FC2ブログ
saison de karo73


潮騒が不意に紋白蝶となる  松本圭司





                蝶4






      てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った。


                                                  「  」  安西冬衛







     蝶3




              蝶1



         誰も彼に水深を教えたことがないので   
         白い蝶は海がすこしも怖くない

         青い大根畑とおもって飛んでいった

                        

                                 「」       金起林



       


           蝶2


  



                             
                       ねこ 蝶1



                                       を渡る?!気をつけてニャン!
スポンサーサイト
 
      saison de karo 72 


                     うごくとも見えで畑うつ男かな 去来


     
            うごくとも

   
  
                         

        が真にしいのは、その戦いの場においてである。
                                                    白洲正子


はたけ5



                      平家物語に出て来る武将達の、何と単純でしいことだろう。

              彼等は戦場で戦うのと同じほどの情熱でもって女を愛し、詩歌管弦の道に溺れこむ。

                     そこには遊びがあり、人情があり、形式があり、それに何よりも行動があった。 
                                                                   白洲正子



      はたけ11

             
              白洲さん、ここにも行動あります 後ろ姿かっこいい
                

              
                                はたけ7



かかし2

                                               焔がしい



      かかし1

                      
                      しさの極み!  なんと案山子


               はたけ9


                味しいお米できますように・・・・


                                                 はたけ6


            
   
          Chat du mois  今月の猫

             Chat mai 月のねこ


               ランボーを五行とびこす恋猫や 寺山修司

                   

         ねことぶ3

                  びよーん 



          ぼくは歩く 夜空の下を
            よごれたオーヴァーのポケットに両手をいれて
              ミューズを道案内にして
                  おお なんて素敵な愛の小道

               オーヴァーにも ズボンにも穴があいてるけど
               ぼくは夢見る 詩に韻を踏ませながら
               今夜のホテルは空の大熊座
                 きらめくのはぼくの星座

                     ぼくは耳をすます 道端にかかんで
                      夕方の空に浮かぶ星の歌
                     夜露は葡萄酒のようにぼくをぬらす

                           ぼくは膝をかかえる 竪琴をかかえるように
                             ぼくがかきならすのは、靴紐の弦
                             詩のまんなかで 詩のはしっこで

                                アルチュール・ランボー  ぼくの放浪  Ma Bohéme

                  ランボー


           ねことぶ1

                   ひらーん

         
           
                 ねことぶ5

                       一休み 

                          ねことぶ7



             ねことぶ6

                 




             ぼくは恋におちる たぶん八月まではこのままさ
               ぼくはソネットを作る 彼女のために
                友だちなんかすっぽかし 待っているのは彼女の手紙
                        ただそれだけ・・・・。

             
         アルチュール・ランボー   ロマン  roman


                             下手な訳はカロ・・・かなり曲げてます・・・。

                                              
                         ランボー1