FC2ブログ

  Chat du mois   今月の
         Chat août  月のねこ

              海底の化石かすかに夏の風邪 青木重治
        
 夏風邪10

              夏風邪5                   なんか、だるい

                                         b0236816_20223617.jpg
                        エアコンきつすぎたかニャ

                          夏風邪9

                 1617759.jpg
                 風邪かニャ
                                          
                                45681_214475678694597_835697751_n.jpg

             夏風邪6
                そういえば・・・

            夏風邪1
                           こういうのとか 

                     夏風邪3
         こういうのとか 食べすぎたかニャ・・・・

             ビール 
                  こういうのも・・・かニャ


夏風邪1
                          ウィー・・・これは二日酔い

                      夏風邪5

              夏風邪7
           失礼して寝ます・・・・ みなさんも気をつけてニャ   

                    夏風邪4
      夏風邪に・・・こんなのニャ    

                           
スポンサーサイト




    Chat du mois   今月の
         Chat juillet  月のねこ 

        流星へが両手をそろえいて 須藤徹
  
須藤先生1

        縺ュ縺薙ヨ繧ソ繝ウ_convert_20130705155127

             感嘆しても感嘆しきれぬもの、天上の星、わが心の内なる道徳律

                               カント「実践理性批判」

                 須藤先生7

     恋猫の思想の胴の伸び縮み 

     体内の水傾けてガラス切る

     剃刀に映す拳と炎天と
     

                     須藤徹

    須藤先生3

         須藤徹(1946~2013)は俳人、批評家、随筆家
        ヨーロッパ文学、哲学、美術、音楽に影響された詩論を展開
        句作は知的、都会的、シャイ

                                    2013年6月29日 死去   

      一切は恐ろしいまでに美しく、燃えかつ眠り、地上の物象は顫えていた。

                           ヴァレリー 「最後のマラルメ訪問」
 
   一言を萩に残してドラマー逝く

               須藤徹

                      060913hagi.jpg
  
     須藤先生5

                須藤先生、お世話になりました。    ご冥福を    カロ
   

  Chat du mois  今月の   
       Chat juin  月の猫

               いろいろなを聞く子猫かな 望月周
               
           子猫5

   わたしは休息のためのが欲しい

      もしわたしに宙にひらく窓があるなら  身をのりだして派手やかにをひろげよう

  日曜がやってくるなら   すべてを忘れ去る時節の翳りがあるのなら・・・・・・
             
    子猫4

    子猫_1~1
           
   わたしはをひろげよう

      とめどないかなしみよ  日曜日に顔を洗い 

       日曜日に日曜日のをひろげよう

     もしわたしの体に窓があるなら  身をのり出して

       路上に飛び出てをさそう

         山本道子 『日曜日の

    子猫3

           紫陽花
   
       Chat du mois  今月の猫
             Chat mai 月のねこ

           ランボーを行とびこす恋猫や 寺山修司                   

             ねことぶ3
                            びよーん 

          ぼくは歩く 夜空の下を
            よごれたオーヴァーのポケットに両手をいれて
              ミューズを道案内にして
                  おお なんて素敵な愛の小道

               オーヴァーにも ズボンにも穴があいてるけど
               ぼくは夢見る 詩に韻を踏ませながら
               今夜のホテルは空の大熊座
                 きらめくのはぼくの星座

                     ぼくは耳をすます 道端にかかんで
                      夕方の空に浮かぶ星の歌
                     夜露は葡萄酒のようにぼくをぬらす

                           ぼくは膝をかかえる 竪琴をかかえるように
                             ぼくがかきならすのは、靴紐の弦
                             詩のまんなかで 詩のはしっこで

             アルチュール・ランボー  ぼくの放浪  Ma Bohéme
                               ねことぶ1
                   ひらーん        
           
              ねことぶ5
                       一休み 

  ねことぶ6                  
             ぼくは恋におちる たぶん八月まではこのままさ
               ぼくはソネットを作る 彼女のために
                友だちなんかすっぽかし 待っているのは彼女の手紙
                        ただそれだけ・・・・。
             
         アルチュール・ランボー   ロマン  roman

                             下手な訳はカロ・・・かなり曲げてます・・・。
                                              
                    ランボー1           

   Chat du mois 今月の
              Chat avril 月のねこ

                        鉄板にの効いて猫の恋 内田美紗
       ねこトタン6

            ブリック  「神経質な顔つきだな。猫みたいに。」

            父     「そうだ、猫みたいに神経質だ。」

            ブリック  「やけたトタン屋根の上の猫みたいに・・・・。」

                ねこトタン5

        ブリック   「何か言ったか?」

        マーガレット   「言おうとしていたところ。私・・・さびしい。とっても。」

        ブリック    「人間誰でもさびしいものさ。」

        マーガレット   「愛している人と一緒に暮らすほうがずっとさびしい。
               ・・・ひとりぼっちで暮らすよりも。・・愛している人に愛されないとしたら。」

         トタン屋根1 
             映画「Cat on a Hot Tin Roof」のエリザベス・テーラー とってもきれい

ねこトタン2

      マーガレット  「やけたトタン屋根の猫が勝つって、どういうことかしら。知りたいわ。
                多分その屋根からおりないで、できるかぎりがんばり通すことね。」

   テネシー・ウィリアムズ 「やけたトタン屋根の上の猫」

ねこトタン8
                          降りないニャン。