saison de karo 40

露の夜を留守番電話まかせかな 辻美奈子


夜露1



僕が学生の頃に住んでいたアパートでは誰も電話なんて持ってはいなかった。消しゴムひとつ持っていたかどうかだってあやしいものだ。管理人室の前に近くの小学校から払い下げられた低い机があり、その上にピンク電話がひとつ置かれていた。そしてそれがアパートの中に存在する唯一の電話だった。


電話2


管理人が管理人室にいたためしがなかったので、電話のベルがなるたびに住人の誰かが受話器を取り、相手を呼びにいった。もちろん気が向かない時には(とくに夜中の二時なんて)誰も電話には出ない。

真夜中の電話はいつも暗い電話だった。誰かが受話器を取り、そして小声で話し始める。


もうその話はよそう・・・違うよ、そうじゃない・・・でもどうしようもないんだ、そうだろう?・・嘘じゃないさ。何故噓なんてつく?・・・いや、ただ疲れたんだ・・もちろん悪いとは思うよ・・・だからね・・わかった、わかったから少し考えさせてくれないか?・・電話じゃうまく言えないんだ・・・・

誰もがめいっぱいのトラブルを抱え込んでいるようだった。トラブルは雨のように空から降ってきたし、僕たちは夢中になってそれらを拾い集めてポケットにつめこんだりもしていた。何故そんなことをしたのか今でもわからない。何か別のものと間違えていたのだろう。

階段5


僕は一階の管理人室の隣の部屋に住み、その髪の長い少女はニ階の階段の脇に住んでいた。電話のかかってくる回数では彼女はアパート内のチャンピオンだった。僕はつるつるとすべる十五階の階段を何千回となく往復する羽目になった。

少女1

まったく実に様々な電話が彼女にかかってきた。丁重な声があり、事務的な声があり、悲しげな声があり、傲慢な声があった。そしてそれぞれの声が僕にむかって彼女の名を告げた。彼女の名前はすっかり忘れてしまった。哀しいほど平凡な名前、としか覚えていない。
彼女はいつも受話器にむかって低い、疲れ切った声でしゃべった。殆ど聞き取れないほどボソボソとした声だった。

電話3

僕が受話器を取って階段を上り、彼女のドアをノックして電話ですよ、と叫ぶと、少し間をおいてどうも、と彼女が言った。
どうも、という以外の言葉を聞いたことがない。
もっとも、僕にしたところで電話ですよ、という以外の言葉を言ったこともない。

             村上春樹『1973年のピンボール』


夜露4





   


スポンサーサイト
saison de karo 39

ひがんばな翔びたちたいと思いいる 小南千賀子


彼岸花2


冷凍にして保存する彼岸花

ひがんばな寂しい首のつけ根かな


彼岸花1



彼岸花霊安室へ駆けつけし

ひがんばな剪っても斬っても再生し

濡れている彼岸花からコピーする



彼岸花4



水で書く遺書より震え彼岸花

                                  小南千賀子 『彼岸花』
saison de karo 38

学校へ来ない少年秋の蝉 藺草慶子

黒板


ぼくは昆虫網を片手に下げて山路を歩いていた。真夏の午後の日差しが思い切り樹々の陰影をふかめ、草のいぶきが汗のなかにとけこんできた。と、目のまえをなにか輝かしいまばゆい物体がすばしこくよぎった。蝶だ。
なにかわからぬが珍しい蝶だ。そう経験がぼくに教えた。それにしても、どうしてぼくの膝は、捕虫網の柄をにぎった手は、あんなにわなないたのだろう。

昆虫標本3


ぼくは先年の夏、学校の宿題としてつくった昆虫の標本のことを思い出した。
それは野球や皿まわしに熱中していたころとて、ぼくとしてはかなりいい加減のものではあったが、それでも二つの標本箱の中には、大腮をひろげたサイカチ(兜虫)もいれば、瑠璃色の小灰(しじみ)蝶も紅色の下翅を持つ天蚕蛾(やままゆ)もいる筈であった。それらの虫の形骸が、鱗粉のきらめきが、この世のものならずみずみずしく思い出された。


蝶 藤島武二


ぼくは胸をときめかせて、つめたい硝子蓋の中をのぞきこんだ。しかし、たとえようもない失望を味わねばならなかった。蝶も蛾も兜虫も惨めに黴につつまれており、胴体が虫に喰われていたりした。こちらでは触覚が折れ、こちらでは翅がやぶれていた。

                    北杜夫 『幽霊』

semi.jpg

saison de karo 37

夏瘦せを気球の影のとほりすぐ  大石雄鬼

気球4

   
夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり 三橋鷹女

水羊羹
   
夏痩せて無口となりし立居かな 中村苑子

金魚


気球5



saison de karo 36


泣きながら青き夕を濯ぎけり 高澤晶子


蝶