歳時記  
                  saison de karo  


                           歳月の胸を蹴り尽す   永田耕衣    


                             b4dd823fe292c6511e3d55afe2a9df52_convert_20160922192342.jpg

                     

                父の郷里は南山城の木津川ので、私もそこで生まれたし、両親の墓もある。

                昔から代々親類よりもしくしている家があって、墓のめんどうもみてくれている。

                大きい茶問屋である。

                当代ももう五十を越して、が先代そっくりになった。    

                                                    飯島晴子 「


                       susuki1_convert_20160922190803.jpg                                             
                                                2こおろぎ                                                                            

                               子供の頃、父や母と墓参りにると、かしわのすき焼きときまっていた。

                       骨でとったスープをだぶだぶにいれて、すき焼きと水炊きの間みたいなものであったが、  

                餌を惜しまないで飼ってあるおじさんの鶏は、

          どう料理してもともかくしかった。


            芒3

                                                  ちひろ1
                                                            いわさきちひろ      

                                                                                 
                   ダシガラのは全部どんぶりに入れてもらって、

                                   時間をかけて私がしゃぶることに決まっていた。

                   おばさんが土間をったりたり、かまどにをくべたりしているのを見ながら、

                                   台所の板の間でりの鶏のガラをしゃぶるのは、

                   なんとも言えない安定感があった。


                                 aki_convert_20160922192403.jpg


                                        おじさんもおばさんも善良な普通の人であったが、

                           夫婦の間はも起こらないくらい冷えきっていた。

                 おじさんは小さい製茶工場を一代で大きくした謹厳実直の人であるが、

       まるでのように女出入りが絶えなかった。


                     86febc927a051aede261749f8c49f456.jpg 

              
                子供のまれないおばさんが、

                おじさんがでつくった子供を引き取って育てたのが当代である。

                     そんな事情にもかかわらず当主は実に素直に成長して、 商売も上手で、

                     おばさんにもしんからかいようであった。

                           かわからないくらい働いてきたというのがおばさんの言い分であったが、

                           それはむくわれたように、はた目には見えた。


                ちひろ2
                                       
                                   hanakotoba.jpg

                                                  mushi_koorogi2_convert_20161003230605.jpg
                                           

                            でも、おばさんは八十をえて死ぬまで、

                          毎日の生活は共にしながらかににおじさんを許さなかった。

                       お嫁さんの話によると、おばさんの怨みはいもれもせず、

                    毎日毎日を鮮らしく生き生きと働き続けていたという感じで、

                 というしかないエネルギーである。


                                 kikunohana_convert_20160922195254.jpg


            おじさんは一昨年、おばさんは昨年亡くなった。

                   奈良でを四束買って、実家の墓とおじさんおばさんの墓へ参った。一緒に来てくれた当主は、

                        こうして入ってはるのや、と言って、立派な墓石の前の墓ぐらのをずらせてみせた。

                               すぐそこにい風呂敷包みが二個あった。


                              stock-photo-17358117-black-cricket.jpg
                                

                            こおろぎらしいが乗っていた。

                        骨は骨壺から出してじかに風呂敷に包んで納めるのだそうである。

                  早く土にるように・・・。
                                                           「夫婦」    

                                        IMG_0340(2)_convert_20160922204031.jpg
                                        
                                       
スポンサーサイト
 

        歳時記
                 saison de karo


                          十顆のを喰らひけり  正岡子規


                        梨5



                     学校がまってからずっと、

                     駅前の羽衣タクシーの軒先を借りて、

                     もぎ取りを売っていた爺さんも、とうとう店じまいをした。

                     また、来年のまで、この爺さんともお別れだ。


                                                          庄野潤三 『夕べの雲』



                                                   tamastorydoorblog_convert_20160924123239.jpg  


                      梨8                                                                     
                         

                         爺さんが店じまいをして、いちばんしたのは、

                    いつも学校の帰りにこの爺さんから三十円の梨を買って、

                袋から出して食べていた安雄であった。


                                            譴ィ縲€譁ュ髱「_convert_20160925194221


                         ba00027-kat53.jpg


                          もともと学校の帰りに梨を買って来るよう安雄に頼んだのは、大浦のであった。

                       駅まで買い物に行くと、野菜や他の食糧だけでいつも荷物がになって、

                   とても梨まで買って帰れない。だから、

               梨売りのお爺さんがいたら買ってきて、でもいいから。と言ったのであった。 

           帰り道で、安雄が食べても構わないということにした。

              何しろ学校が始まったばかりで、短縮授業だから弁当を持っていっていない。

                  暑いのとお腹がくのと慣れない授業でくたびれるのとで、

                      物を言うもないような顔で帰って来る安雄にとっては、

                           これほど有り難いことはなかった。

                                                       譴ィ・狙convert_20160924125026   

                      このあたりでは、長十郎梨のことを梨、二〇世紀を梨と呼んでいる。
 

                譴ィ・点convert_20160924125105


                        爺さんの売っている赤梨は九月の初めは一キロ四十円と五十円で、

                     梨が大きくなってからは、一キロ五十円と六十円になった。

                  ところが、これとは別に、一山三十円の梨が台のにある。

                     大きさはまちまち、形はみんなよくない。したのばかりである。


                  譴ィ・托シ狙convert_20160924141015   
                                                                          

                       そのかわりが多い。一キロ五十円ので四個ある。

                    一山三十円の方は八個くらいある。に多いという感じがする。 

              安雄が、一キロいくらの方にはもくれず、こっちの方を買いたがるのも無理はなかった。                                            
              

                             IMG_38771_convert_20151028002227.jpg
                           
           
           、あの子を見ていると・・・と細君が言った。

                        のことは頭になくて、ただただ梨を食べることばかり考えているらしいわ。

            学校から帰って来ると、梨、買ってきた。

                       何の勉強をしたとか、先生がどんな話をしたというようなことは、も言わないの。

            それで、寝るまで、梨食べて良い? 言うことはそれしかないみたいなの。かしら?

                       大丈夫って、か?   

                              、勉強の方です。


                                                      f0135024_19393525_convert_20160924142603.jpg
                                                           
               
                      梨7


                   だけ、大浦は、安雄が爺さんから梨を買ったところへ来合わせたことがある。

                      小さなが梨を並べてある台の前に立っていると思ったら、わが子であった。

                                                                    『夕べの雲』

                                          
                                  03_convert_20160928155603_convert_20160928161516.jpg
                                                                
  

           歳時記
    
                    saison de karo  


                             と遇ふのビルマ僧  川崎展宏

                 
                      ポ13

                                                                       

                    その僧と行き会ったとき、みんなびっくりしました。

                             その僧はまだい人で、頭はすっかり剃っています。


                               cd7dbd98.jpg
                                             新潮文庫

                                                            竹山道雄 『ビルマの竪琴』
                          

                    そうして、片方のからあたらしい黄色い衣をゆったりとまとっているのですが、

                        その肩に目のさめるようないインコをとまらせています。

                            どこかこのあたりのお坊さんなのでしょう。


                          繝薙Ν繝橸シ論convert_20160724023903

                                                  25400-1920x1080-288x162.jpg
                                
                               ビルマ10

                                              
             この人が水島上等兵にそっくりなのです。

                    われわれとこの坊さんは、せまいの上で互いに身をよけてすれちがいました・・。

                          ふりかえってみると、

                    坊さんはひどく足を急がせて、町とは反対の方角へ行きましたが、

             やがてまばらな林の中に姿を消しました。


                              ビルマ3
                                                       dtac/jp/ asia/ myanmar/
                           

                ビルマ1 (2)


                     ビルマ人が使うは、ちょうど茄子のような形をしていて、

                     磨きあげた木に象嵌などをした、立派な楽器です。

                     ビルマの音楽は、をうつすことからはじまったということを聞きました。


                                            20121008155940e4b_convert_20160725015900.jpg


              180965827_624_v1434942681_convert_20150623003220.jpg


                        どこへ行っても ビルマ人はし気です。

                           生きるのも、死ぬのも、この世のこともあの世のことも、

                        いつもにこにこと仏さまに任せて、寡欲に、淡泊に、

                           して、って、って、その日その日を過ごしています。

                        ここにあるのは、花と、音楽と、あきらめと、日光と、仏さまと、と・・・。 

        
 
                         20121008153839c81_convert_20160725015837.jpg

 
                                                繝薙Ν繝橸シ托シ狙convert_20160724033058
                                                      dtac/jp/ asia/ myanmar/   



                      水島は柵の向こうに立ったまま、動きませんでした。

                          それからまた、を弾きだしました。

                      それは、「仰げば尊し」という、あのれの歌でした。

                          いまこそ別れめ、いざさらば・・・・。

                      ここを繰り返しくと、

                          水島は我々に向かってふかくをさげ、

                      そのまま行ってしまいました。                                                  
                                                          『ビルマの竪琴』
                     
 
                                     coloringpage1sm.gif
                                                    
 

       歳時記

              saison de karo 1

                
                        と話してくるといふ子ども   村田篠


                 2009214962277283.jpg



                   叔母さんはから抜けてきたようだ・・・。

                       やせに痩せて骨までけそうな叔母は、

                             人間というよりはに近い感じがする。

                                                                  木崎さと子 『』   
                                               

       青桐5

                                           

                            道具蔵に入るのは、こどもの頃以来だった。

                      ずっと昔、ここに閉じ籠められたことを思い出した。

              どういうをしたのであったか・・・。

                                                          

                                          髱呈。撰シ誉convert_20160810132423
                                                      tyuraumi19810315.cocolog 


             青桐 王培
                                            王培
                    

                       大小の箱が打ちひもで結んで、いに支えあうように堆積していた。

                    に、何日も、何年も、何十年も、こうしていたら、どうだろう。

                じいっと、いつまでも、いつまでも・・・何かがるのを待ち続ける。   


                 
                                          縺ウ縺垣convert_20160811145720
                                                                       
                                 
     
              幼い頃、身体に負ったと従兄へのいを抱え、俯きがちに生きるヒロイン。

                         古い家をり、病んだ叔母を看取る女性の時間を、の枝葉が見下します。


                   髱呈。撰シ兩convert_20160810132529


                                                髱呈。撰シ托シ点convert_20160811145819                                    

                              ・・・・ありがと。

                         叔母は軽くうなずくと、縁越しにに目をやった。

                  その表情がいかにもしずかだった。

                         日がな一日、眼をあいてさえいればそちらにむける病人のを受け続けて、

                 い色がだんだん澄みとおり、

                          しまいには幹がきとおってしまうのではないか・・・。


                    青桐 awaji school landscape jimdo com
                                         awaji school landscape jimdo com


                                       545-e1451707706150_convert_20160810154658.jpg
 
                                      
                            青桐11


                の周りを、数人のこども達が手をつないで囲んで、

                       かごめかごめをっていた。   籠の中の鳥は、いついつねやる・・・。



                      yumeji art museum
                                      yumeji art museum   
                                                                               

                      後ろの正面だあれ、、こども達の輪がとまったと思ったら、

                                  と一斉に散ってゆく。


                                                      髱呈。蝉ク芽シェ邯セ髻ウ縲取尠譏ァ縲擾シ抵シ撰シ托シ棒convert_20160811145748    
                         
               の真後ろに、眼を隠してしゃがんでいる子・・・。



          空0l    
                               
                                            
                                  髱呈。撰シ狙convert_20160828002240
                                                                                               

                 交代でつきそっていたのに、最後の瞬間、叔母はだった。

                                                             『

                
                                        縺ウ縺垣convert_20160811145720
                                     
             
 

   歳時記

           saison de karo 

                                 りの後のをどうするか 岡野泰輔  


                     轣ォ逾ュ繧奇シ狙convert_20160722170507 


                                           sandou_agariko01_340.jpg
                                                                   mikumanonetto    
                                  

              登り子は白装束に身を固め、荒縄を巻き、草鞋を履き、を持って石段を登る。

                   七時過ぎに門がされる。

                 登り子らはの火つきを良くしようと、

                      にタイマツを打ち当てて割りはじめ、

              その音が、全山に響き渡る。
                                                  中上健次 「バサラの


                              xfire_00017_jpg_pagespeed_ic_-zW0fcjJUO.jpg


                   円空
                              
 
                  は、古人から現代人まで、生きるために必要としたむき出しの火である。

                            神火が運び込まれ、次々と火がけられる。

                  のかたまりだけがむくむくと現われ、あたりをおおう。

                               登り子の男らは、古人になったとしか言葉がない。


                     中上1 - コピー
                     中上健次        

                                  火祭り0


                                            火祭り みくまのねっと
                                       


               火が行きわたった頃、ストンとが墜ちるように門が開かれ、

                        彼等は急勾配の階段を下に向かってけおりてゆく。

                              さながらのように、山から火を持って・・・。


                                                 火祭り5                                            
                                                               mikumanonetto     

          
                              轣ォ逾ュ繧奇シ胆convert_20160722170300                                
                                

              轣ォ逾ュ繧奇シ狙convert_20160722170844                                         
                    

                               そのは火を放った。

                    放火のを行ない、火を放ち、消火に協力した。

                         ・・・彼には、私は私であるという自同律が欠けていた。   


                              20130707232242f44_convert_20160803193054.jpg
 

            地獄草紙 東京博物館
                    地獄草紙      
                                                                                                 
    
                         火は放っておけば、えるかするか、どちらかしかない。

                      火のはそこにある。

                 火がそばにない限り、我々の生は実につまらなくくすみ、

                      んでしまい、

                      火が近くにあると、むくむくと活力がき、さらに接近すると、

                      我々文明人の何かがれる。

                                                     「バサラの

 
                                   火祭り4
                                          伴大納言絵詞
                 

               中上2
                        中上健次 晩年                      
                                      

                                      1106680064_main_l_convert_20160730182027.jpg
                          

                           つたままれゆく一本の夏木

                           うしろ歩きやめずにのボサノバ

                                    
                                                  句集 『なめらかな世界の肉』


                                        enkukobo_nrxcfd1qt0_convert_20160725014134.jpg