saison de karo 55

カロ歳時記

梅干して見知らぬ町を想ひをり 柿本多映

梅干し3


梅干し12

   小松菜の梅あえ

           ひじきとキャベツの梅あえ
梅干し11






梅干し9

  桃みたい。  梅だけど。
                


             鰯の梅煮

梅干し14


梅干し13

梅干し8

じゃがいもの上は梅ペーストとバター           梅パスタ 
                             

梅干し2


   塩に漬かって辛くなり 紫蘇に漬かって赤くなり

   七月八月暑いころ 三日三晩の土用干し


   思えばつらいことばかり これも世のため人のため・・・・・


                               梅干しさん ありがとう・・・。


梅干し1


スポンサーサイト
 
Chat du mois 今月の

Chat juillet  7月の猫

原籍を移して間なし浮かれ猫 中尾硫苦 

ねこ枕5

                      ハッハッハッハッ


ねこうかれ5

            何してるの・・・・



ねこ うかれ3




ねこうかれ3



                 

                       やめて・・・・・・
              



ねこうかれ1


                        ちょっと・・・・・それダメ・・・・


ねこうかれ4


                  消さないの!!




ねこ うかれ2


ねこ 寝正月4




                 ヤレヤレ・・・・



saison de karo 54

噴水より生まれし如く歩み来る 高野ムツオ

ラリック 浴み

                 ラリック 湯あみ


噴水2

                                   夕方の噴水 やさしい


 

雨  西脇順三郎

南風は柔い女神をもたらした。
青銅をぬらした、噴水をぬらした、
ツバメの羽と黄金の毛をぬらした、
潮をぬらし、砂をぬらし、魚をぬらした。
この静かな柔い女神の行列が

私の舌をぬらした。


噴水1
                                   

                                              夜の噴水 ちょっと怖い

    

噴水4

        ギリシア 壺絵 訃報を聞く婦人



噴水3