
       、鈴鹿峠も旅人がの森の花の下を通らなければならないような道になっていました。

            の季節になると、旅人はみんな森のの下で気が変になりました。

          やがての森は街道を外れて人の子一人通らない山の静寂へとり残されてしまいました。
                                                     
   この山に一人のが住み始めましたが、

   このはずいぶんむごたらしい男で、街道へ出て情容赦なく着物をはぎ人の命も断ちましたが、

     こんな男でもの森の花の下へくるとやっぱり怖ろしくなって気が変になりました。

         満開3

   の下では風がないのにゴウゴウが鳴っているような気がしました。

がちっともなく、一つも物音がありません。
                
   始めはひとりだった女房がもう七人にもなり、

           八人目の女房を又、街道からの亭主の着物と一緒にさらってきました。

     の亭主は殺してきました。

           満開1

      を恋いました。

       「お前が本当に強いなら、私をへ連れて行っておくれ。

     そして私にシンから楽しい思いを授けてくれることができるなら、お前は本当に強いなのさ。」

       「わけのないことだ。」

    へ行くことに決めました。

       ひとつだけ気にかかることは、まったくに関係のない別なことでした。

      それはの森でした。

               満開5
                      
     二日か三日の後に、の満開が訪れようとしていました。 今年こそ、彼は決意していました。

      の森の盛りのまんなかで、身動きもせずジッと坐っていてみせる。

    あと三日、彼は出発を急ぐに言いました。

             増女

       女はをよせました。

    「じらさないでおくれ。が私をよんでいるのだよ。」
   
    「それでもがあるからね。」

     「お前がかえ、この山奥にした誰がいるのさ。」

       男はがつけなくなりました。

                      能面

        「の花が咲くのだよ。」

      「の花としたのかえ。」

  「の森の下へ行って見なけらばならないからだよ。」

            「なぜ、行ってみなければならないのよ。」

      「が咲くからだよ。」

                                   桜満開1                   

        男は、の花の下へ歩きこみました。

             あたりはひっそりと、だんだんたくなるようでした。

                彼はふと、女の手がたくなっているのに気が付きました。

                  般若

      に不安になりました。

       とっさに彼は分りました。 であることを。

    冷たいが花の下の四方の涯から吹き寄せていました。

           『の森の満開の下』