Chat du mois  今月の

                Chat juin  月のねこ 
     

                         六月猫がった方へろう   川口重美


                       つゆ
     
         11085150_988125481212620_1102573210_n_convert_20170624223942.jpg

                                 20120330154247fc3_convert_20170429000758.jpg


                               寒い頃だった。

                         雨に濡れた一匹の猫がうずくまっていた。

                     どうしたんだい、こんな日に。風邪をひくじゃないか。

                        は躊躇なく猫をきあげると、家へ連れて行き、

                           泥でれた体をシャワーで流した。

                        どうしたの?  母がのぞきにきた。

                     とおしゃべりしてるのかと思ったら、猫ちゃんだったの。

                        は中学生だ。

                            の頬と唇は腫れている。

                         喧嘩のあとだ、というくらい母にも解る。

                     何でもないよ。

                                            笠原靖  「の日に来た猫」


                       譏・縺ョ髮ィ・胆convert_20170624222038

                                         raincat5_caterville_convert_20170624224024.jpg
                                                             cater ville                           
                                         
                      kai_engel_convert_20170623195756.jpg
                                             kai engel
                      

                         この頃、学校でなことが多い。

                                  どこにいじめの原因があるのかわからないが、

                             あるとすれば、他の生徒よりも多少しい、ということか。

                                         しい父親にも、するから母親にも話せない。


                                           
                      縺ュ縺薙€€繧ソ窶輔ち繝ウ_convert_20170429021745

                                      hukuju_convert_20170624230613.jpg
                   
               猫はを見つめていた。

                        金の目をしっかりと見開いて凝視している。  
                                                              
                             はこれまであったことを包み隠さずに、猫に話した。

                         聞いて欲しかった。

                     これまで、にも話せなかった。
                                                            
               猫はって聞いていた。


                                  縺ュ縺薙€€繧ソ窶輔ち繝ウ_(2)_convert_20170429020246


                     金色の目に光がった。

                         猫の言葉が聞こえたがした。

                               黙ってやられるなんて、よ。わたしがついてるわ。


                                縺ュ縺薙€€繧ソ窶輔ち繝ウ_(3)_convert_20170621183306

                  ryukyusirosumire縲€逅臥帥蛻怜ウカ縺ョ繧ケ繝溘Ξ_convert_20170624230534
                             
                                        
              すればいい?

                  他人なんて当てにしない。 うのよ。

                       だけどさ、相手はいつもグループだよ。

                          いから、集団になるの。 ほんとうにいひとはいつもよ。

                             からぶつかりなさい。 なら勝てるわ。

                               猫の世界なら、そうする。

                             君はいなあ。

                         人間がしてるだけよ。

                      は猫をしっかりと抱きしめた。


                                       wallpaper0430031_convert_20170429020009.jpg

                   IMG_0464_convert_20170614171943.jpg
                                            
                            あめ7

                   201206191850025b5_convert_20170501145421.jpg     


            それからがどんな努力を積み上げてくなったのかは、猫以外のも知らない。

                は猫と公園にいた。

                     とこにいたのか。 彼等が近づいてきて、の前に立った。

                   そして、と猫を取り囲んだ。
  
                          ひとりが、の抱いている猫に手を伸ばした。


                                       縺ュ縺薙b繧薙¥縺ゅ▲縺具シ狙convert_20170621182836


                             、猫の前足がその手を引搔いた。
                          
                             の体が、猫のようにんだ。 

                     ・・・ ヴァイオレントな表現あるため、中略・・・

                             ちなみに「い」とはもちろんマインドのこと! カロ注


                     IMG_0466_convert_20170614171903.jpg
                                         
                                                 nekogazoucom_convert_20170430015835.jpg
                                                                中略ニャン     nekogazou


                     180965827_624_v1434942681_convert_20150623003220.jpg
                                        

                                     あ言う間の勝負だった。

                                 それでいいのよ。猫は言った。

                              あなたはくなった。もうわたしがいなくても大丈夫。

                         ほんとうにいひとはいつも


                                     IMG_0469_convert_20170624225217.jpg

                                                 縺ュ縺薙€€縺・@繧浩convert_20170501024503
 
                              はかがみこんでゆるんだスニーカーの紐を結びなおした。

                    振り返った時には、たった今まで坐っていたに、

                              猫の姿はなかった。

                                                 「の日に来た猫」


                              park-bench-430260_960_720_convert_20170621193004.jpg


                                      陌ケ_convert_20170429020308
                                                                                                                 
スポンサーサイト
  

       今月の    Chat du mois

                月のねこ  Chat fevrier

                  
                        梅が香やが来ても欠け茶碗  小林一茶


                                 kintsugilibrary_convert_20170226011007.jpg
                                                                kintsugilibrary                                                                                             
            梅2 (4)
                                    地方を歩いて骨董品の掘り出し物をする男の事をという。

                                その他師が中仙道筋を歩いて茶店に憩んだ時、

                            ふと目についたのは、の飯を入れる器で、

                      それはたしかに絵高麗のの茶碗だ。
                                                          海賀変哲  『猫の茶碗』  


                                             譴・シ点convert_20170107214204
                            

                   日にご飯いただく梅の花   関根誠子  

                                  

                       迪ォ縺ョ闌カ遒玲ケッ譛ィ鄒手。馴、ィ縲€邨オ鬮倬コ玲「・エ玖怩_convert_20161225225656

                                                  絵高麗梅鉢写   

       縺ゅ∪縺槭s_convert_20170107215956
 

                          
                     く踏んでも三百円の価値はあるが、

                                         茶店の親父はそんなことは知らぬだろう。


                                             前田昌良
                                              前田昌良
                                                                    梅2 (3)

                      私は猫がきだ、この猫は貰っていきたいが、どうだ、くれないか・・・と、

                      三円の金を与え、

                      猫というものは食器が変わっては飯を食わぬというから、

                      にその茶碗もくれ、というと、親父は、

                      このはあげられません。


                                猫の茶碗 松平不昧公愛蔵 
                                                     絵高麗梅鉢茶碗 松平不昧公愛蔵   



                        げて梅ゆすりけり朧月  池西言水                       
                                                    
                  
                               縺薙◆縺、縲€縺・a_convert_20170102011606


                                    紅梅にほしておくなりひ猫   小林一茶
                                      
                                            
                  chinese_fine_art_ota_convert_20161225231137.jpg


                                               ume022001-thumbnail2.jpg


                                   こう見えても、これは絵高麗の梅鉢の茶碗で、

                             三百円ならいつでもれます。

                      そんな立派なものを、何故また猫のなどにするか、と聞くと、

                  このおかげで、時々猫が三百円にれまする。
                                                               『猫の茶碗』


                    繝溘Ν繧ュ繧ッ繝阪ャ繝・convert_20170220195840
                                        ミルキクネット

                                                   梅2 (3)
                                                                    
                                                                                             
 
                     
        今月の 月の猫

              Chat du mois  Chat fevrier

      
                           白き猫に会う  森澤程


                                 abfde20d_convert_20170102204938.jpg


                                                                    
              img_0.jpg
                                  東京写真館

                   
                                榎俊幸
                                                        榎俊幸


         気の狂ったになりたいだった  渡邊白泉  

                                   「気の狂った」になりたいのは、作者か、それともおとなしい馬か・・。


                                           161203p8_9-5.jpg  
                                      
                                                  なかなか狂えません。 馬                
          

                    yamanashi100yama_convert_20170101004954.jpg  
                                                                                                              

                むさゝびの小鳥み居るかな  与謝蕪村

                               むささびは愛くるしい顔で小鳥をるのですね。


                                          ムササビokusyubetsu

                                                       これも生きるためデス。 ムササビ

             13592823.jpg


       また枯野越えゆくを見に   鍵和田秞子

                          わたしもを見たい。自分の足で枯野を越えて。

                                                    e52327f75cf7e3b34d540168cefdcc0f_convert_20170203192224.jpg
                                                             越えておいで。鶴 

                      18-2_convert_20170204022032.jpg
                                                        
                                                                            
                             よく晴れて紀を想う枯かな  ゆきる  

                                    ガオーーーッ!!! 鶴じゃなくてティラノサウルスがいた。
                imagesD7E5J183.png

            枯野行人やさう見ゆるまで   千代女    
  
                                  ほんとうに人はさい・・・。


                                   huri-・・ス擾ス抵ス会ス茨ス雲convert_20170102214426
                                                     フリードリヒ   


                     道石段となり海に入る  小西 領南

                                どんな枯野も最後はへ続いている。

                                            
                                mitiemohanty.jpg


                     hadaka.jpg



                       白き猫に会う  森澤程
 
                          白猫は白いということ、気づかせてもらいました。 カロ
              
                        
                     
                                          東京写真館2

                                                        生涯いですニャ。 ねこ