カロ歳時記

 saison de karo 85


    青年飢えてつねにレモンの香を放つ 穴井太


 
                        れもん2


                 


その日私はいつになくその店で買物をした。というのはその店には珍しい檸檬が出ていたのだ。


いったい私はあの檸檬が好きだ。
レモンエロウの絵具をチューブから搾り出して固めたようなあの単純な色も、それからあの丈の詰まった紡錘形の恰好も。

結局私はそれを一つだけ買うことにした。



                                       梶井基次郎  『檸檬』




                          れもん0




その檸檬の冷たさはたとえようもなくよかった。

その頃私は肺尖を悪くしていていつも身体に熱が出た。
事実友達の誰彼に私の熱を見せびらかすために手の握り合いなどをしてみるのだが、私の掌が誰のよりも熱かった。

その熱い故だったのだろう、握っている掌から身内に浸み透ってゆくようなその冷たさは快いものだった。
 

私は何度も何度もその果実を鼻に持っていっては嗅いでみた。
それの産地だというカリフォルニヤが想像に上って来る。



生活がまだ蝕まれていなかった以前私の好きであった所は、たとえば丸善であった。




                       れもん14
           
                                  京都 丸善




赤や黄のオードコロンやオードキニン。洒落た切子細工や典雅なロココ趣味の浮模様を持った琥珀色や翡翠色の香水壜。
煙管、小刀、石鹸、煙草。




           れもん3




                        れもん 5

                       


                れもん5




私はそんなものを見るのに小一時間も費すことがあった。

そして結局一等いい鉛筆を一本買うくらいの贅沢をするのだった。





                                 れもん11
                                         

                      


それからまた、私は、びいどろという色硝子で鯛や花を打ち出してあるおはじきが好きになったし、南京玉が好きになった。

またそれを嘗めてみるのが私にとってなんともいえない享楽だったのだ。



                 

                 れもん99





あのびいどろの味ほど幽かな涼しい味があるものか。

私は幼い時よくそれを口に入れては父母に叱られたものだが、その幼時のあまい記憶が大きくなって落ちぶれた私に蘇みがえってくる故だろうか、まったくあの味には幽かなさわやかな、なんとなく詩美と言ったような味覚が漂って来る。



                             れもん8

                                 梶井基次郎

       れもん7

丸善の前だった。

私はずかずか入って行った。



                れもん12



 
しかしどうしたことだろう、

私の心を充たしていた幸福な感情はだんだん逃げていった。
香水の壜にも煙管にも私の心はのしかかってはゆかなかった。憂鬱が立てこめて来る。



                  れもん6




私は歩き廻った疲労が出て来たのだと思った。私は画本の棚の前へ行ってみた。

一冊ずつ抜き出してはみる、そして開けてはみるのだが、克明にはぐってゆく気持はさらに湧いて来ない。




                れもん アングル


                             アングル 「浴女」



とうとうおしまいには日頃から大好きだったアングルの橙色の重い本までなおいっそうの堪えがたさのために置いてしまった。

――なんという呪われたことだ。手の筋肉に疲労が残っている。

私は憂鬱になってしまって、自分が抜いたまま積み重ねた本の群を眺めていた。




                         れもん01

 


「あ、そうだそうだ」

その時私は袂の中の檸檬を憶い出した。本の色彩をゴチャゴチャに積みあげて、一度この檸檬で試してみたら。

「そうだ」
 
私にまた先ほどの軽やかな昂奮が帰って来た。
私は手当たり次第に積みあげ、また慌しく潰し、また慌しく築きあげた。新しく引き抜いてつけ加えたり、取り去ったりした。
奇怪な幻想的な城が、そのたびに赤くなったり青くなったりした。



                                         れもん100


                     

やっとそれはでき上がった。そして軽く跳りあがる心を制しながら、その城壁の頂きに恐る恐る檸檬を据えつけた。
そしてそれは上出来だった。

見わたすと、その檸檬の色彩はガチャガチャした色の階調をひっそりと紡錘形の身体の中へ吸収してしまって、カーンと冴えかえっていた。

私は埃っぽい丸善の中の空気が、その檸檬の周囲だけ変に緊張しているような気がした。私はしばらくそれを眺めていた。


                                              『檸檬』



           れもん02




スポンサーサイト
今月の猫 chat du mois

11月の猫  chat novembre


                      白猫の通りぬけする庭紅葉      川崎展宏


              もみじ1




             大浦は自分の部屋にいた。  細君が、

            「小沢さんです。」 

            というと、仕事はそのままにして、すぐ庭に出て行った。

             小沢は山紅葉の下に立って、枝を見上げていた。

            「いい色に紅葉を。」

           と小沢は言った。


                                                                 庄野潤三 『夕べの雲』





                       もみじ5



       
             この人の言葉文字に写すのはむつかしい。

            決してひと息に全部言ってしまわないで、何度も立ち止まる。

            そこへ 「あー」でもないし、「えー」でもないが、

            字に書くとすればそう書くよりほかない言葉がはさまる。

            「いい色に紅葉を・・・」と言ったあとは、おそらく「していますね。」という風に

            続くところであるが、あとの方は、ためらっているように見える「あ行」の声と共に

            行方がわからなくなってしまう。





        もみじ6




            「やっぱり、雑木の紅葉とちがって、いい色に。なかなか、これだけの、色は、

             雑木じゃあ、出ない、もんですね。」
   
            「そうですね。」と、大浦は言った。





                     もみじ2





            小沢の話し方は、彼の人間と切り離すことのできないものであった。

            こんなしゃべり方をまだるっこいと感じる人は、

            小沢という植木屋とはつきあいきれないということになる。


            大浦はどちらかというと、せっかちな人間であったが、

            小沢と話をしている間は、自分がせっかちであるということを暫く棚上げにした。


           


        もみじ7




           こちらが欲しがっているでも、小沢は、

           「それはいい、それにしなさい。」

           とは、言わなかった。

           そう言ってくれれば助かるのだが、決してそう言わないのだった。



        もみじ3



         大浦は言った。

         「夏蜜柑はどうですか。」

         「夏蜜柑、欲しいですね。」

         細君が言った。





                もみじ01





         「ああ、あれは、この辺では、どうですか。

          冬蜜柑は、寒がりますから、無理ですが、
        
          夏蜜柑の方も、やっぱり、

          無理、なようですね。うちでも、前に、鉢に植えたのが、一本あったんですが、

          二年位は、まあ、育っていましたが、そのうちが咲かなくなって、

          どうも、これが、到底、駄目になっちまって、抜いてしまいました。

          あれは、育てるのになかなか辛抱のいるで、

          一人前になるのは、五十年と言います。」


         「それなら、」と、大浦は言った。

         「一人前になった頃には、こっちがもういなくなってる。」


         みんな、一緒に笑った。

                                            『夕べの雲』




               もみじ8

                  
             この文章読んでまだるっこいと思う人はせっかちニャ





                    もみじ4




    
  カロ歳時記 

     saison de karo84


                               
                         セーターの黒い弾力親不幸    中嶋秀子


                 20120911021458.jpg





                             『劣等生』                           ジャック・プレヴェール


               頭ではノン
               でも 
               心ではウイ
               好きなひとにはウイ
               学校の先生にはノン
               はつっ立って
               質問されてる・・・。
               問題がならぶと
               いきなり げらげらいだす
               そして 何もかもしてしまう
               数字も 名詞も
               年代も 人の名も
               文章も 罠も
               先生はおかんむり
               優等生はしらんふり
               でも
               は書く
               色とりどりのチョークで 
               不幸の黒板に
               幸福の顔かたちを



            132273_1.jpg




20081019074009.jpg



                    先生 「昨日はなんで休んだ?」

                アントワーヌ 「伯父さんが死んで・・・。」


                 数日後

                    先生 「昨日は誰が死んだんだ?」

                アントワーヌ 「・・・・・・。」 


                                           トリュフォー    『大人は判ってくれない』



                                           



                     サガン1



                 知性って? 誰も持てない贅沢かしら。

                                               フランソワーズ・サガン





                            p1-az087_jobsju_g_20110117182234.jpg


                        
                 かであれ                スティーヴ・ジョブズ




                  コクト―
              

                                     には、を・・・・。  ジャン・コクトー





                          中嶋秀子 1936~

                                          作風は鋭敏



                             わが主張ひらひらとまづが背き                                                                      

                                              秀子



                                         蛾