FC2ブログ
 
     歳時記
           saison de karo 

                                         をのこさず食べて冬   山川和子
            
           2012 7 お弁当

                                       suzukumemo1ume.png                             

                              わたしが子供だった、だれもみな家の近くの小学校に通った。

                    わたしの家なども、縁側に立てば庭の向こうに校舎が見えた。

                                                               三國一朗

                     19502-300x300.jpg            pbenntou (2) 

               昼休みには、一度家にってご飯を食べ、一休みしてまた登校する。

           さして家がくもないのに、弁当を持って学校へ来る子が何人かいたのは、

       家庭の事情のためだったのだろう。 昼ご飯に帰宅することを習慣にしていたわたしは、

           あの弁当というものを食べてみたいものだと、かねがね思っていた。

                                                       三國一朗  「肩書のない名刺」

                                  IMG_4456 (2)
                                         三國一朗(1921~2000)

                            (1921~2000)は放送作家。

                      テレビの司会、ディスクジョッキー等々、知的で親しみやすいキャラでした人です。 

                         エッセイや文化論の執筆にも秀でていました。

                 愉快な話、面白い話、とした話・・・。

                 bentou_10085-300x225 (2)


              弁当にうれしく笹子鳴く  岸本尚毅
                         笹子とは、のうぐいす。 牛蒡はゴボウ、楽しいマッチング。

                                    IMG_4453.jpg
                                                                       きんぴら   
               kasakasa.png

              午前の授業のあいだにがはげしく降りだしたことがあった。

          この雨にぬれて帰るのかと、ゆううつになりながら昼休みに脱履場へ出ていくと、

                  そこにうちの(いまのお手伝いさん)がきている。

          傘をとどけにきたのかと思って見ると、傘ではなく、い布の包みを持っている。

                  neeya.jpg   obenntoututumikore.jpg  pbenntou (3)


          ねえやは、母がつくったを届けにきたのであった。 わたしは歓喜した。

      それ以来、わたしは雨が降ると、たとえ傘を持って来ていても、ねえやが届けてくれるお弁当をつようになった。

                                               orieoriginal (2)

          いつも弁当を届けてくれたこのねえやは、良縁を得て、大須の洋服屋さんに嫁いだ。

            作った人の心が食べ物に、と言うが、わたしはあまり関心を持たない。

              ただ、強いてを問題にするなら、話はやはり弁当になるだろう。

                弁当はあきらかに、かがかのために作るものだからだ。

                                                         三國一朗  「肩書のない名刺」

                                                      imagesSAH02D3M (2)
                          
                       IMG_4467.jpg 
                                     甘夏の薄皮をとった労作。 かにかまと玉子の超かんたん巻きずし。

             ○○年前、だった息子に毎日作っていたお弁当の写真を発見。

                                                       kamera (2)                       
         IMG_4466.jpg
              甘夏かグレープフルーツか、記憶なし。
                           ソーセージ、からあげ、材料いつもかぶり気味。
                 
                                                IMG_4468.jpg
                                                  困った時のそぼろご飯。 こんにゃくゼリーがj空白をふさぐ。
              140425m (2)
                             当時はネットが今ほどんではなく、お弁当サイトもなかったので、

                          にまかせて写真を撮ってはアルバムに貼っていました。

                 ちょっとかった朝。なつかし・・・。
                                                                     カロ

       IMG_4459.jpg
           やはり困った時のいなりずし。 我ながら色目わるし。 ここでもこんにゃくゼリーが活躍。

                                                     obenntou (2)

                      いなりずしに秋たちにけり  川崎展宏
                            お弁当の折り詰めに違いなし。

             otuna.jpg
                   東京名物 某寿司店のいなりずし コロッケみたいに見えるのは、うすあげを裏返してあるから。


                                               hanngou2.jpg

                     第二次世界大戦中、サハリンのにいたとき、 演習の昼休み、

           自分の飯盒をあけた班長が、突然ひどくりだして、わたしたち初年兵をどなりつけたことがあった。

                                                          三國一朗

             fish_salmon_28028-300x300 (2)
                           fish_sake_kirimi (2)

                班長の飯盒には、副食のの切り身が、なぜか、おかず入れのほうになく、

          飯の上に、まるで放り込んだように置かれてあった。 班長の弁当をつくるのは初年兵の役目である。

                しかし、これくらいのことで、何もそんなに怒らなくても、とわたしは思った。

                                                sake_kirimi_30018-300x300 (2)  
                                                     ☟                                                                              
                                 hanngou.png

              班長は出身の軍曹だったが、彼の心中が本当に理解できたのは、

         後年、わたしがの東京で勤め人のくらしをはじめてからのことである。

               弁当を持ってきにでるということの底には、言い知れぬ悲しみのようなものがひそんでいる。

                        それは、経験者にしかわからないものだ。 

                                                三國一朗  「肩書きのない名刺」


                          syake.jpg

                  唐突ですが、鮭といえば、つい思い出すのがこの絵。 その名も「

                       日本近代絵画の祖のひとり、作。 迫真の写実。

                                              fish_salmon_28028-300x300.jpg


             塩鮭をねぶりてもきたきわれか  室生犀星
                           小説家、詩人でもあった。  という言葉の切実さ。
 
                                       131123-obento-3 (2)kore

                                    弁当を開けばの蝿の来る  高浜虚子
                                             詠者は蝿をしているみたい。

                万頭の一個の霧ふかし  和田耕三郎 
                         中国紀行の由。 あたたかく、なんだかない昼食。

                         2976-300x300omusubi.jpg

                               より人出て昼食す   桑原三郎 
                                 おむすびととウィンナか。

                                                         11884-300x300.jpg
                    沢庵とにこころ休めをり   鈴木鷹夫
                        そして、作ってくれたのことを考える。 
                   
                             ouchigohan.jpg
                                                                 ouchi-gohan       

                      9372-300x300 (2)    cooking_apron_5339-500x375 (2)                                        

                                   をのこさず食べて冬   山川和子
                                            作ったもうれしい。  カロ

                                    18573-300x300 (2)
                              
スポンサーサイト



 
   歳時記
         saison de karo 

                                   袂より木の実ときも出づ  中村汀女

    IMG_4414.jpg

                                                            ものぽっとsyousyou
                    情感ゆたかな句と、上品な風貌。 

                      (1900~88)は昭和の女性俳句の中心であった人。

              良妻賢母のイメージが強いのですが、 一生を通じて詠みついだ作品は、

                          女性の表現の強さ、しさを教えてくれます。

                                   広辞苑無料検索
                                                       中村汀女 
   akiougi.jpg
             
                 秋扇やしきまま母となり 

                   麦笛のけばよく鳴るさびしさよ

                      夕焼けに向つてみ入る如し

                           扇には女性賛歌、笛には愁意、夕焼には未知へのが。

                  20120906_1499699.jpg


                 汀女は熊本の素封家の出身。 温暖な土地で父母のに育まれた少女は、

                      結婚後、東京、横浜、仙台等、転居の内に子育てを続けます。
                                   
                 昭和十一年から翌十二年まで、夫君の転勤でへ。

                                         gramho kawane3939Instagramsyou
                                                                      kawane3939

       秋雨の汽車に乗らんとしてるる

                             戦前、みちのくへの旅はかったことでしょう。 
                        
                 目をて秋の夜汽車はすれちがふ

                                       譎る岑c0059485_19321343_(2)_convert_20171202031242                    
                の国の生活は珍しかった。

                 子どもたちの学校の窓から見えたの山の壮麗さ。 梅桜一度に開く春のはなやかさ。

                              newyear_c93 (2)ume  諏訪さん3syou  newyear_c93 (2)ume

             塩釜の港はなかなか賑わって、廻りの遊覧船と露店が岸に寄っていた。

                  宮城野に青田のが吹き渡る日に、中国で事変の起こったことを知った。

                        IMG_4338 (2)

         ものぽっとsyousyou (2)

                 秋空は美しい。心の中までむほどで、二度目の秋の十月、

                       いつか知り合いがたくさんになったこの土地に、また私共はれた。
 
                                                                中村汀女 「汀女句集」

                     IMG_4425.jpg

         い仙台の生活を淡々と綴った文章は、読んでいるだけで心地よく。

           戦後、いちはやく「」を創刊。 お国訛りの残る語り口と闊達な人柄で、ジャンルを担う女流に。  

                                IMG_2853 (2)

                                          曼珠沙華くほどとれど恋し

                   子の夜寒の床の引けば寄る

                          恋し、あはれ。 情愛のはためらうことなく使われます。

              goto.jpg  

                               われをわれ子をふ石蕗の花

                                      おなじみの、また子供への愛情句。 

                汀女はまた、 対象への鋭いまなざし、きびしいも備えた人でした。

                                       kikuaka.jpg

                                我に返り見直す隅に寒菊し  
                              歳の作。 機転がありますね。
                             
              シクラメンはシクラメンのみけれ
                                     まるで論のよう・・・。
                              1622338_586503384758550_997412525_o (2)    

                                            銀杏のちたる後の風の音  
                                  銀杏をつくして、たどり着いた言葉。   

                                       IMG_1049 (2)
                               
            1523013_738051402937080_8183204151157067665_o.jpg
                 
                         夫と子を忘れ懐手 
               こういうのもい感じ。すぐ思い出すのでしょうけれど。
 
                      菊 0

                                   kikunohana_convert_20160922195254.jpg
                   
                    に悔も残らず菊枯れし
                              ・・・悔いは消え、思い出だけが残ります。

                                      IMG_4405 (2)

                IMG_4410.jpg
            
                            
                               袂より木の実ときも出づ  中村汀女
                           フォーエバー!
 
                                      ものぽっとsyou
 
   歳時記
        saison de karo 

                                  またのごとくに寄せてきし   高倉和子
    IMG_3151 (3)
                                                               横浜の水。 もうすぐ海へ。    

                                    illust36960.png                                                                                 
                   かった夏、やっと乗り越えたと思えば、もう今年も後半。 

                                   の葉は色づき、美しいと思う間もなくり始め・・・。

                        そして、つぎつぎにやってくる。  自然とは仲良くしたいですネ。


                                          yuga01.jpg

                  別れ来て淋しさに折るかな  尾崎放哉
                                      野菊を見ていると、淋しくなって。

        に深き秋思の観世音   高橋淡路女
                              観世音もおしいのでしょう。

                 IMG_4397.jpg
                                          さみしいワ。 信濃追分の野仏    

                                            広隆寺 弥勒菩薩 
                                               さみしいのを通りこして恍惚。 広隆寺の弥勒さま
                                     3.png
          IMG_3033 (2)

       1ホイッスラー
                                         ホイッスラー  白のシンフォ二―№2
                                      
               ジェームス・マックニール・(1834~1903)は近代絵画が始まろうとする頃、
          
                   独自の作品を遺したアメリカ生まれの画家です。主にイギリスで活躍しました。

 テムズ河畔1860グラスゴー ハンテリアん
                                       ホイッスラー  テムズ河畔  西洋か東洋か。 どちらも秋思。

     彼は当時紹介されて人気を呼んでいた日本の、陶磁器等に通じ、どこか日本的な風景や女性を描きました。

                 描かれた女性たちはみな、寂しくいを帯びた表情、そしてなぜか白い衣装。 

                               白のシンフォニー3 1867バーミンガム バーバー美
                                                             ホイッスラー  白のシンフォニー№3  

                 菊純白にの香を放つ   飯田龍太
                              かなしみとはり高いもの。

                                  kiku1.jpg
                       illust36960 (2)korekorekore  
             024 (2)mottosyou  
           
             IMG_4346 (2)
                  ホイッスラー レイランド夫人

                    なくや夜ごとつめたきがしら   桂信子
                              つめたさをじっときしめているよう。

                                      の上を愁思のの過ぎゆけり  山崎百花
                                             たちも淋しいのか。                     

                            IMG_3018 (4)

                    秋といふもといふもうら淋し  三橋鷹女 
                           鷹女も秋には弱気に。

         image_jpeg.jpg 
                                                    349974169.jpg  3.png  349974169.jpg 
                       
                 と変わってしい秋も!  最近のツイッターから・・・。

                       萬さんのツイート@YRZ-oou
                                          萬さんのツイート  朝のサンキュー。
              
                                   illust36960 (2)korekorekore  024 (2)mottosyou  illust36960 (2)korekorekore
                     
          plan🐻 電車でカバンから飲み物飲もうとして取り出して開けようとしたら焼肉のタレだった…
           Planさんのツイート 電車でカバンから飲み物取り出して開けようとしたら焼肉のタレだった。
                                       指がかわいい。(カロ)

               3.png  illust36960 (2)korekorekore  3.png

                    そた@sotaatos
                                  そた@さんのツイート  どこへ行っても在来線。 某ターミナル駅。                

         rinngosezannnu.jpg
                               セザンヌ 林檎のある静物       

                    とりどりの買ひゆけり弥撒のあと  谷口星眠  
                 美しい果実はのしるし。  このように詠まれると信仰もまた良いものと思います。

                                                   349974169.jpg

                               つくづくと我が見るやの声  正岡子規
                             虫のは病む人の影から生れてきます。   

                                           remon8.jpg
                                                            ルドン
                IMG_0002.jpg
                                        うちのクマも愁思。   

                     なことはといふことに  仁平勝
                                        ! 淋しい? ほんの愁思よ。

                 mikann.png   349974169.jpg   mikann.png

                                     なつ2

                     またのごとくに寄せてきし   高倉和子

                              illust36960 (2)korekorekore
                                         みなさん、 よいを!   カロ
                                                                     024 (2)mottosyou 
                      
 
  歳時記
          saison de karo 

                                      愛情もも喉通る  横須賀洋子

IMG_4291.jpg

                                     stroberry.jpg  ice-cream_25610-300x300 (2)unntotiisai  remon.jpg

                  このもいくつのアイスクリームを食べたやら。

             朝食代わり、 お昼の一口、 おやつ、 夕食後、 風呂上り、 お休み前。 

                           ついでにの中・・・。        

                                   これをice-cream_25610-300x300 (2)burこれ                     
                  
           のアイスクリームが食べたい。 と、の二時に彼女が宣言した。

                                        IMG_4264 (2)

                       は通りに出てをつかまえた。
                                                             norimono_taxi_38058-300x300 (2)syou
                                 
               どこでもいいから・アイスクリームを売っている店に。 と、

                    僕は運転手に言うと、あとは目を閉じてをした。

                                                  「ブルーベリー・アイスクリーム」

                            IMG_4262.jpg

                             夜の街を走るタクシー。 眠たい

         二時。 むらさきの酸っぱいツブツブをほどよく浮かべたアイスクリームはみつかるでしょうか。  

                                  
                  しき氷菓をすこと惜しく  今井千鶴子
                                         見ていれば、にとけてしまう。


                タクシーはらぬ街の見知らぬビルの前にまった。

  本当にここはアイスクリームを売ってるの? と、僕は運転手に訊ねた。  来たんですが、と、運転手は言った。

                        僕は金を払ってタクシーを降り、ビルに入った。  

     ビルの受付には、二十歳ばかりの若い女が座っていた。僕が、・アイスクリームを、と言うと、

                    彼女は、なにもよりによってこんなに、という不快な表情を浮かべた。

                                                 aisukurimujosei.png

                     aisuku.jpg
                                                 バニラならよかったのか・・・。

                        ・・・ここに住所と氏名を書いてに。

         僕はを借りて、紙片に住所と氏名を書きこんだ。 そして、階段を上ってのドアを押した。

                               imagesCSTXSZ7E (2)

                  部屋の真中には大きなテーブルがあって、若い男が座り、書類を持って交互に見比べていた。

            紙片を差し出すと、彼はそこにばたんとゴム印を押した。  
                                                           「ブルーベリー・アイスクリーム」


                            aisu2.jpg
             buruaisukurim (2)

                       少年のめる氷菓のき色   小山陽子
                                  色に日焼けして。

              ・アイスクリームを求めてさまようのはのため?!            


                                 IMG_0445 (4)
               swimming_24962-300x300 (2)syou

                 IMG_4255kore.jpg

       のドアにたどり着くまでに、僕は深い川を渡らねばならなかった。 時折ぽんぽんというい銃声が聞こえた。

                                                                   
      
                   139438m (2)30  139438m (2)suoy  139438m (2)     ice-cream_25610-300x300 (2)buruberuramuresu

                        ドアと8番ドアの間に、古いを利用した野戦病院があった。 

                                        IMG_4284.jpg

               食堂にはドラム缶3つ分の・アイスクリームがあったが、

    ・アイスクリームはなかった。 ブルーベリーならだよ。 コックが教えてくれた。

                                 restaurant_chef_40323-300x300 (2)               

       のドアは砲撃で完全に破壊され、あとにはドアのだけが残っていた。

               枠にはメモ用紙がピンで貼り付けられていた。  御用の方はに、
          
                         が最後のドアだった。

                            IMG_4260.jpg

            中では立派な身なりをした男がふたり、大アリクイと徒競走をしているところだった。

                     sisssi.jpg  istoku.jpg  sisssi.jpg
                     これをice-cream_25610-300x300 (2)burこれ               これをice-cream_25610-300x300 (2)burこれ              これをice-cream_25610-300x300 (2)burこれ
                                
                彼等はみんな・アイスクリームを狙って、ここへやってきたのだ。 

                 僕は感情的な人間ではない。  冷凍金庫を開けて・アイスクリームを手にした。

        はどのくらいお入れしましょう。  売場の女の子が訊ねた。

                       3。 僕はクールに答えた。
                                                             
                                      ノルデ春 (2)     

         ・アイスクリームを手に家に帰りついたのは、明方のだった。

                      彼女はもうぐっすりとっていた。 

                                               「ブルーベリー・アイスクリーム」

                                  02610cb89ebcf22b1adc085ed9ab3c4a (4)
                                                                  起きたら食べるワ

             ポ12 (2)

                                aisukurimu4.jpg                                 
 
              氷菓互ひに中年の恋  秋元不死男
                             ふたりの前にあるのは、の皿に溶けてゆくアイスクリーム。
                                     
                                               aisukurimu3 (2)        


                             少女らへの氷菓くる  平松美知子 
                        最近こういう句を読むと、が大事だなって、思います、ネ。   
               
                   newyear_c93 (2)untotiisai
               newyear_c93 (2)untotiisai       newyear_c93 (2)untotiisai
                 pafe unntotiisai
                                                    
                         のアイスクリイムや蘇る   正岡子規
                                       暑い日、買ってきてくれたのは妹さんか。 お母さんか。

                        sikihetima.jpg
                                     子規の描くあのへちま


                                    へ、感謝をこめて。
                                                                ice-cream_25610-300x300 (2)unntotiisai
 
       歳時記
              saison de karo 4

                                       物やふと人のふまで夏痩せぬ  夏目漱石
                 
      kyuuri.jpg 
                                           
                                      sw01-02v.jpg
                ついにやってきた。 
                         
           い日。 食欲がないといいつつ、夏痩せしては体にわるい、と食べ始めます。
  
                        食べ始めると、美味しいものはやっぱり美味しい。

                      いものも、塩味の効いたものも、酸っぱいものも、

                           サッパリしたものも、コッテリしたものも、美味しい。

                 大勢で食べても美味しい。 で食べても、これまた美味しい。

                                     ピカソ1
                                                ピカソ青年時代の名作。 「大食いの子」

                ☆彡2小

         かった梅雨。 商店街に飾られた七夕竹も、雨にぬれていることが多かったです。  今年のから。 
                                                    
                        IMG_4138.jpg
                                              七夕短冊その1 飼えるといいね!  (=^・^=)             
         20140326154405082 (3)kore小

                       玻璃盤にのしたゝるかな   漱石
                                         胃弱だった漱石。 でもとってもくいしんぼ!

               漱石の好物は甘いもの。 ことにジャムには目がなかったとか・・・。
                                                                tegaki09imgtK3-768x545kore.jpg
                      jamu2.jpg
                                                バターとベリーのダブル

                 茶の間から細君が出てきてと主人の鼻の先へ坐る。

           ちょっと と呼ぶ。  なんだ。  今月はちっと足りませんが。 足りんはずはない。 

             医者へも薬礼は済ましたし、 本屋へも先月払ったじゃないか。 今月は余らなければならん。

          それでもあなたがご飯を召し上がらんでパンをお食べになったり、をお舐めになるものですから。

           元来ジャムを幾缶舐めたのかい。 今月はつ入りましたよ。

                                                jam1.jpg

               八つ?  そんなに舐めたえはない。

                   あなたばかりじゃありません。 子どもも舐めます。

                     舐めたって五、六円くらいなものだ。

                                                   夏目漱石  『吾輩は猫である』  

       nekokumo.jpg
                                     暑・・・。 わたくしにもジャムを。 ねこ      

                kumo1.jpg

                            にわれはなりたや雲の峰   清水径子
                           どんなに美味しいことでしょう、と思いつつ、チョットくなる。


                                     banana2.jpg banana2.jpg banana2.jpg

                                05-top-400x230.png

                            野原行く少女はみんなバナナ持つ  衛藤夏子
                                  にみんなのお腹のなかへ。
         kyanndel (3)

              夏山のこぶあめむすび 大谷のり子
                                  あめ、昆布、おむすび。みんなう塩味。

                                 しくてしょっぱい飴とバナナ買う  横須賀洋子 
                         飴とバナナ。なんだか本当に淋しい味。 
                                                          kyanndel (2)

                           IMG_4129.jpg
                                            七夕短冊その2 きっとなれるよ。 おばさん買いにいくからね。
    ケーキ   
 
                        kumi2.jpg

                               9b4a7ac608f081ca0e1638a9a5a88a32_s-e1547799881188.jpg
          coffe.jpg
                                           
                   雲の峰餌のごとし   岡本眸
                           お昼は食べたいところ。

      ビール3 sozai free3 kohacu_com_001157_20180504-300x300.png

                          駅弁のねむたし雲の峰   彌榮浩樹
                                   昼はでした・・。

                              2015414225238.jpg    
                                                            ☆彡2 (2)

                      IMG_4140.jpg
                                                 七夕竹短冊その3  実はおばさんもほしい!                                                     

                 4086-300x300.jpg   118245m.jpg

             胡瓜より茄子写生かな   正岡子規
                            もおいしいけれど。

                        20120327220651985.jpg


              よく揉んでまぶたの如きもみ  中西ひろ美
                        たしかにあの胡瓜のかたさはのかたさ! どんなでしょう。

                        IMG_4146.jpg
                                                               横浜きゅうり アップ
 
                                                       IMG_2584.jpg

                         ところてんのかれてゐる清水かな   夏目漱石
                     らかな水に打たれるところてんになれば涼しいだろーな。 とりあえずご飯も食べて。 
                                      19501-300x300.jpg
               135407m.jpg

                  IMG_4132.jpg
                                           七夕短冊その4 すばらしい願いごと。 さすが36歳、男性。                 
            20140326154405082 (3)kore小                    
                                     
                  しのぶれどにいでにけりわがは物や思ふと人の問ふまで  平兼盛
                                       恋煩いと夏痩せできた感じ。

                             物やふと人のふまで夏痩せぬ  夏目漱石
                                     ごを!

                                            nekodearu.jpg

                         お見舞い申し上げます。 よい夏を!  カロ

                                                     7106-300x300.jpg