の一冊
               livre de karo


                                    一の妻やってます心太  らふ亜沙弥 
         
                らふところてん

                                                  100パーセント6 (3)

                           ラベンダーらふ             
                                               photo Tatyana Dyakova


                  さんは夫人。 衣装も持ち物も車もずくめ、 唇も爪もだ。

                     しかもこの夫人、フットワークがとても軽い。

                       ランチの時間に京都に現れ、夕方にはもう横浜を歩いている。


                                             らふ亜沙弥著 『世界一の妻』 帯文より  

                                  
                               冬すみれ4
                

        どうしていつもの服なのですか? と聞かれるとの服しか持ってないんですとえることにしている。

                                                             『世界一の妻』

                     カンディンスキー 響き合い 1924 ポンピドー (2)
                               カンディンスキー 響き
                                らふプロフィル_LI
                
                          としたお顔立ちと姿勢の良さ、そして卓抜の言葉。

                       さんは、いつもその場のです。 

                  最近お会いした時も、もちろん深いのシルクのプレタポルテ。 

                 ファッションの発端は、洋裁のプロでいらした叔母さまとの生活から、だそうです。

                         句集『』の句々もまた、センスとウィットに満ちています。


                             らふ表紙これこれこれ

                          らふフォンてーん夫人 (3)


                    にも間違えました夏の恋    
                                多少間違えないと、恋はまりませんネ。  
              
                                 二の腕のらかすぎる夏の
                                                    恋はとびきりの

                    20160721202644e3b (2)                                           

                                らふはなび


                    ずれて聞こえる片想い
                          、ずれているって、とてもステキなこと。


                                 122920155_o1.jpg
                                                 ひまわりやにはのマヨネーズ
                                       マヨネーズにもがあった!

                                                   2010072916414250a (2)

                          らふerisho
                                              erisho                     

                                 さんの句に理屈はいりません。 美しいその姿のように、

                           彼女の言葉は、よく、小気味よく、いさぎよい。 

                 今回コラボされたもとびきりの面白さ! その一端をどうぞ!  


                                       らふ花


                   の電車に混んでるなと思いながら乗り込んだ。

      次に、五歳位のが母親に手を引かれながら乗ってきた。

                      私はドアの横に凭れ、彼女はドア前の真ん中に立つ。

         駅ごとにんでくるので、私の確保していた場所を彼女に譲ると、私をじっと見上げてくるのでみを返した。

        ・・・・私はねなの、秘密よ と、私が長く伸びた色の爪を彼女に見せると、信じたのか暫く黙っていた。


                                      ブラームス10 (4)
           

        ・・・・の駅で降りるらしく、母親が又礼を言った。

               ドアが開く寸前、何か思い切ったように、 きったほうがいいよ と彼女。

         切れないのよ。 がかけられなくなってしまうから と答えると、

                母親は何度も済みませんとりながら彼女の手を引っ張り降りていった。

                     彼女は見えなくなるまでを振ってくれた。

                                              らふ亜沙弥 「」  『世界一の妻』


           imagesTJJOHSAK.jpg

                                     野の一方的に生きている
                               魔女的生き方のことかな? お会いした時教えてネ。


                              らふiwakiland
                                                        iwakiland

                               青山椒つまんでみたらがない
                                噛みしめれば、は・・。   

              時々は女になってが咲く
                        らふさんの百合は色と班がゴージャス。

                                              らふゆり

                は昼寝してます恋もせず
                                       寝姿。      

                     らふワイエス
                                                        ワイエス 夢
                           
         hanaya87.jpg 
                                       hanaya87

                                      
                    の頭重くして倒れ
                                鶏頭のことでしょうか。それともかのこと?

                                       帰りたくなったら帰ります
                                          帰りたくなければ、ここにいます。

                                     hobbytimes.jpg
                                                                   hobbytimes

                           100パーセント6 (2)

                                     6f3f2a94e98ca70361b980f66598a3bc (2)

                          どうしてもたべたいをむく
                             山頭火が思われますね。 お味はきっと

        らふアレキサンドリア
                              
                         マスカット・オブ・が本妻
                                        人は巨峰か。

             菊に埋もれています
                              菊の香は馥郁とさんの言葉から...。

                              らふswebry


               、そして者として、それぞれを大切に生きるさん。

                    葛藤も心配も、濃淡のの中に仕舞われて・・・。


                                      らふところ

                                           やってます心太  らふ亜沙弥
                       世界一と言葉にできるのは、に世界一だから!

                                           らふフォンてーん夫人 (3)
              
                        らふ表紙

                                            rahuパープル


                   
スポンサーサイト
 
        の一冊
               livre de karo
                 
                               かたつむりまれしのちはの如し   阿部青鞋


                かたつむり2


                路上に落ちたが踏みつぶされる。

                   可愛そうな光景ですが、俳人は、それをのようだ、と語ります。

                     ? どうして、と聞き返したくなるような言葉の発想。 
                                                               かたつむり小小

                              IMG_0383 (2)

                   にも・・・
                            緑陰はそのまゝに似て    青鞋 
                                    われてみれば納得?してしまう!

  
                               e804cca43de806299d3b3a7c8e5993d2.jpg


                                          img_1441.jpg

              
                       八月はを買ふにふさはしき
                           真っな飾り気のないお皿ですね、きっと。

                                月光のなき匂ひかな 
                                           月光は人間を陶酔させ、にさせます。

                     6f3f2a94e98ca70361b980f66598a3bc.jpg

                                           陌ケ・狙convert_20170104013833


                            の虹にあらずとすぐ思い
                                      ひとりじめにせず、誰かにえるものでしょうか。

                      めて読めば、みんなビックリ!の奔放さ。

                           詠者ってどんなひとなのでしょう。


                                        iris02-1024s.jpg

                      あやめ足に結ばんの緒  松尾芭蕉

                青鞋のは芭蕉句からきているのかも・・・?


              seiai.jpg


            長い間、カロのであった俳人(1914~89)を顕彰する冊子が刊行されました。
         
                   俳人が長く住んだ岡山県の句誌「」「」のメンバーが中心となって、

                           彼の作品と人生をったもの。

                                題名もズバリ『』です。

                                                IMG_0469_convert_20170624225217.jpg
               

                   ゆかりの俳人との交流(伊東敬郎、沼本養丱、下条泱布、中川專子執筆)、

           との親交(遠山陽子執筆)など、興味のきない内容となっています。


                      カタツムリ5
                                      阿部青鞋 やさしそうですね。背景は瀬戸内海か。 『青鞋』より 

                                                     
                        大正の初め東京に生まれた青鞋は、をめざしますが挫折、

                語学の勉強を重ね、戦争後、疎開していた岡山県町に奉職、教育部門に携わります。

                          後年、来町した宣教師に影響をうけ、となりました。


                                    岡鹿之助捧げもの
                                                   岡鹿之助 『捧げもの』
 
                              キリストよ三色咲きにけり   青鞋

    
           青春期の失意、戦争や宗教、な体験が彼の特異な言葉を作ったのでしょうか。

                  青鞋を愛しこの冊子を編んだの俳人たちによるをたどって、

               深く青鞋句に分け入ってみましょう!
                                              georgia-okeeffe-petunias-in-oval,-no_2
                                                               オキーフ

             をかきおそろしくなりぬ  青鞋
                       いま書いた半円は「」である。この頼りなげな線に囲まれた空間。
                 これが私の半生なのだ。すると、この向こうに「」があるはずだ。   永禮能孚

                        20110904_2028089masonsnewsservjce (2)

              聖堂へ嘔吐のやうなが出る   青鞋
                   聖職に身を置いていた作者の目には、聖堂を取り巻く環境は厳しく、
                      美しい色彩のも小説『嘔吐』に書かれた生活臭のない無神論的虚無性、
              実存主義的なものに見え、それに覆われているように感じられたのであろう。  福島閑雀


                                                vol24_2-1-1024x768dcm.jpg
                                     かたつむり小さいご
              IMG_1751 (2)


                柚子の木に柚子の実なくてがふる   青鞋
                       戦病死したんでの作に思える。
                           実景句と見ることも勿論できるが、YU音の頭韻が哀切を深め、
                     共にあるべきはずだった命の喪失感を訴えてやまない、
                          そんな句に思えてくるのだ。   妹尾健太郎

                暑き日の壁うつりゐるかな  青柚子 
                           青柚子と渡辺白泉が中心であった「」誌に青鞋も参加しました。   


              IMG_0454 (2) 

          夏の人顔を上げざりき  青鞋
      「夏の人」とは死者のことではないか、大勢の人が私の前を去り、くへ行ってしまった。彼等は思い出す度に
            若々しくなって来る。少年になり、少女になり、真夏の夕暮れの中でってさえいるのだ。  山田紳介
 

              がそっくり一つててある   青鞋
                       目の前に棄ててある「想像」が立ち上がったとしたらどうだろう。
         「想像」の内容がありありと見えて面白い。シュールなの絵の世界だ。   小林直岑


              記憶の固執The Persistence of Memory
                                    ダリ 『記憶の固執』


                     梟の目にの月夜かな   青鞋
                「の梟は夕暮れに飛び立つ」という言葉を思い起こす。
                   肉体の衰える老境期になって知恵は深くなるの意である。  有元露庵


                                アクロポリスの破風の一部アテナ前5世紀あ
                                       ミネルヴァ(アテナ)は勇気と知の女神 アクロポリス


              運動会みてゐるひかけの顔   青鞋
                    運動会に於ける応援者の大昂奮の一テンポ前の不安感、期待感を余すところなく表現し、
       次の場面が自ずと大声援であり、昂奮のである様子が見てとれる仕掛けになっている。  髙村蔦青

                                              20171028194054ba7 - コピー
                               諏訪さん4 (2)小

             口をぢながら浴びるや花吹雪  青鞋
           春は別れの季節、出会いの季節と言います。桜は見る人ので、楽しく見えたり、悲しく見えたり、
                 不思議な花ですが、美しいことに変りありません。          
      ・・・その日タクシーで行き、降りるやいなや、凄い花吹雪に逢い、「ワー」と思い、目をじて息をせず、
                一瞬の出来事でしたが、花吹雪の中に居ました。  小林透亘

                                        151-thumb-140x140-214.jpg

             悲しみは我にもありとくる  青鞋  
               法則、因果律、摂理。 「」で総称されるこれら不可抗なる統率者たちに、
                  血の通った生身で対峙させられる者の苦悩。
                        諦念が。   長谷川漱若


                 IMG_2079.jpg

           草餅のなさけ容赦もなき  青鞋 
                (青鞋は)幼児の時、寺の住職の跡継ぎになる為、叔父の所に何回も行ったり来たりしています。
          は情を断ち切れず何回も会いに行き、最終的には青鞋は我が家に帰っています。
                    蓬はを想う「極限の匂い」ではないかと思いました。   豊田級衣


                           白い葱含羞を失えり    青鞋 
                  々しい新鮮ない葱の肌を見て、怪しからぬことを考えてしまった。ああ。
             修行がまだまだ足りないと思われたのであろうか・・・。  竹内亨佑


                                       20101206_1581844_t.jpg
                                                          マン・レイ

                 ゆびの日といふ日もしと思ひけり   青鞋
                      耳も目も歯も、なくてはならないものだが、直接近くに見えてよくいてくれる指、
                   その「の日」がない。  黒瀬琢葉


               ごころ敷居のあぜに指触るる   青鞋
                    その指は手ではなくの指。夏が来ると、障子やふすまが開けはなたれて
              自由に出入りでき、閉まることはありません。 その自由を「、夏を踏んだ」と・・・。  福島翠夕


                             cr0387-e1426195579613.jpg
                                                            オキーフ


                 くさめして我はに分れけり  青鞋
                    のようなところがあって惹かれる。
                         ひとりの人間が持つ宿的な二面性なのかも知れない。  右手采遊


                        georgia-okeefe-abstraction-white-rose-1927.jpg
                                         オキーフ

                                       gheo048585544.jpg

                   感動のをあぐるトースター   青鞋
                  この句を見た時、妙に懐かしさがこみ上げ、そして、としたような微笑みが生まれた。
            最大の魅力は上五の「」の言葉である。   小川蝸歩  


                                             金魚1 

        金魚屋のなかの多くのを見る   青鞋
             んでいるのかっているのか。青鞋にとって水がどう見えたのだろう。 
          「の意味」を読む人にゆだねているように思う。  武本明波


               ためにキャベツを育て居り  青鞋                   
                  ひっぱたいてやりたい人もいただろう・・・。想像することは自由で、にも邪魔されない。
                             そのものだ。  高田憬  

                        etaneya.jpg
                                      e/taneya  
                                                                                    
              かたつむりをたててねむりけり  青鞋 
                  かたつむりとは、いったいをさしているのだろうか。
                    かたつむりは雌雄同一の生物である。 従って擬人法で考えれば、
                     青鞋本人と妻のをかたつむりで表現したのではないかと考える。  春名風来 


               カタツムリ4
 
   
                 美作を愛し、町の文化に貢献した青鞋でしたが、

                    難病に倒れた夫人の介護のため、娘さんの住む都下の町へ居。

                       び美作へ戻ることはありませんでした。

                    彼はを思う心のひとしお深い愛妻家であったようです。


                    IMG_2358 (2)


            妻の看病に自らの時間をげたこともあり、いわゆる俳壇からは遠く、

                 彼の作品が、まとまった形でみにくかったことにはそんな事情もあるのでしょう。

                     それだけに『』の刊行は画期的なものと言えます。

          オリジナリティーにれる作品群は、初々しい冊子の中で、

                 定型詩のを言い当てるような先見性さえ感じさせていています。     カロ


                      かたつむりまれしのちはの如し   阿部青鞋
                           かたつむりは天にって!                


              かたつむり3

                                            かたつむり小小
 
            の一冊
                 livre de karo


                                   一本の置いて来し  諏訪洋子

    諏訪さん11


                                       諏訪さん9
                 IMG_1347_convert_20171202204829.jpg


                         句集『』 インパクトのある忘れられない題名ですね。

                                  その内容は、まるでの花吹雪!
                      
      
         諏訪さん12
       

                   紙ふぶきびた者から蝶になる                  洋子
              
                       これよりはよと髪を梳く

                          蜘蛛の糸は自在に不自由に

                            を漕ぐ行く方へ来し方へ

                               人に火にのあり野の遊び


                  集中から花びらがだすような、

                        紙片、蝶、鶴、紙、蜘蛛の糸、ふらここ、そして足跡と火。 言葉。   


                                           さくら2                                                          

                                 春愁のどこにも見あたらぬ    洋子

                          諏訪さん14  
             
             洋子さんがくださったお手紙に、

                  「先の休日は家族のためにごしました」と、書かれていました。

               と家事に手をつくし、身辺を整える・・・。

                     の中の洋子さんはいかにも、しとやかでおだやかな家庭人という感じがいたします。

                  、ある時の洋子句は、またある時は奔放です。


                  newimg.jpg
                            ダ・ヴィンチ 女性の頭部 newimg
                                                                                 
                                              Leonardo-da-Vinci-Head-of-the-Virgin-Mary-Metropolitan-Museum-of-Art.jpg
                                                          ダ・ヴィンチ 『聖アンナのための素描』       
             椿芯は海鳴りかも知れぬ
                           じっとえているようで、内面はとても自由。

                        IMG_2149 (2)

                           春風にという字解き放つ
                             前句では内部に秘められていたが、こちらでは風のなかに・・。

 
                   20140406191250c26 (3)


                        記憶の母は草書体              
                            楷書の母はきりっと、そして草書の母はやさしく。

          かなで書かねば風になれぬ
                           この二句も一対であることを感じさせます。
                                        さくらと秋桜は女性のを負っているよう。


                  コスモス

              
                                     山本丘人
                                                                 山本丘人   
                    simple_cherry_petal-300x300 (2)  

                        渡月橋の北詰に来て一休みした後、を拾って平安神宮へ向った。

                名木のが、今年はどんな風であろうか、もうくはないであろうかと気を揉みながら、

                           毎年廻廊の門をくぐるまでは胸をときめかすのであるが、

                 今年も同じような思いで門をくぐった彼女達は、ち夕空に広がっている紅の雲を仰ぎ見ると、

                                   皆が一様に、!と感嘆の声を放った。

                                                      谷崎潤一郎 『

                              
       20140406191250c26 (2)

     
                 彼女たちは、ああ、これでよかった、これで今年もこの花のに行き合わせたと思って、

              何がなしにとすると同時に、来年の春もまたこの花を見られますようにと願うのであるが、

     幸子一人は、来年自分がびこの花の下に立つ頃には、おそらく雪子は嫁に行っているのではあるまいかと思い、

   自分としてはしいけれども、雪子のためには、どうぞそうであってくれますようにとう。

                                                                   『細雪』
                                           諏訪さん3
                                            

           谷崎潤一郎の長編小説『』は、現代で言うストーリー。

             戦前、大阪船場で権勢を誇った商家にまれた姉妹のうち、まだ未婚の三女と末娘。 

                                             209e05ecf5dd8920098f8e9d4e6d98c4 (2)
                                                                  森本草介
                        bjdrb696-img1024x768-1519386153dt0e3z21133.jpg
                                     高塚省吾

                雪子は人前ではものも言えないな女性ですが、こと結婚相手に関しては、

                  嫌なものはと、妥協なし。 一方の妙子はたくさんのボーフレンドに囲まれながら、

                          もう本命にめぐまれず・・。

                       のように妹たちを気遣う幸子のモデルは谷崎夫人の

             一本の桜に寄せるいは、深く、そしてです。


                       img_1.jpg
                                          ラファエロ

                                   151-thumb-140x140-214 (2)
                         
                                  c0287367_815340.jpg
                          を背景に、まさに小説通り、実写『細雪』。 撮影は谷崎自身。
                    左から雪子のモデル重子、妙子のモデル信子、ふたりとも谷崎夫人松子の実の妹。
                           おかっぱ少女は松子夫人の最初の結婚の娘恵美子、右端は松子。
                                   谷崎は生きがいのようにこの四人をしました。


                                      満開6

                        たちは平安朝ののようですが、

                   写真が撮られたのは、太平洋戦争に突入するころ。 

            描かれたな上流生活は、時局に逆らうものとして、雑誌掲載を差し止められてしまいます。

                  発表のめどもたたないまま、谷崎はしい生活を壊す権威に抵抗するように、

            戦時下も、やがて「昭和の」と言われることになる作品を書き続けます。

                和でな文章は、無益な争いを憎み、文芸を守るに支えられて生まれました。

             IMG_2109.jpg

               3b222454f0b7868eed027a3f8d1fe353 (2)
                    
                       鳥帰るの中のうすけむり    洋子
                                 後朝のことばは立ち上るのように消える。

                                              さくら2
                    151-thumb-140x140-214.jpg
                                      ていねいにたたむ身をたたむ 
                                 身を、という文言に、
                       どこか谷崎風の王朝を感じるのはわたくしだけか?

                  jpg54b74d4ff037d_higashiyamakaii6.jpg


                                      河なかにがあるなり朧月
                                         河は身体、川は

                                                  IMG_0445 (3)
                          

               諏訪さん15
                   

                     春の海つなる  洋子

         この句を読んだとき、呼び起こされたのは、

                     花葡萄れる女の  安井浩司

                 殊に団塊の男性たちに絶大な支持層を持つ孤高の俳人のこの句に、

                     句は、嫋々と、しかし堂々と対峙する大きさを持っていますね。


                                     yoimatigusa_gazou (2)


                      周囲のためにを惜しみなく使って生きながら、

              さんの言葉の中には、誰にも入っていけないな領域があるようです。

                      そこには、一本のが、に花びらを散らしています。


                                            土牛_醍醐
                                                                 奥村土牛 『醍醐』

                               一本の置いて来し  諏訪洋子


                     さくら  
                                                                                  
                                                 諏訪さん1 (2)


                               近づけばいたち、遠のけばしく、

                       諏訪洋子句集 『』は、

                 多面にかがやく女性のことばがりそそぐ一冊です。   カロ

                             simple_cherry_petal-300x300.png
                                          151-thumb-140x140-214小さい
                       
 
        の一冊
                livre de karo                


                  れし日も白梅けてゐたりしか  吉村毬子


                           梅5

            梅scontent小
                           俳人の季節にれました。

                       今年、吉村さんはその日をえることはありませんでした。

                     昨年7月に逝去。 療養中でした。

                        数年前、吉村さんが著作を送ってくれて以来、

                           わたしと彼女はの書簡のやり取りを続けてきました。

                        好きな作品がかさなり、彼女のなことばは、

                           わたしをはげましてくれました。                  カロ


               梅11
                                                      吉村毬子 『手毬唄』
           

                     の梅 と真水に還る  吉村毬子

                                        まだ五十代。 こんなに早く・・・。 惜語は尽きません。


                                     梅2        


                       虚空にての二月十五日           毬子
                           
                            のものらに抱かれ流し雛

                                     指切りのかなや鳥雲や

                                                  
               梅yokohamano


                               の中で土のを聴いてゐた   毬子

                          鳥や雲をして雲になる

                水鳥のる手毬唄  


                               二月9
           

                    感覚的で緩みのない言葉、句はうつくしく、ふかく、そして、どこか淋しかった。


             梅10



             梅のに梅の花咲くをまことに知るはたはやすからず   岡本かの子


                熱海から武蔵野へ帰って来てから二月の末にが降った。

           雪はただいのよ。 熱海のとおんなじに白いのよ、けど積るとそれが白いままにるのよ。
 
       白いいろ、白いものはただ。 白ばら、白百合、白壁、白鳥。 紅いものには紅百合、紅ばら、紅珊瑚・・・。

                                                                   岡本かの子 『明暗』

 
                 ピアノ5


              の短編小説「」で、雪や梅の白、ばらの紅を語る妻。 彼女の夫は目が見えません。

                     外界の色を伝える妻へ、夫はしい表情を向けます。

                                           la naige en poems2 

                は視力をはさんで異なる世界に在ることに悩みますが、

                     やがて、互いを互いのままにけ入れ、

                           妻の信頼は、夫の音楽の才能を開かせます。

               
                    梅3小

             の樹にの花咲くをまことに知るはたはやすからず     かの子


                       とは運命のことか。
                      
                     の花がの花である〈ことわり〉を知ることは、

                 自他が認め合い、することへつながってゆくのでしょう。                
                                                                           カロ               

                                  6b77fe13f7060f9069160fff70d5b1ec.jpg
                                                                       尾形光琳        

                            neko_008_07_sn.jpg

                                  
               へ、女性俳人たちの、そしての句も・・・。
                             
                    梅1
                                    吉村さんと同年代の女流が、最近送ってくださったポストカード。 福田平八郎画


                        つめたき石に腰かけて  池谷秀子 
          。 たい。 端正な音韻と切れ。 女性の献身とプライドが句に両存しています。

                                                                               
                              梅7
                   

                             白梅のかゞよひふかくこゝろ   桂信子
                  春にんじて咲く梅。 的な詠み手であった信子が感じ取った明るい予兆のなかの



            夕空のるばかり梅咲けり  金田咲子
                                 え入るとは、なんとかでしいフレーズでしょう。


                              ume022001-thumbnail2.jpg

                                        2010071921240111e (2)

                                                 img_151204_01.jpg    

                                                      
             乳房はか白梅か   栗林千津
                                     も欲望もことばも、闇の中で白くえています。 

                     
                        夜は白梅の香を放つ  山﨑百花 
                                           白梅のは、天女の手から生まれてくるよう。


                                                 a2c58a8d4a13c60a952b5a42bfe095e4.jpg
                                                                      土門拳
                      梅4


                                の人となる一本の見て  手塚美佐
                                               野に立つ梅は・・・きっとちゃん。



             blog-list-160112-001.jpg
                                                      尾形光琳 『紅白梅図屏風』


               紅梅の咲き白梅を   野澤節子 
             紅梅と白梅は並んでいてもいのですね。 作者もこの屏風を思い浮かべていたのでは?
                            

                     梅8

                                          梅9 (2)
               

                  白梅の一枝のれて変る   工藤たみ江
                           女性のエポックメーキングなが世界を変えることみたい。


                              梅6
                                                     白梅のつぼみは萼の紅とともに。

 
                         れし日も白梅けてゐたりしか  吉村毬子
                           吉村さんのことばは、いつもわたしとです。

                                                                            
                                             梅12

                                    梅scontentsyo

 
     の一冊
               Livre de karo


                           の少年の白くなる   西躰かずよし

                海3
                                                                西躰かずよし 『窓の海光』


            西さん(1972~)のうつくしい句集『』には、

                 がありません。 


                                    私のん中にが降っている  かずよし 


                            バター3小
                                                   冬 2018 yokohama

                                                        
        所属誌ホームページの欄には、こんな風に書かれているだけです。

          京都府に生まれる。それから、なことがあった。

         朝、コーヒーを飲み、夜、グールドの弾くを聴いた。最近、めのように句を作るようになった。 
                      
                                                                      西躰かずよし 


             街やさしくなる弾く   かずよし


                            ラウラル・デュフィ1877~1953小
                                                            デュフィ     
                                 

                    わたしたちは、だけに頼って西躰さんに近づいていかなければなりません。

                        、本当はそれがあたりまえのことですよね。       
                          

                                             s-l300.jpg
                                                          マチス ニースの窓

                         に置けば     かずよし        

                          俳人はです。わたしも黙って書き写すことにしたいと思います。  カロ    
                         

                Mary Morgan Mortan
                                                      Mary Morgan Mortan                       

                  いに行く父子                      かずよし         

                                     の高架あるのまち


                            ravello-ceramic-lemon-plate.jpg


                                           二月3

                       IMG_0442_(2)_convert_20170601225103.jpg

           
                     のあかるいのいろ                  かずよし

                                無理の出来ないを見に行く  
                                                            
                           鉄格子に燃やす

                  もない手のひらがになる


                        二月2
                                                           yokohama


                      一日八回のに馴れる     かずよし

                          なタオルをもらう

                               一日のパンをに分ける

                      明日することをさがす

                             洗面器にを入れる

 
             時雨 naniyokisetsu (2)

                            小クレー 花ひらく木をめぐる抽象 1925
                                               クレー                                        
            
                            な折り紙でつくる               かずよし
                                                       
                                    までの廊下が

               もない部屋にがみえる 

      
                          海2
                                                            西躰かずよし 『窓の海光』


                                         Jeff-Hoare-A-sea-symphony-1866036.jpg
                                                                    jeff Hoare               
                   空0l (2)
                   
 
                        西躰さんの句体は五七五を守る定型をれたかたち、いわゆる自由律です。

                       でも、彼には、自分自身で決めて守っている詞のがあるようです。

                  それは、えば、

                           むずかしい言葉を使わないこと。

                         なるべくない言葉で句を作ること。

                       をつかないこと。

                    誰もつけないこと。

                自分を、、誰かをめるために作ること。

                              わたしも、められました。 ありがとう。
                                                             カロ

                            海0
                                         西躰かずよし 『窓の海光』


                                      二月1
                                                                        yokohama
                    
              
               4二月
                  この冬出会ったスタイリッシュな女性。 お顔を出しても良いとのこと。 ありがとうございます。カロ yokohama    

                                           海4 (2)
                                                愛らしいリップ、パールイヤリング、ばら色の頬。お元気で!


                  二月5
                                                        yokohama
                                    

                           冬の終わり     西躰かずよし 


               バター4
                               yokohama   

                                   海5