FC2ブログ
 
   歳時記
            saison de karo 

 
                     体操の顔に近づいて  小林かんな  

      IMG_3779.jpg  
 
                                  タンポポ kudiramo jugem

       創刊号。  

    岡田   小林か   仲田  中田

                 の女性が、それぞれ50句を持ち寄った簡素な冊子です。

                                きな句、たくさんありました。

                      61aXYEJo_zL (2)syou

         人形11

        コンパートメント梅の香の   岡田  
               岡田さんの句はか。 でも芯はしっかりと強い。 

                      IMG_1976 (2)ちいさい

        IMG_2745 (4)

                 とも長き黒髪遅桜   由季
                           さまざまなを思わせる桜。  

                      諏訪さん14

            たくさんのに囲まれひらく  由季
                        野薔薇か、花束か。 の中に命が生まれてくる。

                   浜田澄子 (2)

        光の漏るるクロッカス  由季

              球根を植うる端よりれたり
                小さなをだしてくれた時に思い出す。

              mousai2.jpg                                          

     IMG_3412 (2)

        teddybearsdiary (2)
 
            人形のが閉じず桃の花  仲田
            仲田さんは造形的なお仕事の人。 句の中にが通っているような気持ちよさ。

               momo12345.jpg 

  tassymura.jpg

          鳥雲にも同じを履く  陽子
                 明日。日常がになる。

                   panpussyou.png 

               ひとおいて灯りぬ春隣  陽子

         5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618bやや小  5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小

        春灯しし大きな左  陽子
           いやー っぽい。

                      シャボン玉syou
                                             
       しゃぼん玉れてしまう高さまで  陽子
      れるという言葉も詩なのですね・・。

  IMG_3696.jpg

         11164-300x300小小
              
     筍の皮の待ちぼうけ  中田
        中田さんはボキャブラリーかな詠み手。 色彩感に惹かれます。

              IMG_2326.jpg
                       筍ご飯でも食べて待ったら・・・。

      fairy-tales-paul-klee.jpg
                    クレー

        の真青な牡丹雪  美子
          アラビア 石 牡丹雪 言葉と言葉のな出会い。

             th_d8399901d709490dbf8a92fe7c7970ba_0006900001.jpg
                            ピカソ

      のひとりは機械シャボン玉  美子
         シャボン玉は、師でもあり、機械でもあり。

                circus_pierrot_32332-300x300.jpg 
                                   
           いの法務局  美子
                  !  お役所は水の匂いでしたか。

         201409220000266e5 (2)kore
        モロー 一角獣と貴婦人   
                           
            月満ちてに長き骨
             伝説によれば、一角獣を捕えるためには、罠も弓矢も要らず、
         ただ森の中にがひとり坐って待てば、
              一角獣はおとなしく傍にうずくまってしまうとか・・・・。

                    5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小

        雪

      と雪降る箱を届けに来    小林か 
                       小林さんの句は深い。                  

 eve_apple.jpg
                   クラナハ  イヴ

   絵のなかの女が見せるかな   かんな
         やっぱりか。

        Wisteria_01.jpg

      売家のは藤の盛りなる  かんな
            人が変わってもは変わらなければいいな。

         5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小  momo1_convert_20170722214315.jpg  5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小

      地下へ行く階段まる  かんな  
                水蜜桃がの中でひろがると、いろんなことがおこりますね。 
 
   00038-300x225kore (4)  00038-300x225kore (3)  00038-300x225kore (2)
          
                     体操の顔に近づいて  小林かんな  
                      
               IMG_3767.jpg

                も待ってます!    カロ

           61aXYEJo_zLsyou.jpg  5bfdd8fa-1520-452c-bfbe-b845299b618b小                                                                
スポンサーサイト



 
    歳時記 
            saison de karo

                         でお越しください  遠山陽子

     IMG_3700.jpg
         

      この名前は、

                   「生家の父が

          の当りたるかな  虚子

               にちなんでつけてくれた名前・・・。」

                                遠山陽子  『遠音』 あとがき

         tooyama1 (2)

                kuroba1.jpg

      ともに俳句の申し子、遠山さん。  個人誌『』は、本年41号を迎えました。  新作を。

                    眼鏡かけ百歳のが見ゆ
                 眼鏡は魔法の眼鏡!でした。  

            IMG_3746.jpg

         礼服やうまく泣けずに見る 
                    どうしようもなくけてしまう時もありますけれど。

                    sazanka2457 (2)
       バターhaskap 
 
    皆既月食根を絡めあふ
           これは女ののことか・・。

                      IMG_0357 (2)

         さまよひてをりの貌の中
        遠山さんが見せてくれる薔薇と言葉の

                     kuroba1 (2)

        礼服と山茶花、皆既月食と寒牡丹、〈さまよひて〉と白薔薇。 

             音楽的な必然を感じさせるなしらべ。
                  
       IMG_3704 (2)
                            
      の弦のように慄え、韻く心を持ち続けたいとの思いがあった。

                                遠山陽子 『弦響』 あとがき

              wakaba1.png    

    『』『』など、遠山さんの句集には音楽的なタイトルが多いのですね。 

  句が持つ〈〉を聞き逃さぬようにしたいです。 遠山さんはに師事。三橋研究でも知られます。
     
       今号には、わたしの大好きな三橋句の鑑賞が掲載されていました。

       をあげては来りけり   敏雄

       〈この世の友〉と意識的に言うことは、〈かの世の友〉を当然っているということである。

    「、しばらく」と手を挙げて近づいてくる友。  その時敏雄は、

          既に彼の世に居るはずの友が親しげに近づいてくる幻影を、

  現実の彼にねて見ているのである。       

                                  陽子

   ! 深い。  カロ
 

            IMG_1979.jpg

           に文豪妾宅の花   陽子 『弦』
                    むめは

     newyear_c93 (2)

      浮世はぼんのう地獄で苦しい辛いことのみ多く、

                 にんげんの知恵にては計らいにくく、

       知らず知らずを重ねるものゆえ・・・。

          円地文子  『


    onnna2.jpg
                 鏑木清方  「築地明石町」

       の句は、円地文子の名作『』をベースに詠まれたもの。

     『女坂』のヒロインは、明治初期、警察官僚を夫に持つ賢婦人。 

     句に詠まれたような不幸にもえ、名士の妻としての人生のを登り続けます。

     晩年を迎えたヒロインの心をよぎるのは・・・。

             tooyama2 (2)


     わたしのきたすべては空しい甲斐のないものだったのだろうか。

       い中を手探ってゆくようにおぼつかない。そうして、探ってゆく手に触れるのは、

        色のない冷たいものばかり。 いつ果てるともないが続いている。

    、そのてには

               必ずトンネルを抜けたあとのような明るい世界が待っている。

      絶望してはいけない。 らなければ、登り続けなければ、

       して坂の上へは出られないのだ。

                                                 『女坂』
 
     111111.jpg

            
        豊かなお生れのさんにも、葛藤や曲折の月日がありました。

       遠山さんの句は、辛苦や不運をするどく客観する姿勢からまれてきます。

           そのうえで、いとけないもの、非力な存在にはやさしい目が。

        54928665_163x291 (2)

       子鯨がまずを吹くは来ぬ   陽子 『弦』
              「」が楽しく軽やか。   
                                                                            
     河馬の仔が生れめるの星
           を滲ませるのは、赤ちゃんを得たお母さんの

                     233-free-character (2)syou

              wakaba1.png

        DSCF0379-thumbnail2.jpg

     既刊句集からも、の句の数々を。

                        さして見てをれば来たりけり
              やわらかで、どこかしい春です。

        下村観山 春雨 (2)
                  下村観山 春雨

     の中に溶け頃のの海
          たぶん飴?とつい自分の好みが。

         逋ス鬲夲シ狙convert_20151222032813

   はあけぼの縮緬じやこを
             もごはんにひとつまみ。

          tooyama5 (2)
                 ちりめんじゃこのお酢の物

  148.jpg
                
            151-thumb-140x140-214小さい (3)
             151-thumb-140x140-214小さい (3)

  咲く駅ももなくなつて   
         さくらだけはっています。     
  
         151-thumb-140x140-214小さい (3)

            151-thumb-140x140-214小さい (3)
      nc41768 (3)
                    151-thumb-140x140-214小さい (2)

  1toriaeru.jpg

       鳥帰るはとつくにててをり
          なにもかもててゆく。

     慄へより受信中 
             、お久しぶり。元気?  

         13775-300x300 (2)kore
             IMG_3701 (2)
   kuroba1.jpg 
 
 でお越しください   遠山陽子

    この世も黄泉も、たけなわ。   カロ

                     151-thumb-140x140-214小さい (3)
                
 
        歳時記  
              saison de karo                           

                       摘むは来世も摘む  後閑達雄

         6e2 (2)

                    vegetable_yomogi小  ra-menn.png  vegetable_yomogi小 (2)
                                      
    俳句は鬱病がひどい時にからすすめられ始めました。

  最初はも外に出られぬ私に母が「ラーメンでも食べにいかない?」と言うのででかけました。

    途中や帰りにを見たり、を探したりするようになりました。
                                         後閑達雄

                     IMG_1976 (2)

        ・・・母が自分の句を二句読み上げ、「がいい?」と尋ねてきました。

   「よくわからない」と言うと、「聴いた感じでのいい方を選んで」と母の俳句教室が始まりました。

          えやのスーツの仕付け糸という句を作ったら、母がすごくほめてくれました。

        こうして私の俳句人生はまりました。

    数年後、はアルツハイマーを発症。

               今まで母に連れられていた私が介護をすることになり、

        母を連れてくことになりました。

        現在は要介護5です。 

                    ベットと車椅子の生活です。 しゃべれません。
                               
                                            後閑達雄

       IMG_3632 (2)syou
            鏑木清方 「早春」

            E3818BE3819FE381B0E381BFE38080E7B791E89189-thumbnail2.jpg                                   
           vegetable_yomogi.png

      俳人さんは、ひとりぐらし。

 ご自身も闘病を続けながら、今は介護施設におられるお母様を見舞うが続いています。   
                     
       でも、後閑さんの句にはいつもどこかにるさが灯っています。

            読むと、こちらまでるさをいただけるような言葉です。 

       句集『』、『』から、

                          やさしく響く句をご紹介します!    カロ

             fajnyogro.jpg                                             
              fainyogro
                
      ラ母にピントを合はせけり
          どんなが撮れたかな?

     寝してご飯の炊けるひかな
          お母様が朝食を作ってくださっていた頃の句でしょうか。
                            のひとときネ。

           vegetable_yomogi小 (3)  yomogi2.jpg  vegetable_yomogi小 (4)
                                        
                         
      春立ちぬの肌着をみつつ
                 息子さん。

    親知らず抜かずにすんで土手
          かった!

       2014041117510037asyou.jpg

      yun_2504.jpg

      の花や自由時間の
        ぼんやりと菜のを見ていましょう!


      ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ 聖母子1 (2)
                     サルヴィ 聖母子   

               6e212 (2)syou                             

  吾よりも母の手あたたかし
            母の手があたたかいのは、たちのをあたためてあげるため。

              もなくて居る花はこべ
                      ちょっと

                    シロツメクサswebryinfo (2)

                   母と手のひら合はせけり
             お母様も感じられたことでしょう。

                  諏訪さん10

      摘むは来世も摘む  達雄
        これはの母へ詠われた言葉。

               vegetable_yomogi小 (4)    諏訪さん3   vegetable_yomogi小 (2)       
                                              
           蓬は日本に昔からある草。 のように華やかではありませんが、

         春の大切なであった時代も。

       源氏物語にも〈〉の巻があります。  

    あるスキャンダル(女性がらみ)に巻き込まれた若き源氏はしばらく都を離れ、須磨に蟄居。 

      を許された時、彼は、困難を乗り越えて大人に成長していました。

 都の愛人たちとも久しぶりのを果たします。 

   20170901210924831.jpg
                               源氏物語 十五帖 蓬生 復元図   

    地味でおとなしい姫君、のことはすっかり忘れていましたが、

     ふと通りかかった深いお邸・・・。   

    ここはあの末摘花の君のお住まい、なんとれ果てていることか。

 ねてもわれこそ訪はめもなく
          深きのもとの心を 


 路も見えない深い蓬のなか、あなたの変わらぬおをさがして、訪ねてまいりました。

               ・・・とか言って、源氏は邸内に入ります。

                     Genji_emaki_TAKEKAWA_Large (2)

     末摘花は外の恋人も持たず、ただの訪れを待っていたのでした。 

                    感激の再会、となるべきところ、

        姫君はずかしがってばかり・・・。

    蓬のように素朴な味わいの源氏物語十五帖〈〉の巻。

                vegetable_yomogi (2)
                       
      。 目立たないけれど、春をさきがけて土手や野をいろどるやさしい草。 

          yomogi4.jpg
                                                             

               IMG_2077 (2)                  
                         
   おらがやそこらのになる 小林一茶
          なんとおおらか。 の草で餅づくり。
                        ミニマムな生活いいな~。 

         なつ2

    草ひとりは遠くに沿ひ 田中王城
          遠くにいるのは、やはりおさん?

         20140531152541b89 (2)

        低くしての喜ぶ  斎藤玄
            な可愛い方なのですね。

                     
     vegetable_yomogi小 (2)    kusakago1.png   vegetable_yomogi小 (3)


     籠のしをれて出でにけり  高浜虚子
      しおれた蓬はりを増して。

                 yomogi3.jpg                              

      摘むは来世も摘む  後閑達雄

     が来た!!  カロ

      kyoukai1.jpg vegetable_yomogi小 (4) kyoukai1.jpg
                                              
 
   歳時記
           saison de karo 1

               毛皮脱ぎ置きて吾を見る   波多野爽波

          IMG_3513.jpg

      annnakarenina1.jpg

        は車掌の後から車両へ入って行ったが、車室の入り口で、

    中から出てきた一人のに道をゆずるため、立ち止まった。

          彼は会釈してから車室へ入ろうとしたが、

              何とかもう一度、この貴婦人を振り返って見たいという思いにかられた。

       彼が振り返った時、彼女もまた顔をへ向けた。

              いまつげのために黒ずんで見える、そのきらきらしたのまなざしは、

       じっと彼の顔を見つめたが、すぐまた、誰かを探しているように、通り過ぎて行く群衆の方へ転じた。
                  
                       トルストイ 『アンナ・カレーニナ』 

          IMG_3492 (2) 

            20171011064904.jpg 
        何度も映画化された『アンナ・カレーニナ』 こちらはヴィヴィアン・リー

           革命前夜のロシア文芸を牽引した
     
    のベストセラー『アンナ・カレーニナ』の序章、アンナとヴロンスキーが出会う場面です。

        時の大臣の妻であるアンナは、偶然出会った軍人ヴロンスキーと運命的な恋にちます。

       、離婚に同意しない夫、息子への愛着、新たに生まれてきた娘の先行き。

                      困難と不幸がにアンナを襲って・・・。

         russiaussrsouvenirs1.jpg

                  著て人には見えぬ   堀恭子
               毛皮をまとうのは、が欲しいから。
            そして、何かをしたいから・・・?

            IMG_3539.jpg 
                                         
   russia_3.jpg 
                                                                                                 
               の恋愛がクローズアップされてはいますが、

                   多彩な登場人物が、それぞれひたむきに生きる姿を描いて、 

       『カレ』は、大きな反響を呼びました。      

     IMG_3519 (2)
                 クラムスコイ 月あかりの夜 もの思いにふける女性

         イワン・もまた同時期の美術界をリードした画家のひとり。

           絵画とはの人々の心を表現するべきものであるという画家の信念は、

                精緻に描かれた人物のに現われています。 

           揺れ動く、社会に、身分に、思想に、そして恋に翻弄される帝政末期の人々。


           1883a.jpg
                      クラムスコイ 忘れえぬ人

          なかでも、よく知られているのが 「ロシアのモナリザ」と称されるこの絵「」。

     『アンナ・カレーニナ』初版の10年ほど後、小説にい影響を受けて描かれました。

  模様のペテルスブルグの街を行く馬車に端然と座る貴婦人。 憂いを秘めつつも強い光を帯びた

         彼女は、絵の前に立つあらゆる人をかに見下ろしています。

   日本でも人気の高いこの作品はモスクワからたびたび来日。 

       この、10年ぶりに公開されました。

 IMG_3491.jpg
         ロマンチック・ロシア展。  また会えました。

       IMG_3472.jpg
                  会場は渋谷 Bunkamura     
          
     45チスチャーコフ
          チスチャーコフ 少女 琥珀のネックレスが透きとおっていました。

         『忘れえぬ人』と共にやってきたの作品です。

                 russia_4.jpg
         ヴェレシャーギン アラタウ山にて  ロシアの人々が待ちわびる春

         1バクシェーエフ
                 印象派を思わせる風景 バクシェーエフ 樹氷

             恋人もも抱いてさぶりぬ  対馬康子
            ヴロンスキーもさぶられ。

    AFP_EastNews_Karenina2_208.jpg
         アンナとヴロンスキー  
                   なんと彼はアンナのために自殺未遂までしちゃうのです


         IMG_3502 (2)
                              Bunkamuraの花屋さん

        IMG_3504 (2)     
             
       IMG_3496 (2)
                      フロアの壁には何人もの『忘れえぬ人』が。

   oth_det_blog_image3_43.jpg
   1930年代の「アンナ・カレーニナ」、アンナ役はグレタ・ガルボ 意志が強そう

             
              あたくしは、いなくなるんですわ。でも、あたくし、とってもうれしいんです。

      いなくなったら、あなたもあたしくもわれるのですもの。

                                   『アンナ・カレーニナ』

                        annnakarenina2.jpg


    海外に居を移していたアンナとヴロンスキーはロシアにってきますが、

       血縁も社交界も彼等を受け入れてはくれません。 

ふたりの間にもが吹きます。

                ヴロンスキーと出会った時と同じの駅、彼女は走ってくる機関車に身を・・・。

              monet-O-35.jpg
        モネ 機関車風景 今回の出品作ではありませんが、ピッタリなので。 カロ


    、あたしはへいったらいいんだろう。

   アンナはプラットフォームを先へ先へと進みながら考えた。 そのはずれまで来て、アンナは立ち止まった。

        不意に、彼女はヴロンスキーと出会った日のことを思い出した。

                                          『アンナ・カレーニナ』

        青い雪

         終着駅のに顔切らる  遠山陽子
              月の光はいほど。

                        汽車の音のく聞ゆる   正岡子規
            ここに置くと、子規の句もロシアので詠まれたよう。


     雪4 (2)

                    アンナの悲劇的な人生はここでわりますが、

              登場人物たちは、それぞれ国や家族のためにきる道を模索しました。

     小説は、アンナもそのであったことを強く示唆して幕をおろします。

                   Annenkova_by_Makarov.jpg
                  マカロフ 婦人像

                   汽車と女ゆきてはじまりぬ   西東三鬼 
                 劇的な一句。 三鬼はをどう思っていたでしょう。
                              きっとお気に入りだったのでは?
                       
                 32165458931_bb85f8f493_b.jpg

 IMG_3542.jpg
       
  かなしきはギヤマンのの毛皮の   三橋鷹女
                鷹女が詠えば、毛皮もしみも絢爛。

        毛皮脱ぎ置きて吾を見る   波多野爽波
                                     
                   わたしもまっすぐにを見たい。  カロ

                    IMG_3520 (2)
          
 
       歳時記 
              saison de karo

                          ひとつずつを透かして  紀本直美 

         IMG_3384 (2)
                                                  
       。 年もいろんなことがありましたね。  

    いただいた本、美術の情報、展覧会、音楽会のご案内に

     にも印象的な作品が多かったです。 そのうちの何冊かをご紹介します。 

      今年あたらしいを刻まれた方たちの言葉をどうぞ・・・。     カロ

       yokohama.jpg
                     横浜のばら 

      IMG_3361.jpg
          『

          田中さんの言葉にはと才気を感じました。 一緒に街を歩いているような楽しさも。

   し七つの大罪犯し   田中葉月
 カトリックの教義によれば、つの大罪とは、虚栄、嫉妬、怠惰、憤怒、強欲、貪食、淫蕩。
                                わたしもほとんど。
                                          
              naganegi.jpg

      IMG_2970 (2)
             今年いちばん上から目線だった横浜のねこ。
 
        冬の猫になりすます  葉月
             猫はにでもなれますね。  なれないものは犬だけ?か。ワン。

                     IMG_2535 (3)
               いちばんスタイリッシュだったこちらも横浜の犬。
                       
              etsy.jpg

       風のままに転がるマフラー  葉月
                赤いマフラーはとして、奔放に生きる少女を彩っているよう。

        年とってもしかったツイートも。 その  

        2018DRSevz2UEAA-7dw島田貞夫さんのツイッター2
              島田貞夫さんのツイート  必ず助かる救急車。・・・ナンバーに注目。   


    IMG_3362 (2)     
         『投ぐ日

                      花束ちあき

       齋藤さんのお父様はい南太平洋で戦死。 お父様につながる句は胸にせまります。

                          ひれ酒の炎にと父の顔   齋藤保志
              おいしいお酒を飲まれるたびに、お様がそばに・・・。 なみだ。 
                            そしても。

             hana.jpg

                  再生の億の冬銀河   保志  
        小なものと大なもの。  どちらも大事です。
                            
   焼芋屋の声で呼び  保志
           焼芋は手にあたたかく、舌にねっとり、そしてにつかえ・・・やっぱり女性だワ。 
  
    IMG_1721.jpg 

          ホスピスの小窓開きおりの花  保志
              良いいでずっと咲いていてほしい。
              
              IMG_1942 (2)

                      IMG_3392.jpg

        今年のツイートその          
         2018ヤギの人(ゐうさい)さんのツイッター11月24日 2
     ヤギの人さんのツイート  新しい元号「内定」かと思った!? 
                 内定元年。 。 

                          yoruari.jpg
                   』   
          
                 赤野さんはを負う俳人。  句は謙虚ですがスケールが大きい。

                                                   careertrek.jpg

                       葱つるし怒りを分かちあう    赤野四羽 
      い思想を詠った句として読みました。

                tamanegi.jpg

                                   yakeiこれ
                        
           くコート羽織るも手荒  四羽
     小説のような語感。 コケットな女性。 赤いコートのやかさに夜も赤く染まります。 

                vintagebarbie (2)kore
                    vintage barbies

             gorillaclinic.jpg

              冬のひと多ければひとりになる  四羽
          孤独はのなかにある。 ある哲学者のことば。 

                    fussabigmamakore.jpg
                       fussabigman

           x354-q80.jpg

        からひとをみているよ   四羽
      くから、おおかみに見られていることをわすれないように。 

                 ookami.png    
  
      ツイートその                           
    クロイツネヨシさんのツイート @yoshitsuneK
          クロイツネヨシさんのツイート 凄いチャンス。                    
 
   IMG_3359.jpg
          『の地下鉄』   

   白戸さんはにも作れない句をつくる人です。  感覚は研ぎ澄まされていますね。    
                        
            7688-300x300.jpg               
         
  兜虫にとまってる   白戸麻奈
          ダリは強そうで弱いひとでした。 い兜を持つ虫もまた。

         lonerwolfcom.jpg
                    ダリ 若いころはイケメン     
             
    ガラの測地学的肖像》2
     横浜美術館のダリ ミューズガラのうしろ姿

                 仮面をつけて会話する  麻奈
                       みんなをつけて咲いている。

         46398212_1978700592205482_976849973142355968_n.jpg

                金雀枝やゴッホはよりもが好き  麻奈
             そうですね。 色をして、愛しすぎたのでしょうか。

    Vincent_van_Gogh_Starry_Night.jpg
                             ゴッホ 糸杉と星
                                                                   
     IMG_3342.jpg

         IMG_3358 (3)

                  『八月の

           素直でな紀本さんの句。  周囲への視線があたたかい。

              topitanenet.jpg

       すきなのは雪のとけるまで    紀本直美
             えてしまうから、なおさらすきなのネ。

              お歳暮を自分に贈るの姉  直美
              ウチのも! 

          oseibo (2)    
                          
 体重をなく申告して  直美
              夜食はなべ焼きうどんとか、炭水化物系が魅力。

            3021-300x300.jpg

           ひとつずつを透かして  直美
          きるとは、いちまいいちまいネガを陽に透かすこと。 

               100パーセント6 (2) 100パーセント6 (5)
                        
           IMG_3368.jpg                   

       100パーセント6 (4)
                                                  
 年のツイートその
                                         
  2018PPS0KwjYuNさんのツイート
       KwjYuNさんのツイート の積み重ね。  
              そのとおりです! 年末に気付いたザンネンなわたし。
                                       

    今年も訪れてくださって。 みなさん良いお年をお迎えくださいネ。  

              をこめて。   カロ  

         images (2)