saison de karo 20

ぬきさしのならぬよ熟柿手にうけて 大石悦子 

ずくし


静御前の初音の鼓、あれを宝物として所蔵している家が、ここから先の宮滝の対岸、菜摘の里にある。・・・
「静御前がその鼓をぽんと鳴らすと、忠信狐が姿を現すと云う、あれなんだね。」
「うん、そう、芝居ではそうなっている。」
「そんなものを持っている家があるのかい。」
「あると云うことだ。」
「ほんとうに狐の皮で張ってあるのかい。」
「謡曲に『二人静』があるんで、誰か昔のいたずら者が考え付いたことなんだろう。・・・」

狐忠信


鼓を持っている家は、今は大谷姓を名乗っているけれども、昔は村国の庄司と云って、その家の旧記に依ると、文治年中、義経と静御前とが吉野へ落ちた時、そこに逗留していたことがあると云われる。・・・
気がついてみると、何時の間にか、私たちの行く手には、高い峰が眉ちかく聳えていた。

秋の山

大谷と云う家を尋ねると、すぐに分った。里の入り口から、五、六丁行って、河原の方へ曲った桑畑のなかにある、一際立派な屋根の家であった。・・・
田畑に面したふた間続きの出居の間の、前通りの障子を開け放しにして、その床の間付きの方の部屋に、主人らしい四十恰好のひとが座っていた。・・・どうみても一介の愚直な農夫である。
「お話がありましたので、先程からお待ちしておりました。」と、そう云う言葉さえ聞き取り難い田舎訛りで此方が物を尋ねても、はかばかしい答えもせずに、ただ律儀らしくお辞儀をしてみせる。
「お忙しいところをお妨げして済みませぬ。お宅さまではお家の宝物を大切にしていらしって、めったに人にお見せにならぬそうですが、不躾ながら、そのお品を見せて戴きに参ったのです。」と云うと、
「いえ、人に見せぬと申す訳ではありませぬが・・・。」
真っ黒な爪の伸びた手を膝の上に重ねて、云いにくそうに語るのである。・・・

鼓の胴


初音の鼓は、皮はなくて、ただ胴ばかりが、桐の箱に収まっていた。漆が比較的新しいようで、蒔絵の模様などもなく、見たところ何の奇もない黒無地の胴である。尤も木地は古いようだから、或いは、いつの代かに塗り替えたものかもしれない。

それは静ではなく、南朝の姫か、戦国頃の落人であったか、いずれにしてもこの家が富み栄えていた自分に、何か似寄りの事実があって、それへ静の伝説が紛れ込んだものかも知れない。

私たちが辞して帰ろうとすると、
「何もお構いできませぬが、ずくしを召し上がってくださいませ。」と、主人は茶を入れてくれたりして、盆に盛った柿の実に、灰の入っていない空の火入れを添えて出した。
ずくしは、けだし熟柿であろう。空の火入れは、煙草の吸殻を棄てるためのものではなく、どろどろに熟れた柿の実を、その器に受けて食うのであろう。

籠の柿



しきりにすすめられるままに、私は今にも崩れそうなその実のひとつを恐々手の平に載せてみた。円錐形の、先の尖った大きな柿であるが、真っ赤に熟し切って半透明になった果実は、あたかもゴムの袋のごとく膨らんでぶくぶくしながら、日に透かすと、琅玕の珠のように美しい。
主人が云うのに、ずくしを作るには、皮の厚い美濃柿に限る。それがまだ固く渋い時分に枝から捥いで、成るべく風のあたらない処へ箱か籠に入れておく。そうして十日程たてば、何の人工も加えないで自然に皮の中が半流動体になり、寒露のような甘みを持つ。これを食うには、半熟の卵を食うようにへたを抜き取って、その穴から匙ですくう法もあるが、矢張手は汚れても、器に受けて、皮を剥いで食べる方が美味である。

実る柿


そんな話を聞きながら、私は暫く手の上にある一顆の露の玉に見入った。そして自分の手のひらのなかに、この山間の霊気と日光が凝り固まった気がした。

結局大谷の家で感心したものは、鼓よりも古文書よりも、ずくしであった。友人も私も、歯ぐきから腸の底へ染み徹る冷たさを喜びつつ甘い粘っこい柿の実を貪るようにふたつまで食べた。

                  谷崎潤一郎 『吉野葛』



スポンサーサイト
saison de karo 19

金襴の下は冷たき未知の国 福田甲子雄

野菊1


いつの間に生茂ったのか、崩れた築地いっぱいに、菊が夕日を受けて咲いております。黄の花芯に赤い花びら、煙るような橙黄色の雄しべに白い花びらなどと、野菊が長年の間に混じりあったものらしく、小さい花が無数に庭先から地に這いあがって、蜜蜂やいちもんじせせりが飛び交うさまが、いよいよあたりの静けさをかきたてています。

太陽がさしているのに雨がふっています。雨脚がきらめきながら斜めに落ちてくるなかを、花嫁の行列が野原の細い道を通ってゆきます。

お嫁入り



従者が私の頭の上に大きな傘をさしかけてくれています。一行は六、七匹です。私の後に従ってくるのは雄狐です。あとの五匹は尻を端折って紺の法被を着ています。私は金襴緞子の花嫁衣装で、顔だけは、紛れもない狐の顔でございます。
                      辻井喬 『狐の嫁入り』

狐の嫁入り


saison de karo 18

露の世は露の世ながらさりながら 小林一茶 


露の玉2


昔男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。芥川といふ川を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、
「かれはなにぞ。」となむ、男に問ひける。
ゆくさき多く、夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥におし入れて、男、弓やなぐひを負ひて戸口に居り。はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、
鬼、はや一口に食ひてけり。
「あなや。」といひけれど、神鳴る騒ぎにえ聞かざりけり。やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来し女もなし。足ずりをして泣けどもかひなし。

白玉かなにぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを


昔、ある男が、長く思い続けた女をついに盗み出した。抱きかかえて夜道をゆく途中、芥川の川辺にさしかかった。岸の草に置く露が、夜目にもきらきらと光るのを見て、外に出たこともなかった女は、めずらしそうに、
「あれは、なあに。」と問うのだった。

伊勢物語

道は遠く、夜は更けてゆくばかり。雷が鳴り、雨も降ってくる。そのあたりには鬼が出ることも知らず、人気のない蔵にゆきあたったのを幸い、女を中に隠して、男は弓を持ち、矢入れを背負って入り口を守った。
一刻も早く夜の明けるようにと念じながら・・・。ところが、蔵の中に潜んでいた鬼は、女を一口に喰ってしまった。女は、ただひと声、
「あ・・。」か細く声をあげたが、雷鳴にまぎれて、男の耳に届くことはなかった。
朝、女の姿はどこにもなかった。
男は泣き悲しみ、こう詠んだ。

あれはなに、とお前が聞いた時、露だよと答え、いっそ露のように一緒に消えてしまえばよかった・・・。

                 『伊勢物語』 カロ訳

saison de karo 17

葡萄吸う腰から下に夕日浴び 徳弘純

葡萄に陽
 

ジムというその子の持っている絵具は舶来の上等のもので、軽い木の箱のなかに、十二色の絵具が、小さな墨のように四角な形に固められて、二列にならんでいました。どの色も美しかったが、とりわけて藍と洋紅はびっくりするほど美しいものでした。・・・
秋だったのでしょう。葡萄の実が熟していたのですから。

クレパス1

昼ご飯がすむとほかの子供達は、活発に運動場に出て走り回って遊び始めましたが、ぼくだけはなおさらその日は変に心がしずんで、一人だけ教場にはいっていました。・・・ぼくの目はときどきジムの卓の方に走りました。

ぼくは急に頭が氷のように冷たくなるのを気味悪く思いながら、ふらふらとジムの卓の所へ行って、半分夢のようにそこのふたをあけてみました。・・・
藍と洋紅の二色を取り上げるが早いか、ポケットのなかに押し込みました。
・・・・
「君はジムの絵具を持っているだろう。」
「そんなもの、ぼく持ってやしない。」
「休みの時間に教場にいたのは君だけじゃないか。」・・・
ひとりがいきなりぼくのポケットに手をさしこもうとしました。…マーブル玉や鉛のメンコなどといっしょに、ふたつの絵具のかたまりがつかみ出されてしまいました。・・・

クレパス3

部屋の戸をジムがノックしました。中からやさしく、「おはいり」という先生の声が聞こえました。・・・・
何か書き物をしていた先生は、どやどやと入ってきたぼくたちを見るとすこしおどろいたようでした。が、頚のところでぷっつりと切った髪の毛を右の手でなであげながら、いつものとおりのやさしい顔をこちらに向けて、ちょっと首をかしげただけで、なんの御用というふうをなさいました。・・・

先生は、しばらくぼくを見つめていましたが、やがて生徒たちに向かって静かに「もういってもようござんす。」といって、みんなをかえしてしまわれました。
・・・先生はすこしの間なんとも言わずに、ぼくのほうも向かずに、自分の手の爪を見つめていました。

クレパス2

「絵具はもう返しましたか。」
ぼくはかえしたことをしっかり先生に知ってもらいたいので深々とうなずいて見せました。
「あなたは自分のしたことがいやなことだったと思っていますか。」
ぼくはもうたまりませんでした。ぶるぶるとふるえてしかたがないくちびるを、かみしめてもかみしめても泣き声が出て、目からは涙がむやみに流れてくるのです。・・・
「あなたはもう泣くんじゃない。よくわかったらそれでいいから泣くのを止めましょう。ね。・・・」

葡萄アップ

その時また勉強の鐘が鳴ったので、机の上の書物を取り上げて、ぼくの方を見ていられましたが、二階の窓まで高く這いあがった葡萄蔓から、一房の西洋葡萄をもぎとって、しくしくと泣き続けていたぼくのひざの上にそれをおいて、静かに部屋を出ていきなさいました。

                       有島武郎「一房の葡萄」

埃及の葡萄

      saison de karo 16

           丈高きことがさびしく花紫苑 遠藤梧逸

紫苑


     なんのお祭りなのだろう・・・。
     家々の戸口に国旗が立っている。国旗の出ていない家のほうが少ない。

     わたしの家と道路ひとつ距てた小学校の国旗掲揚塔にも、大きな旗があがっている。

     街は賑やかであった。高い百貨店の影の道路に、風船売りや花屋の車がたくさんならんでいた。

     百日草、矢車草、金仙花、紫苑、雛菊。菊がいちばん多い。・・・ようやく私は思い当った。お彼岸なのだ。
     今日は死者たちのお祭りらしい。・・・

     
     わたしのみあげている空には、たくさんの青い風船のかわりに、
     石灰色の薄い鰯雲が、夥しく南の方から広がりだしてきた。
     そしてわたしの耳には、
     旗の鳴る音のかわりに雑草と、楢の葉のざわめきが聞こえる。
                                       
                                      原田康子 『挽歌』

               矢車草