saison de karo 20

ぬきさしのならぬよ熟柿手にうけて 大石悦子 

ずくし


静御前の初音の鼓、あれを宝物として所蔵している家が、ここから先の宮滝の対岸、菜摘の里にある。・・・
「静御前がその鼓をぽんと鳴らすと、忠信狐が姿を現すと云う、あれなんだね。」
「うん、そう、芝居ではそうなっている。」
「そんなものを持っている家があるのかい。」
「あると云うことだ。」
「ほんとうに狐の皮で張ってあるのかい。」
「謡曲に『二人静』があるんで、誰か昔のいたずら者が考え付いたことなんだろう。・・・」

狐忠信


鼓を持っている家は、今は大谷姓を名乗っているけれども、昔は村国の庄司と云って、その家の旧記に依ると、文治年中、義経と静御前とが吉野へ落ちた時、そこに逗留していたことがあると云われる。・・・
気がついてみると、何時の間にか、私たちの行く手には、高い峰が眉ちかく聳えていた。

秋の山

大谷と云う家を尋ねると、すぐに分った。里の入り口から、五、六丁行って、河原の方へ曲った桑畑のなかにある、一際立派な屋根の家であった。・・・
田畑に面したふた間続きの出居の間の、前通りの障子を開け放しにして、その床の間付きの方の部屋に、主人らしい四十恰好のひとが座っていた。・・・どうみても一介の愚直な農夫である。
「お話がありましたので、先程からお待ちしておりました。」と、そう云う言葉さえ聞き取り難い田舎訛りで此方が物を尋ねても、はかばかしい答えもせずに、ただ律儀らしくお辞儀をしてみせる。
「お忙しいところをお妨げして済みませぬ。お宅さまではお家の宝物を大切にしていらしって、めったに人にお見せにならぬそうですが、不躾ながら、そのお品を見せて戴きに参ったのです。」と云うと、
「いえ、人に見せぬと申す訳ではありませぬが・・・。」
真っ黒な爪の伸びた手を膝の上に重ねて、云いにくそうに語るのである。・・・

鼓の胴


初音の鼓は、皮はなくて、ただ胴ばかりが、桐の箱に収まっていた。漆が比較的新しいようで、蒔絵の模様などもなく、見たところ何の奇もない黒無地の胴である。尤も木地は古いようだから、或いは、いつの代かに塗り替えたものかもしれない。

それは静ではなく、南朝の姫か、戦国頃の落人であったか、いずれにしてもこの家が富み栄えていた自分に、何か似寄りの事実があって、それへ静の伝説が紛れ込んだものかも知れない。

私たちが辞して帰ろうとすると、
「何もお構いできませぬが、ずくしを召し上がってくださいませ。」と、主人は茶を入れてくれたりして、盆に盛った柿の実に、灰の入っていない空の火入れを添えて出した。
ずくしは、けだし熟柿であろう。空の火入れは、煙草の吸殻を棄てるためのものではなく、どろどろに熟れた柿の実を、その器に受けて食うのであろう。

籠の柿



しきりにすすめられるままに、私は今にも崩れそうなその実のひとつを恐々手の平に載せてみた。円錐形の、先の尖った大きな柿であるが、真っ赤に熟し切って半透明になった果実は、あたかもゴムの袋のごとく膨らんでぶくぶくしながら、日に透かすと、琅玕の珠のように美しい。
主人が云うのに、ずくしを作るには、皮の厚い美濃柿に限る。それがまだ固く渋い時分に枝から捥いで、成るべく風のあたらない処へ箱か籠に入れておく。そうして十日程たてば、何の人工も加えないで自然に皮の中が半流動体になり、寒露のような甘みを持つ。これを食うには、半熟の卵を食うようにへたを抜き取って、その穴から匙ですくう法もあるが、矢張手は汚れても、器に受けて、皮を剥いで食べる方が美味である。

実る柿


そんな話を聞きながら、私は暫く手の上にある一顆の露の玉に見入った。そして自分の手のひらのなかに、この山間の霊気と日光が凝り固まった気がした。

結局大谷の家で感心したものは、鼓よりも古文書よりも、ずくしであった。友人も私も、歯ぐきから腸の底へ染み徹る冷たさを喜びつつ甘い粘っこい柿の実を貪るようにふたつまで食べた。

                  谷崎潤一郎 『吉野葛』



スポンサーサイト
Goulue de karo  カロ食彩9

アップルパイを焼こう。

林檎2

林檎は厄介な経歴の持ち主。

林檎を食べると楽園が消える。

eve_apple.jpg


神はどんな樹の実も食べてはならぬと言われたのか。
蛇が女に向かって言った。女は答えた。
樹の実は食べても良いと。ただ園の中央にある樹の実だけは食べてはならぬ。お前たちが死に至らぬ為だと。
蛇がまた言った。
お前たちが死ぬことはない。食べればお前たちの眼は開き、全てが見えるようになる。神はそれを恐れたもうたのだ。
女はその実を食べた。男にも与えた。たちまち彼等の眼は開かれ、己の裸であることを恥じる心が芽生えた。
旧約聖書 「創世記」


甘くて酸っぱい、小粒な体のなかに背負い込んだ二律背反。セザンヌのりんご。カラバッジオのりんご。食べちゃいけないと言われると無性に食べたくなる。究極のフルーツ、林檎は人間を捉えて離さない。

林檎セザンヌ                  セザンヌ「林檎のある静物」

皮を剥いただけでもトッテモ美味しいのですが・・・。

カロ風アップルパイの作り方 (ちょっと大きめ一人分パイ3つ分)

材料 林檎4個。フィリングにする林檎はスッパイ方が良い。紅玉がお勧め。
砂糖100グラム、バタ、レモン、シナモンパウダー、ブランデー少々。
パイ生地の材料 薄力粉150グラム、強力粉50グラム、バタ100グラム。

1 パイ生地を作る。
薄力粉、強力粉は手でさっさと混ぜ、(めんどくさいので「ふるう」のはいつも省略)バタは1センチくらいにぶつぶつ切る。フードプロセッサーにみんな入れ、1分くらい混ぜる。フードプロセッサーがなければ、ステンレスの大きなボールに入れて両手でにぎにぎ・・・。お水コップ半分くらい足して、もう一度プロセッサーに、今度も一分くらい。
ステンレスの調理台を拭いて、小麦粉をよくふっておく。パイ生地を取り出す。生地をまるくまとめて、面棒でうすく伸ばす。バタが匂う。カッタ―で半分に切る。もう一度まとめてうすく伸ばす。時々粉をふる。これを3,4回。この辺はひたすら粉にまみれてがんばる。
ラップに包んで冷蔵庫に入れる。一日置くと落ち付きます。

林檎フィリング

2 フィリングをつくる。
林檎は皮を剥き、芯を取ってうすく切る。
きれいに拭いた中なベに林檎をどっと入れ、半量のお砂糖をかぶせて中火にかける。林檎の皮を細長いまま一個分入れる。(色付けのため。ほんのりピンクになります。)じっと見ていましょう。砂糖はどんどん溶け、林檎からジワジワと水がでてくる。バタをひとかけ、シナモンパウダーをふり、ブランデーを「とくっと」入れる。林檎が透けてきたら、もう半分のお砂糖もいれる。ここで火を弱め、焦げ付かないように時々混ぜる。とろりとしたら火をとめて、レモンをぎゅっとしぼる。大きく混ぜて、そのまますっかり冷ます。最後に林檎の皮を取り除きます。(結構美味しいから齧ってしまいましょう。)

3 バタ大匙1とパイシートは冷蔵庫からだし、やわらかくしておく。パイシートは、3等分して、面棒でなるべく薄く伸ばし、A4ノートより一回り小さいくらいの大きさに広げる。指先で、うっすらバタをぬる。フォークでぶつぶつ穴をあける。生地の手前にフィリングを大匙山盛り一杯のせ、二つに折りたたむ。大匙1のクレーム・オ・ラングレーズ(カロ食彩3 生クリームを泡立てよう を読んでみて)を一緒に入れても結構です。フィリングは余るので、ジャムがわりにトーストにのせたり、紅茶に入れても美味しい。
パイの合わせ目をフォークでしっかり押さえる。卵黄を溶いて、ほんの少し水を足し、調理ブラシか、なければ指でパイの上にたっぷり塗る。

4 オーブンの天板にアルミフォイルを敷く。パイをならべる。200度で10分くらい。上火が強いようなら、上にフォイルをかぶせる。余熱で10分くらいそのままにしておく。

パイを上手く焼くために・・・。時間がタップリある時、片手に紅茶茶碗を持って飲みながら、オーブンの中を逐一見張り続けること。遣いなれたオーブンでも、素材、季節などで焼け具合は違ってきます。時間的にセっている日は止めておいたほうが・・・。しかし、手間と時間をかけてやり遂げると、焼きたてパイは、多少焦げても生でも実に美味しいものなのです!

焼き上がったパイ。
ほのあたたかい位に覚めたら、バニラアイスクリームと生クリームを乗せて、ア・ラ・モードにしましょう。

アップルパイアラモード


パイシートもフィリングも作っておく時間のない忙しい方に・・・。
超簡単カロ風アップルパイの作り方 

材料 林檎、冷凍パイシート、砂糖、バタ。

1 冷凍パイシートをおなじみA4マイナスの大きさに広げ、フォークでストレス解消になるくらいぶつぶつと思いきり穴をあける。バタを塗る。ここに芯を取って薄切りにした林檎4分の1個(生のまま)を乗せ、お砂糖を小匙一杯振りかける。あればブランデーをちょっぴりかける。パイ生地をたたんで(りんごが煮えると水分がでるので、ふんわりと包む)アルミフォイルを敷いたオーブンに入れる。焼き時間はフィリングを使った時と同じ。200度で10分。時々パイが破裂して焦げるけれど、そこが美味しい。カフェオレで。

ついでにミートパイも焼きましょう。

ハンバーグの種を生地に包んで焼くだけです。

ミートパイの作り方(小ぶりのパイ6個分)

材料 牛ひき肉200グラム、玉葱1個、しいたけ3,4個、ピーマン1,2個、卵、パン粉、ミルク。
パイシートと卵黄。

1 玉葱はみじん切り。サラダオイルでよーく炒めておく。しいたけもピーマンもこまかく切る。
炒めた玉葱、他の野菜、卵一個、をボウルに入れる。ミルク少し、パン粉をざくざく入れる。塩胡椒、お醬油をちょっぴり入れて、手で練る。6つに分けてまるめ、真ん中をへこませておく。

2 アップルパイと同じように、ノート大のパイ生地に粉をふり、ミートを包む。(ミートパイは、生地をふたつに折るより、四隅を持ちあげて包んだほうがやり易い。)ひき肉をすっかり炒めてから、つまり出来あがったハンバーグをパイにはさむよりも、こちらの方がしっとりとします。アップルパイに比べ、若干低温で、余熱の時間も多くとること。
180度のオーブンで15分。ミートパイもしばらくおく。
オーブンを使う時は、洗ったサツマイモ、じゃがいも、里芋、なんでも横に転がしておくと、各種焼き芋も一緒にできて便利。

ミートパイはあっさりとコンソメで。ポテトサラダを作って、お皿には、キャベツ、レタス、白菜(生でもいける)、大根の千切りも山盛りに。そのあと、アップルパイのダブル・パイ・メニュー。たまにはこんな晩御飯も。(しつこいという方は、林檎を剥いたのをデザートにしましょうね。)

白雪姫と7人のこびと



お妃は、ドアをたたきました。白雪姫は、窓から顔を出していいました。
「だれもいれちゃいけないっていわれているんです。七人の小人たちが、いけないっていったんです。」
「あたしはだいじょうぶさ。」とお百姓のおかみさんはへんじをしました。
「あたしは、このリンゴをうまいことしまつしなきゃあいけないんだよ。ほら、あんたに一つあげよう。」
「だめよ。」白雪姫は、いいました。「あたし、うけとるのがこわいの。」
「毒のことを心配しているのかい?」と、おかみさんはいいました。「ごらん、あたしゃ、リンゴをふたつに切る。あんたは赤いほうを、あたしは白いほうを、とることにしよう。」
しかし、そのりんごは、とてもわるがしこくつくられていて、赤いところだけに、毒がはいっていたのです。白雪姫は、おいしそうなリンゴが、たべたくてたまりません。おかみさんが、リンゴを食べるのをみて、もう、がまんできなくなりました。白雪姫は、手をだして、毒のはいっているほうの半分を、とりました。でも、一口、口にいれたとたんに、地面にたおれて、死んでしまいました。           
                                     グリム「白雪姫」

(白雪姫って、可愛いけど、ちょっと馬鹿・・・。)

林檎を食べると命も消える。ちょっとやばい、脛に傷はあるけれど、やっぱり美味しい林檎。

世の中がみんな暮れゐてりんご食む 金田咲子

林檎カラバッジオカラバッジオ「果物籠のある静物」

林檎、些か虫食い。
saison de karo 19

金襴の下は冷たき未知の国 福田甲子雄

野菊1


いつの間に生茂ったのか、崩れた築地いっぱいに、菊が夕日を受けて咲いております。黄の花芯に赤い花びら、煙るような橙黄色の雄しべに白い花びらなどと、野菊が長年の間に混じりあったものらしく、小さい花が無数に庭先から地に這いあがって、蜜蜂やいちもんじせせりが飛び交うさまが、いよいよあたりの静けさをかきたてています。

太陽がさしているのに雨がふっています。雨脚がきらめきながら斜めに落ちてくるなかを、花嫁の行列が野原の細い道を通ってゆきます。

お嫁入り



従者が私の頭の上に大きな傘をさしかけてくれています。一行は六、七匹です。私の後に従ってくるのは雄狐です。あとの五匹は尻を端折って紺の法被を着ています。私は金襴緞子の花嫁衣装で、顔だけは、紛れもない狐の顔でございます。
                      辻井喬 『狐の嫁入り』

狐の嫁入り