カロ歳時記

  saison de karo87



                ユダよりもさびしき一人クリスマス 行方克巳


   クリスマスケーキ10

                                   
                                                                                                           

        を食べなくなって、もう何年になるだろう。




                        クリスマスケーキ3



        私はさなを抱えて、渋谷駅から井の頭線に乗っていた。

        当時、私は日本橋の出版社に勤めていた。

        会社はれかけていたし、一身上にもの晴れないことがあった。

        家の中にもさなごたごたがあり、

        夜道を帰ると我が家の門だけが暗く、くすんで見えた。

        私は玄関の前で呼吸をととのえ、きな声で、

        「只今!」と威勢よく格子戸を開けたりしていた。




                                                 向田邦子 『父の詫び状』




                   クリスマスケーキ9




              それにしても、私のケーキさかった。

              夜十時をまわった車内はけっこう混み合っており、ケーキの包みを持った人も多かったが、


              私のは一番さいように思えた。



        父はなどに気の廻るタチではなく、

        いつの間にか、それは長女である私の役目になっていた。




                     クリスマスケーキ1




               甘党の母や弟妹達の頭数を考えると、やはりさすぎた。

               せめてもの慰めは、銀座の一流の店の包みだということである。

               来年はもっときいのにしよう、と思いながら、私は眠ってしまった。





                     クリスマス6



               そのころ、私は乗り物に乗ると、必ずをしていた。

               内職でラジオの台本を書き始めていたので寝不足だった。


               終点に近いせいか、車中はガランとして、

               2、3人の酔っ払いが寝込んでいるだけだった。





                      クリスマスケーキ6




        私は、我がを疑った。


             私の席の前の網棚の上に、きなの箱が乗っていた




                      クリスマスケーキ7





             私の膝の箱の倍はある。しかも、同じ店の包み紙なのである。            

             下の座席には誰もいない。明らかに置き忘れである。


                                      クリスマスオーナメント


             こんなことがあるのだろうか。

             誰も見ていない。

             取り替えようと思った。        
        
             だが、それは一瞬のことで、


        



                      クリスマスケーキ8



                      
               電車はホームに滑り込み、私は自分の小さなを持ってホームに降りた。


               発車の笛が鳴って、
        

               きなを乗せた黒い電車は、四角い光の箱になって、

               カーブを描いて三鷹台の方へ遠ざかってゆく。

  
               サンタクロースだか、キリスト様だか知らないが、 

               神様も味なことをなさる。





                      クリスマスケーキ2





        仕事も、恋も、家庭も、どれをとっても八方ふさがりのオールドミスの、
        
        さなを憐れんで、ちょっとした余興をしてみせてくださったのかも知れない。


        私は、笑いながら、「リーと言ってみた

        不意が溢れた。

                                     『父の詫び状』




                       クリスマスケーキ5

        

                
スポンサーサイト
今月の chat du mois

                   12月の猫 Chat décembre


                                   
                         何もかも知つてをるなり竈猫   富安風生



                猫である4

                                           かまどニャン
                      
              猫は寒がり・・・昔はいつも台所のカマドの傍にいたので・・・「かまどねこ」は冬の季語ニャン




                「おい、そのの頭をちょっと撲ってみろ。」

                「撲てば、どうするんですか。」

                「どうしてもいいからちょっと撲ってみろ。」


                こうですかと、細君は平手で吾輩の頭をちょっと敲く。


                痛くも何ともない。


                                              夏目漱石     『吾輩は猫である』




                  かまどねこ

                                                    の用心




                          ねこ ぐうたら2




                「鳴かんじゃないか。」

                「ええ。」
     
                「もう一返やってみろ。」

                「何辺やったっておんなじことじゃありませんか。」

                と細君また平手でぽかと参る。


                主人は二度まで思い通りにならんので、少々焦れ気味で、

                「おい、ちょっと鳴くように撲ってみろ。」と言った。
 



                                                                           猫である2



                                 猫である1


                                                                                                           
          neko1.jpg



                主人はかくのごとく愚物だから厭になる。

                鳴かせるためなら、ためと早く言えば二返も三返も余計な手数はしなくて済むし、

                吾輩も一度で放免になることを繰り返される必要はないのだ。


                にゃあと注文通り鳴いてやった。


                すると、細君に向って、

                「今鳴いた、にゃあという声は、感投詞か、副詞か、何だか知ってるか。」と聞いた。

                細君はあまり突然な問いなので何も言わない。



                  ねこ ぐうたら1




                              ねこ小春





                すると主人はたちまち大きな声で、

               「おい。」と呼びかけた。はびっくりして、

               「はい。」と答えた。

               「そのはいは、感投詞か、副詞か、どっちだ。」

               「どっちですか、そんな馬鹿げたことはどっちでもいいじゃありませんか。」

               「いいものか。これが現に国語家の頭脳を支配している大問題だ。」

               「そう。」

                細君は利口だから、こんな馬鹿な問題には関係しない。




                         kamado1



 
                         

                     「それで、どっちだか解ったんですか。」

                     「重要な問題だから、そう急には解らんさ。」


                                                             『吾輩は猫である』
 


         ねこリーディングキャット

                                              でも知ってるニャン               

       

                
               猫である3



 
 カロ歳時記

        saison de karo 86 



                     平手打ちかすかに雪の匂いして 岸本マチ子



                   d0019260_3453993.jpg





              年末のを受取って加奈江が社から帰ろうとしたときであった。

              気分の弾んだ男の社員たちがいつもより騒々しく

              ビルディングの四階にある社から駆け下りて行った後、

              加奈江は同僚二人と服を着かえて廊下に出た。






                        叱られ2





              すると廊下に男の社員が一人だけ残ってぶらぶらしているのが、妙に不審に思えた。

              しかも、加奈江が二、三歩階段に近づいたとき、その社員は、

              加奈江の前に駆けて来て、いきなり彼女の左の平手打ちを食わした。


              あっ! 
 
              加奈江は仰反ったまま右へよろめいた。

              瞬間、男は外套の裾を女達の前に翻して階段を駆け降りていった。

   
              加奈江を打った男、、堂島は翌日付けで退社していた・・・・・。




                                              岡本かの子  『越年』


                     越年2




              資生堂の横丁と交叉する辻角に来たとき、

              五人の酔った一群が肩を一列に組んで近くのカフェから出て来た。


              「ちょいと、堂島じゃない、あの右から二番目。」

              同僚の明子がかすれた声で加奈江の腕をつかんで注意したとき、

              加奈江は既に獲物に迫る意気込みで、

              明子をそのまま引きずって、男たちの後を追いかけた。





                     叱られ4



              「堂島さん!ちょっと話があります。待ってください。」

              加奈江はすかさず堂島の外套の背を握りしめて後へ引いた。




                                                       ひらてうち




             「なぜ、撲ったんですか。

               それも社を辞める時をよって撲るなんて、卑怯じゃありませんか。」


             堂島は不思議と神妙に立っているきりだった。

             「あんまりじゃありませんか。あんまりじゃありませんか。」

             加奈江はついに男のを叩いた。




                                           雜雁ケエ・狙convert_20131013230034

                



             会社に加奈江宛の手紙が来ていた。


 
            「今度の会社が有望である点が僕の去就を決しました。
  
             しかし、社を辞めるとなれば、あなたに会えなくなる・・・。


             思い切って打ち明けたところで、断られたらどういうことになる?

             あなたは僕のことなど忘れてしまうだけだ。

             いっそ喧嘩でもしたらどうか。

             あるいはむことによって、僕を長くれないかもしれない。

             そんな自分勝手な考えしか切羽詰まってくると浮かびませんでした。

             僕は、夢中になって、あの日、あなたを殴ったのでした。」





                 越年3


     
             


          ・・・・加奈江は呟いた。

            
                     そんなにも迫った男の感情ってあるものかしら・・・・。


                 
                                                    『越年』




            越年4




                      カロちゃんも最近なんかあったんじゃニャ?


      
                                       。     カロ   





                            ひらてうち2