FC2ブログ
 
       の一冊
              Livre de karo

                                   一輪置いてをあとにする  植田かつじ
       IMG_4809.jpg

                                                                     newyear_c93 (2)                                
           vol.2     しい名前のをいただきました。

            IMG_4709.jpg

                    参加者たちは、詩人、科学者、ロッカー、会社員、文学者、ダンサー、まことに多彩。
                  
           みんなちがってみんな  ご存知サンのフレーズも浮かんできます。  
             IMG_4694.jpg
                                                          目次に期待ふくらむ。         

             この色とりどりの参加者たちが、一緒になって が始まります。

                    IMG_4699korekore.jpg
                     こちらも覚悟して!読むぞ。  ・・・  いの火蓋はきられた!

                           詩あり、小説あり、エッセイ風あり、短歌あり、俳句あり。 恐竜もびっくり。 


                             19862-300x300_LIkore.jpg

                        柿食えばが鳴るなり法隆寺   正岡子規

                言わずと知れた子規の一句であるが、その柿がどのような形態か、考えたことがあるだろうか。

                 丸ごと?鉢に盛られた沢山の柿? 、皮をむかれ四等分に切られた柿?

                                            フランス語的観点からの「柿食えば・・・」考察

                平光さんの文章はまだまだ続き読み応え充分!なのですが、の方へダダダダ・・。

                                 01radiocomkore.jpg

               飯まだか頭を撫でろもう飽きた我が儘ミイコの瞳は色  
                                         は理想的な猫です!  


        男子校育ちだからわからないけど多分りだと思う    
                             とっても良い感性の男子校ち。    

                  リカ

                                     ちゃんの肩関節が二周する  
                                 石川さんの句は乾いた、という感じ。

                   の唇曲がる冬の夜

                  IMG_4779.jpg
                                                     石川凍夜さんのページ

                              ラリック 浴み

                    の胸たわわなりタブララサ       
                  タブララサ、タブラ・ラーサとは、ラテン語で〈書かれていない
                        経験を持つ以前の精神のこと。

           これってさって言うの知ってる    
                           教えてあげたいがいるのですね。

                                    永井7
                          
                                                    supu-nn.jpg             
            春かなし印の角砂糖  
                        スプーン印のお砂糖って、本当に悲しい。でしょう。  

                      冬銀河沢田研二から
                         では、わたしから。

                                          entertainmentstile.jpg
                                           ジュリー最近のお写真 entertasinment-stile

          IMG_3520 (2)

                   IMG_4748.jpg
                                         和田愛さんのぺージ とてもセクシーです。

             とばして今頃見つけた缶けりの缶からえた無垢な情熱  
                                
                                     ひな7

           春近し狂ったやうに服を買ふ                            
                                気持ちわかります。 
                      
                                          し切っても切っても煉羊羹 
                                    たしかに晩春って、してますね。   

               IMG_4747.jpg
                                                     嵯峨実果子さんのページ

       syabo (2)
                     人は人と人しゃぼん玉  
                              無数のシャボン玉は、みんなのあつまりだった!
                                                
                           動物が動物を見る春の夕 

                                 美術館 常玉1901~66 絨緞の上の二頭の馬1930
                                                 見つめ合いふれあって。 常玉 

                            IMG_4700.jpg
                                     。 なかなか手ごわい。 恐竜

            こたつ ワンピース

            短日の私の分のいもの    
                          おばさんがっておいてあげようか、と言いたくなりました。

            の雪を落としけり
                      利発な高校生の詠んだ句と思いました。
                           いつまでも高校生のような句が作れるってい!

            行く春やはつけなくていいか  
                          淋しいのでしょうか、うれしい?のでしょうか。    

                            201006172149599a3_(2)_convert_20170425015909.jpg

             春雪の窓明かり母のいる  
                             の言葉には、よくおさんが登場します! 

                                       こたつ3
                    
                    こたつ寝の母は何度も「」と云ひ  西
                                  お母さんいですね。
                                       
                            テーブルの立体舟のごと
                                         だ!

                   IMG_4777.jpg
                                    

            と手術の跡を見せてくる母にお土産おまもり三つ                   
                 福田さんのお様は51才でご逝去。 

                        福田さんの研究者としての歩みを喜んでくださっていた矢先でした。

             一度だけ母を泣かせたあの夜のが言えず一生言えず

      IMG_4693.jpg
                                                     おかあさんと手を握り合う。

              149128m (3)                                        
                                       漬物がい食堂小鳥来る  
                          に美味しいおつけものなのでしょうね。 小鳥が絶妙に可愛い!

                                             ☆彡2
            流星がに落ちて解決す                                                           
                        ☆彡☆彡   流星は人事異動か、赤字決算か。 辞表か。

                     梅一輪置いてをあとにする 
                      何も言わずに去る。 詠者かっこいい。 みたいです。

                                                      newyear_c93 (2)  
                  IMG_4721 (2)
                                     カヴァをとれば、この! 恐竜も逃げ出す!

                      vol.2   に感謝。   

                                    ありがとうございました。                      
                                                                imagesKORQLH3D (2)syou
スポンサーサイト



 
 tubame2 (3)oosyou さんこんにちは 
              Bonjour Monsieur. 


                                    今年はと思ふこと  正岡子規
    IMG_4691.jpg
                                                             凧です。 念のため。

                                    hatsumoude_hamaya.png  

                     (1867~1902)は、近代俳句の出発点と言われる人。   

                           彼の業績のほとんどは病床でなされました。     

                       明治29年(1896年)、は床につくことが多かったものの、

                たまには外出することもできました。 でも、病勢がつのってゆくはあったようです。
             
                                            nenga_mark07_fujisan (2)syou  
 
                                今年はと思ふこと            

               まだ才。 は、と、心にき上がっていたのは何だったのでしょう。

                             やはり、なんとか病をして、した仕事がしたいと思っていたのでは?

                     IMG_4708.jpg
                                                             セルフポートレート子規

             newyear_c93 (2)
                       ちなみにわたしの場合、新年はお餅など食べつつ、こそ、と思うのですが、

                         お正月気分の抜けるころにはすっかりれ、また相変わらずの

                            ナマケモノルーティンにってゆくことに。


                           003.jpg
                                                   フリードリヒ    

            が取り戻せたなら、こんなことがやってみたい。 子規は短歌に託します。
                                 
               立たば不尽の高嶺のいただきをいかづちなして踏み鳴らさましを  

                        スケールきい。 nenga_mark07_fujisan (2)syou 
                                               夏の花 蓮

              立たば黄河の水をかち渉り崋山の蓮の花剪らましを   
                          子規は日清戦争に記者として従軍。 中国の地をんでいます。  
                             IMG_3394 (2)
                                            黄河ではなく横浜の水


                   派だった子規にとって、身体のかない現実はつらいことだったのでしょうね。

      晩年(と言っても35才)の「」には、東京で行ってみたいところ、てみたいものが挙げられています。

                              写真
                                    175795m (2)syou キャラちょっと新し過ぎか? 

                   自転車の競争 159393m (2)及び

         animal_lionsyou.jpg動物園の及び  149259m (2)                                                                   
                                       浅草 nettaigyo_fish_30613-300x300 (2)
                                   
                             ビール3 


                   子規の行きたい場所、 ここでは、かなり的ですね。                        

                               soraeki.jpg
                                                         凧・・・紙鳶・・・タコ
              nenga_mark10_hatsuhinode (2)                                                          
                       にひ年のさしけるガラス窓のガラス上る見ゆ  子規

        当時珍しかったガラス戸は、病床の子規のため、社中からのプレゼント。

        寝床から限られた外界を見る生活は、やがて、身の回りに生命を感じ取るへとつながってゆきました。

                                              tubame2 (2)oo

                鶏頭の本もありぬべし
                                              をとゝひのへちまのも取らざりき 

                 も、そしても、思えばこのガラス窓をして子規が見たものでした。

                       狭い場所にしていても、見えるものは見える!のですね。

                冨嶽三十六景 東都浅草本願寺
                                               葛飾北斎  冨嶽三十六景 東都浅草本願寺


                     立たば・・の願いはかなわなかったけれど、

           子規の枕辺は、豊かで自由なものでした。  い空をひるがえる凧のように・・・。
                                IMG_4714.jpg
                                                        これ凧です。 もう一度、念のため。


                         元日や吾新たなるひあり  夏目漱石

                         子規の生涯の、漱石にもこんな句が。

               子規や漱石の詠んだ願い、思いは、明治のたちすべてのだったのでしょう。

                               さん、ではまたね。  カロ

                                                       nenga_mark23_tako (2)
 
 
        歳時記
             saison de karo 

                                    年惜しむ心に変りけり  高浜虚子  
                           IMG_4652.jpg
                                 2019年 年の暮の空 ターナーの絵のよう。 どこかに憂いをたたえて。

          海の日没 jugemjpsyou
                                    ターナー 海の日没                           
                                                         imagesM2UVOJPG (2)syou
             年用意もするなとがいう  小町圭
                          なご主人。 どうしても必要な用意はボクも一緒に・・・と、
                             言ってくださることでしょう。

                                   年用意なほと主婦の用  島村茂雄
                                  こちらはな奥さん。

                                     台所7

            お正月には要らないよ。

                   のある日、マークン(ときどきするわたしのだんなさま)がこう言いました。

                        ?! なんで?  カズノコくらいなんとかなるわヨ。

               は、カズノコ、あんまり好きじゃない。   !?!  ! 

            うれしそうに食べていたじゃないの。  いや、それは他のおせち料理とかお雑煮とかで・・。

                            カズノコはあんまり好きじゃなかったんだ。

                                     

                    数の子に歯を鳴らしけり  田村木国
                             ぱりぱり。可愛い音。

                                      カズノコは音ですね。 と思えば、

                   数の子や十年終始  石川桐芽
                                     深いのもありました。

              IMG_1559syou.jpg
                   今年2019年のおせちに数の子ちらり いただきもののかぶら寿司とのコンビネーション。

                                     125417m (2)syou

          のあの頃から、お正月と言えばカズノコ、だったじゃないの。 マークンもばりばり食べていたでしょ。

                  サンフランシスコに住んでた時だって、ヤオハン(日本人御用達食料品店)で、

       日本よりいカズノコ買って塩出しして、お出汁につけこんで、に手間をかけて作っていたのに・・。

         いままでのわたしのカズノコ制作(?)はなんだったの?

                    愛情って、徒労なのネ。 じゃもいらないのね。

                     黒豆は大好きのなので、お願いします。(マークン)

                              

                            newyear_c93 (2) newyear_c93 (2)  に楽しかったツイッター  newyear_c93 (2)  newyear_c93 (2)


                       いち@freedom
                                         いち@freedomさんのツイート 本人?出てきた!  

       表情豊@hyp39
              Xmasはもう過ぎたけれど  表情豊@hyp39さんのツイート  素材的にちょっと荷が重いのでは。  

                       
                                newyear_c93 (2)  newyear_c93 (2)  newyear_c93 (2)

      いうわけで、万事簡略化の昨今、 

          数の子には、我が家の料理のラインナップをはずれていただくこととなりました。
    
             おせちと言っても、諸般の事情により、に作って早々と食べてしまうのですが・・。

                もしない、というところまで達観することもできませんが、年用意はにすることに。

              適当、って、なかなか便利な言葉ですね。

               日くらいから日頃忘れていたところ?の雑巾がけ。 

                    この間、あんまり汚れているので拭いたばかりだから、で。

          ガラス拭きは入りしては風邪を引くので、 予防?のため、軽く・・。
 
                     どんどんになってゆく年用意。  、いいか。
                                                           imagesIPNUTMD1 (2)
                            
                     requestreduce (2)syoukoko  requestreduce (2)syoukoko  requestreduce (2)syoukoko

                      @momoirousahi (2)
                                       @momoirousagiさんのツイート  どうすればいいの?   

        kanakokagayakore.jpg
               暮れになって冷え込みますね。 熱いラーメンがうれしい。 kanakokagayakoreさんのツイート 



                         🍊 🍊 🍊 🍊   hukuju_convert_20170624230613.jpg  🍊 🍊 🍊 🍊                      

        の細きを煮ればの止む  二宮夢駝  
                             詠者はわたしのなお友達。 
                   今年は可愛いお嬢さんがご結婚、うれしくもいささかしそう。        
               
         
         IMG_4639 (2)
              こちら某お友達からいつもいただくきんかん。 不作だったとのことですが、例年通りきれいでした。 

                      IMG_4677.jpg
                                             はちみつ煮の仕上がりもまずまず。 自画自賛。

 
                 IMG_3187 (2)

                                137824m (2)syou

                     ととのえるのみ年用意  小島泉山子  
                               という言葉、良いなー。 

                                       159490m.jpg

                    kuroba1 (2) kuroba1 (2)
         
                     BO RUM! PERIOD 大阪の病院食
                  BO RUM! PERIODさんのツイート  聞きしに勝る大阪病院食。 
                     ご飯、お好み焼き、みそ汁。 浪速のみなさんにはオーケイなのでしょうか?

                          コウノ@京都の妖怪 
                                     大阪が出たので、京都も。 コウノ@さんのツイート 京都の電車。 
                             みなさん平静に乗っておられますね。 さすが千年寺社の都。


                    春支度京の嫁知るや  風間さく
                                   りません。(嫁)
                  春支度は年用意と同じ意ですが、華やかな語感。 京都のしきたりはゆかしく、そしてしそう。    

         つばき000                                                                 
                           
                                黒豆にがなければ褒めちぎる  姉崎蕗子
                          年末と言えば黒豆、マークンもき。 黒豆と言えばこの句!です。

                           IMG_4641.jpg
                                            今年の黒豆。 粒いくらか小さ目。 大仏様の頭みたい。

                       お豆は光っています。 まず一晩水につけます。

             カップ2の豆に砂糖は160グラム。淡い甘み。これがカロの比率!

    最初はお砂糖半分とお塩ひとつまみ、お醤油大さじ一杯入れて さあ、にかけてGO!


                              IMG_4680.jpg
                                 おどろおどろしい感じの黒豆調理ショット。

     噴いてきたらひたすら弱火で・・・。 やわらかくなるのに、ぴったり時間! 今年は早かった。

              残りのお砂糖とお醤油もすこし。さらに30分。  

      IMG_4682.jpg
                                                           です!

                     IMG_4637.jpg                  

                          2019年、災害に遇われた方、家族を失くされた方、手術を受けられた方、
     
                カロのお友達にもいろいろなことが起きて、心配も多いでした。 

                          来年はみんながやかでせでありますように。                 

                       IMG_4651 (2)

              年惜しむ心に変りけり  高浜虚子 
                        いとは思いやる心。


                                   拙いわたしのブログに、

                        今年もご訪問ありがとうございました! 良い年をお迎えください。

                                    年もよろしくネ         
                                                         カロ

                                      imagesM2UVOJPG (2)syoysyou

 
 
   歳時記
         saison de karo 

                                  に関はりなき身なり  桂信子
          kurisumasu3kore.jpg

                                   🎄 🎄 🎄 🎄 🎄 🎄 🎄 🎄 🎄 🎄

                  が積もらないうちに帰ろうと思いながらスピードをあげ、坂を上がり切ると、

                病院の玄関脇に輝いている巨大なが目に飛び込んできてハッとした。

                             青い塊をまとったようなツリーがの中でゆったりと身をよじり、

                   何か言いたげに形を変えるのを見ていると、ふいにきそうになり・・・。


                  IMG_4623 (3)                         
                                
           目の前のに、ツリーを飾ったあたたかいリビングと食卓、こんがり焼いたローストチキン、

              パウダーシュガーやチョコレートプレートやで飾られたケーキが浮かんだ。

                      彼は美人のさんと子供と一緒にごちそうを囲み・・・。 

                                                       木戸博子 「クリスマス」

           kurisum.jpg

                                                   ☆彡2  

                   かけて海を来るクリスマス  藤田湘子 
                       クリスマスをきくつかんだ句。 

        IMG_4608kotti.jpg

                                 
              作家さん発行の文芸誌「」は、今年20号をもって終刊しました。

            木戸さんの短編小説を中心に、詩、俳句、批評など、個性豊かな書き手たちが、

                       幅広い創作を展開、質の高い誌でした。

               残念ですが、から、またそれぞれの新しいが切られるようです。

                   「石榴」19号の「」は、ちょっと、ではなく、深刻な内容。
                                                                      trees (2)syousyou
                               IMG_3232 (2)
                kurisumasunekosyou.jpg                   
                           、こんばんは

                 、美樹か  ひさしぶりじゃないか
                                                7443-300x300 (2)

                             徘徊中にを骨折した祖父が入院してから三ヶ月になる。・・・  

                      年末だから忙しかったの

                 年末?

        あのね  今夜はクリスマスなの  、ツリーも飾ってあるでしょ つまり、もうすくお正月がくるわけ

                 正月か  それはめでたい
             
      祖父は休憩室のソファに座り、緑色の病衣の胸をだらしなくはだけたまま、テレビのお笑い番組を眺めていた。  

                                             sannta1.jpg
                 くりすます2
      ☆彡2 (2)小
          い頃、画家を志したこともある趣味人の祖父は、女をつくって祖母をさせたと、母から聞いていた。

                               tennsi1.jpg         

          その日の、わたしは市内の産婦人科を受診し、妊娠三ヵ月に入っていることを告げられていた。

                          母はもちろん、つきあっている彼もまだそれをらなかった。         

                結婚もせず、将来のな目標も持てず、

                   親元に寄生してしているわたしの今回のことをもし母が知ったとしたら・・・。

                  わたしには知らせないでに葬ったつもりでいる三年前の父の浮気を思い出し、

                           怒りと悲しみをさせることだろう。   

                                   ゆきsyou

               ラジオのスイッチを切ると静寂がやってきた。 急にが激しくなった。

                             の日の夕方に、彼と逢う約束になっていた。                                                  
                                                              「クリスマス」

                   🎄 🎄   1小 (2) 🎄 🎄

                                            IMG_4613 (3)

           話し出せばたちまち雪となる言葉  杉山久子
                     さんは「石榴」を支えた参加者のひとり。
                           言葉が雪のようにあふれることってありますネ。

                       78470394_2163406567298126_6111896899256582144_osyou.jpg

                                 imagesFAJV42AJ (2)syou                        
                     
                    お祖父ちゃんは、足が治れば、専門の病院へ移ることが決まっています。

         お祖母ちゃんが亡くなって、お祖父ちゃんをひきとって以来、疲労困憊のお母さん。

              〈会社で窓際にいやられたせいで軽鬱状態になっている〉お父さん。 受験生の弟。
                  
                ヒロインは。 そして妊娠中。 〈〉には奥さんと小さな子供。

                      き方は人それぞれですが、かなりシビアな状況。  

          生誕祭
                                        ラ・トゥール


                と聖母にき降誕祭  中尾美琳
                           くても、くてもしみじみ。                
                                                                  ☆彡2 (2)小
            
                         しき星のさよクリスマス  佐藤春夫
                                       の字が痛い。

                      IMG_3292.jpg

                 ☆彡2          
                             
        お祖父ちゃんは住んだ家が忘れられません。  りたい。

                    治りかけた足でまた徘徊しはじめるお祖父ちゃんとヒロインがの中に立ち尽くすところで

                          いクリスマスのお話は終わります。 

                              これからどうなるのでしょう。 なんだかがしめつけられるよう。 
           
                しあわせになって欲しいけれど・・・。

      IMG_3234.jpg

                                     🎄 🎄 🎄 🎄 🎄 🎄   trees (2)syousyou  trees (2)syou                                

           お父さんへ   いろいろ大変でしょう、まわりの人たちも大変なことに気づいて。

           お母さんへ   い人になろうとしないで。 良い人なんていません。

           お祖父ちゃんへ  クレパスでを描いてみたら? いから、あたたかくしてください。

           弟さんへ    がんばって。

           ヒロインへ   と言ってあげますか? なら。

                                kurisumasu1syou.jpg

           冬麗のくほかはなき  井上和子
                                   マリア様もいてくれます。

                                      に関はりなき身なり  桂信子
                       、きっと、クリスマスツリーはみんなのために立っているのです!

                           kurisumasu3 (3)syou

                                          メ    カロ

                                     ☆彡2 (2)小
 
 
        歳時記
               saison de karo 

                                     討ち入りの日はに居ることとせり  大串章

        12月14日これ (2)


                   今年もあとひと月。  押し詰まってきました。

          日は赤穂浪士討ち入りの日。  
                                                 yuki1.jpg

      
         その夕方から催して夜になってから降り出したは、 一夜で江戸の町を銀世界とし、

               冬の威厳を知らせ、多忙の町をひっそりとさせたのである。  翌日は小やみになったが、

                       夜からまただった。 

               ・・・出掛けよう。 のくちびるが動いて、浪士らは立ち上がって静粛に外へ出た。

                     つめたい風が吹いていた。 

                                              大佛次郎  「赤穂浪士」     

                           515f5qzA_4L (2)     
              
            の小説「」は、史実を追いながらも、

     多彩な登場人物、用心棒、女スパイ、盗賊など入り乱れて、

                            討ち入りのへなだれ込んでゆく名作。読ませます。

                       h-6096-2 (2)                    

              事件の発端は元禄十四年(1701年)春。 

                     朝廷勅使の接待役赤穂藩主が、殿中松の廊下で乱心、

                   行事の指南役、に切りつけて傷を負わせたという事件。
   
               吉良氏は高家と言われる身分、代々儀式一般を司り、公家の作法にも通じていました。

    接待を務める大名は指南役に付け届け(いわゆるワイロですね)をする習いでしたが、内匠頭はそんな悪習をいます。

                            i4358ybq84yb-1000x570 (2)kore
                                                                    狩野探幽

  賄賂に与れなかった上野介が〈〉と、非礼を重ねたのに立腹、内匠頭が抜刀のに出たという次第。

    武家のしきたりでは、争いはが常識でしたが、吉良氏とつながりの深かった実力者柳沢吉保の意向もあって、

                 高齢の上野介にはおとがめもなく、一方、内匠頭は切腹、赤穂藩は断絶となります。

                   後はおなじみ、主君のあだを打つために命をかける浪士の物語。

                     彼等が満を持して江戸吉良邸へ夜討ちをかけたのが翌年の

           元禄年 日でした。


                              6bbb99ead35b203765d7bea855bcbb21-350x196.jpg
                                                   寛永寺の鐘。 昔も今も時を刻んで鳴ります。       
          

                   ひとつ売れぬ日はなし江戸の春  宝井其角

                      江戸の繁栄ぶりがうかがえる句は「」冒頭に引用されています。

          作者は芭蕉の高弟のひとり。 歌舞伎の外伝にも登場する文人です。 

                「赤穂浪士」では浪士の俳諧の師として描かれ、

                          討ち入り間近の源吾と語り合う場面があります。

                               sc159625fpxobjiip1syou.jpg
                                         大高源吾 忠臣蔵では大鷲文吾 強そう。
                                      源吾は子葉と号し句集や紀行文も遺しました。


              其角は、「ち入りは?」などと尋ねることもなく、のんびりと、り言のように語りました。

                                            59936 (2)
                                           宝井其角  歌舞伎忠臣蔵外伝 「松浦の太鼓」より 其角役は中村歌六

                      も、この世のものなら、いくら浴びても、平気だと思いますのさ。

               いや、人間持って生まれたように生きるよりほかはないじゃありませんか。

                      ふと、ばらばらと障子をたたくものがあった。

                                          お、だ。
                                                                大佛次郎  「赤穂浪士」 

          やわらかな生き方を説く。 武門の意地に生きるですが、師の言葉に、かにうなずきます。
       

                      201101171647324e2 (2)
                                                i-img1200x900-1569238629iz7ryw49888.jpg
             
            ながら、其角と源吾の交友は後世のフィクション。 元禄を代表する一大ページェント討ち入り事件と、

                           よく知られた俳人が、の中で結びつけられたもののようです。


            ec_snow-660x350.jpg
                                                  鈴木春信  

               
                               あれきけと時雨来る夜のの声  宝井其角
                                                           まさに江戸の

     円山応挙 雪松図屏風
                                                             円山応挙 雪松図屏風

                    山をぬくも折れて  大高源吾 
                 討ち入りで傷を負ったの作とされる句。  
                           負傷しているのに、お酒!を飲んで、ヨロヨロ。 

                          義士討入の日なりけり   安住 敦 
                               源吾句をけていますネ。

                                         橋本雅邦 (2)
                                                                   橋本雅邦  松月図

                           炉開きや庭はの跡もなし 大石内蔵助
                   大石内蔵助が討ち入り前、浪士のひとりに送ったという句。 
           茶会に紛れて密談でもしたのか、大事を前にしての心境か。 読みしたい!   

                                   ukiyoe1kore.jpg
                           大石内蔵助 忠臣蔵では大星由良助 ちなみにご本人はこんなにハンサムではなかったよう。

                      義士会やなく注ぐ柄杓の湯  大野好子
                        これも茶会の句でしょう。内蔵助句とかさなってかです。

          botanhanabirakoresyou.jpg

           大石内蔵助はが好きでした。 山科の閑居にも植えていたとか。 元禄のらしい華やかな好み。

                               美しうを咲くやぼたん  加賀千代女 
                                        千代女は元禄も末の生まれ。 な詠風です。

                                   f5915ee53e5ff3452f1a31ca2d7bf0f5-620x726.png
                                                         菱川師宣    

                      バターhaskap

                             大義よく死なしむる義士祭   岡本眸
                   20世紀のは仇討という行為をこのように詠みました。
               義士祭とは、4月にで行われる義士追悼会のこと。
                              わたしはなぜかこの理屈っぽい句がき。   カロ

                              068 (2)

                      見て義士討ち入りの日と思ふ  加倉井秋を
                        小さな天窓が句をえてかっこいい!

                                    ゆきsyou
          

          kyoukai1.jpg        kyoukai1.jpg

           を冠した俳句賞、

      第回 宝井其角顕彰 晋翁忌「俳句俳文大賞」が作品を募集しています。

                  どうぞをお寄せください。 

                   1 未発表の俳句作品句、同人誌発表作品は可です。題名をおつけください。

                    俳文  こちらも題名をおつけください。
                        (俳句一句以上をふくむ800字以内の小文、内容は自由です)

                   1、2どちらでも、また、両方ご応募いただいても結構です。

                  応募一点につき参加費二千円を郵便小為替にてご同封ください。

                                IMG_4482.jpg              

                   送り先  〒257-0024 秦野市名古木117の1「俳句俳文大賞」係

                           め切りは、2020年日です。 発表は3月下旬に通知いたします。

                2020年4月4日、其角の菩提寺 伊勢原市のにおいて

               大賞および各賞受賞者の授賞式、みなさんと選者、スタッフで記念の句会をおこないます。
           
                                   

                  宝井其角研究家、 「詩あきんど」代表 

                                  「玉藻」代表 

                            「青山俳句工場」代表 

                                           

                           作品お待ちしております。 ふるってご応募くださいませ。

            第5回俳句俳文大賞のはこちらです。 

                          http://kikaku.boo.jp/haiku/2020kuei.html


       kyoukai1.jpg kyoukai1.jpg kyoukai1.jpg
                                                
              
                  討ち入りの日はに居ることとせり  大串章
                                     それがかも。
                       もちろん〈〉は〈〉とお読みくさだい!

                                 歳末を。   カロ             
    
                                              DdJgBDOU8AA-hWK (2)