FC2ブログ
 
      歳時記
             saison de karo         


                                    をほおばって  武本明波

                 tebukurokoredai.jpg

                           1970年11月25日は、三島由紀夫が人生をじた日です。

              の初期の長編『をめぐる冒険』は、この日からはじまります。
                            
                                                            250333-232x300motto.jpg
                                 ikkosantokyo3 (4)
                  
              日のあの奇妙な午後を、僕は今でもはっきりと覚えている。

   強い雨に叩き落されたの葉が、雑木林にはさまれたを干上がった川のように黄色く染めていた。

            僕と彼女はコートのに両手をつっこんだまま、そんな道をぐるぐると歩きまわった。

                                                            村上春樹 『をめぐる冒険』

                  ぱら

                     は21才で、あと何週間かのうちに22才になろうとしていた。
                   
            当分のあいだ大学を卒業できる見込みはなく、かといって大学をやめるだけの理由もなかった。  
               
                 彼女が聞いた。 いつも嫌なをみるの? 

                    よく嫌なを見るよ。  大抵は自動販売機のつり銭が出てこない夢だけどね。

           彼女は笑って僕のに手のひらを置き、それからひっこめた。

                   本当にしゃべりたいことは、うまくしゃべれないものなのね。 そうわない?

                                 12074742_752747678191506_775377281332191485_n (2)
                                                              ファン・アイク
                              imagesYMAFH219.jpg
                    imagesYMAFH219 (3)

                  syou.jpg
                                                アンドリュー・ワイエス

                あなたと一緒にいると、時々とてもしくなっちゃうの。 彼女は言った。

                                                          『をめぐる冒険』

                                            imagesYMAFH219 (2)

                        IMG_2845 (2)
                                                                   
                                msm.jpg
                                                                   神奈川近代文学館                 
              morterhead69.jpg
              東映
                                        gahag-007497.jpg
                                                    
                        やくざ映画を愛していた三島は、1970年(死のひと月前)の対談で、

           彼がに観た映画である『昭和残侠伝 死んでもらいます』での藤純子についてこう語っている。

      藤純子がすごく良かったね。 していてね。

            一輪挿しの花がいつもゆれているような、とこちらを向いた時の表情・・・。

                                                   中川右介 『昭和日』

                                  しろやまぶき2

          人生最後の映画を観ながら、、作家もを食べたのでしょうか?  カロ

                            gahag-007497 (3)

    中川右介の 『45』は、さまざまな日本人が、、どうしていたか、それをまとめた本です。

       するのは映画監督の大島渚当時38才、作家の吉行淳之介46才、映画「座頭市」の勝新太郎38才。
                      
              三島の小説「」のモデル歌舞伎の名優中村歌右衛門53才、昭和の演歌歌手村田英雄41才。 

                       美術家の横尾忠則34才、詩人の高橋睦郎33才・・・・。

              そして、学生だった村上春樹は21才。 

          印象深かったのは、三島が最後に観た映画の女優、さんの様子でした。


                            videoblocks-red-ivy-background-footage_r-l37mmeig_thumbnail-small01.jpg


                   藤純子は、この年、25才。 (12月生まれなのでまだ24才)

        1970年に最も観客動員が見込める女優は藤純子だった。 

          彼女の人気を不動のものにしたのが1968年の『緋牡丹博徒』の〈緋牡丹のお〉である。

                                                               『昭和日』                                                                                                                               

            速水御舟kore
                                                    速水御舟


                                    imgaeaf1464zik5zj.jpg
                                                                  東映

       三島の死のニュースがかけめぐったこの、撮影所の廊下で出会った映画監督に、彼女はこう言った。

                              も自殺しようかしら。

                                          colors-of-autumn-3698273_960_720.jpg
                                                                    colors of autumn

           彼女は歌舞伎界のプリンス、尾上菊之助(七代目菊五郎)との恋愛の最中だったのだ。

                       ふたりが知り合ったのは、1966年のテレビドラマである。

                    藤の親は、東映の大物プロデューサーだった。 彼に逆らえる者はいなかった。

        である純子に近づけば殺されるとのうわさが広まっていた。 そのため、彼女に近寄る者はなかった。 

              ところが、テレビの世界では彼女をガードするものがなかった。

                 やがて共演の菊之助と親しくなり、藤は始めてに落ちる。

                             11802_lace_convert_20161006204139.jpg

                                     IMG_1047 (2)
                                 

     ふたりの婚約が発表されるのは翌年なので、ちょうどこのころ、結婚が現実のものになっていたと考えられる。

         この年の東映は彼女の映画だけで十数億円の興行収入があったとされ、

  まさにドル箱である彼女を手放せる状態ではなかった。  父は娘のと会社の利益という選択をせまられる。

                     彼女もまた父の立場と自分の幸せという択一をせまられていた。

                藤純子の引退は1972年のことである。 

                                                            『昭和日』

                                   gahag-007497 (4)
       
               koredesu.jpg                          

                  をぬけてキャンパスまで歩き、いつものようにラウンジに座ってホットドッグをかじった。

                         ラウンジのテレビにはの姿が何度も何度もくりかえし映し出されていた。

             ホットドッグを食べてしまうと、もう一杯ずつコーヒーを飲んだ。

                                                     村上春樹  『をめぐる冒険』
                                             imagesYMAFH219 (3)
            OR3O1.jpg   

                       三島忌の帽子のなかのかな   攝津幸彦
                    攝津幸彦は村上春樹より年長です。  幸彦はうどん、春樹はホットドッグ。

                                              41A5r-uMFPL__SL250_.jpg
          IMG_3114.jpg

                          juon11.jpg
                        
            imagesYMAFH219 (4)
                                                  illustrain05-onigiri01-150x150.png   
                                
                   おむすびのなにもなき三島の忌 橋本榮治 
                            大きな梅干しが入っているかと思っていました。

                             IMG_3072 (2)
                      
                                                      27803606_1 (2)
                                                              中央公論

                      
                       をほおばって  武本明波
                    明波さんのポップコーン、憂国忌という強烈な言葉に負けていませんネ。 !!


              ホットドッグ、コーヒー、うどん、おむすび、そしてポップコーン。

                        日。

                                                    gahag-007497 (2)

 
スポンサーサイト
 
        今月の  月のねこ
                   Chat du mois  Chat octobre
                                   

                                      秋猫の目のほどに恋ひわたる   飯田蛇笏

                         IMG_3034_LI (7)
            023-thumb-160x160-23 (2)                               
                               amaterasu3.jpg

                        IMG_2917.jpg 

      は公園通りあたりではもっとも長命なメス猫で、小公園に面したマンションの入り口にいつもいる。

        私がここに越してきてから十八年目だけれど、その時にもう、を連れて歩いていたから、

                            なくとも十八歳以上ということになる。
                                                           早坂暁 「アマテラスの最後の旅」


                 20140326154405082 (3)kore小20140326154405082 (2)
                                          ブラームス10 (2)

       は人間だけの視線と思っていたら、 はどこで学習してきたか、ちゃんと流し目をする。

                   さらに口の上に、つけのような黒い斑点もあって、風でもある。  

                                   imagesYMAFH219 (2)
                                               Twentieth Century Fox Film
                                                                  Twentieth Century Fox Film

          amateras8.jpg

                                     utamaro010_main (2)
                                                                   喜多川歌麿
             
                 人間が見てもっぽい猫は、 猫が見てもっぽいらしく、

                        アはいつもオス猫に囲まれ、さながら女帝のようにして生活してきた。 

                    IMG_2916.jpg 7805-300x300.jpg 
                                                                               
                                              NAGASIME
                                                   女帝じゃなくて女王クレオパトラです。

                              たぶん、公園通りに住む猫をたどれば彼女にたどりつく。 

         つまり彼女の娘、息子、さらにたちであるから、わたしはと呼んできた。

                                  20140326154405082 (3)kore小 20140326154405082 (3)kore小 20140326154405082 (3)kore小  20140326154405082 (4)

                  安田靫彦 卑弥呼
                   アマテラスさんの画像はいまひとつイメージ通りのものがなく・・。
                         これは安田靫彦の「卑弥呼」。 見てきたような存在感はアマテラスっぽさも。


                             の流し目強き日必ず雪降る   夏石番矢
            イザナミはアマテラスのお母さん。 やっぱり流し目はと関わりがあった! 

                                                  himiko.jpg
                                                           卑弥呼アップ さすがの目力

                                          022-thumb-160x160-22 (2)
                    脚本家は猫好きで知られていました。

                           ことに、近所のたちに愛情を注いでいたようですネ。   カロ
                          
               kyoukai1.jpg           kyoukai1.jpg
                           
                                              
                                の年齢をに換算すると、

                                      

                            一か月             一歳

                             二か月             三歳

                  simple_leaf3.png
                            三か月             五歳                  

                             一歳               十八歳     
            
                                  枯葉

                           十歳               五十六歳           

                           十五歳              七十六歳

                                                       022.jpg
                           ねこ老4     
                                                                
                                    獣医さんに教えてもらった。  

                           十七歳以上となると、つまりさん、さんクラスですね。

                    クラスというのだ。
                                                               「アマテラスの最後の旅」

                                      keirou_woman2.jpg  keirou_woman2.jpg
                                 024 (2)mottosyou

                老残の恋猫としてけるかな   安住敦 
                                 アマテラス晩年の恋はどんなにやかだったでしょう!

                 IMG_2912.jpg

                                   IMG_3014_LI (2)

                                        amaterasu4.jpg

         アの様子がおかしいので、 ここ数日はできるかぎり彼女のそばから離れないようにしていた。

                   もない。 人間なら百歳もっと、なんだから。

            ・・・ は、もう食べることも、水を飲むこともしなくなった。

                好物のマグロの中トロを置いてやっても、口を近づけようともしない。

                              masuosan1192.jpg
                                                                masuosan
                    が身を起こした。 ゆっくりと後を追った。

                      公園通りの猫たちとずっと付き合ってきたけれど、

                          猫たちは一度だってどこで死ぬのか教えてくれなかった。

                                       グエン・ジョン 青とバラ色の上のネコnekosyou

                みんな、姿を消してしまうのだ。

                            巡査も、ブックも、カルメンも、オートバイも、(みんな猫の名)そうだった。

                    はよろめいては立ち止まって休む。 彼女は、ここ数日ろくに食べていない。

                        彼女は線路にぶつかったところで左折した。線路ぞいの長い坂を上り始める。 

                                  に明治神宮が見えてきた。 
               
                    juon10.jpg

                                kouyou2.jpg


                、そうか。あそこなら、立入禁止区域なので、誰の眼にふれることもないのだ。 

           まだ坂道が続く。のろのろと、は登ってゆく。

                                 2e39bdd79aaf79fafb12f372fddaffa1.jpg

             うずくまり、立ち止まる。そしてまた歩き始める。 わたしはきそうになっていた。

                       人間はするばかりだが、君たちは立派だなあ。

                                kurumanews.jpg
                                           022-thumb-160x160-22.jpg             
                   photo0000-0461.jpg

                     024 (2)mottosyou

    はとうとう坂を登り切った。  あとは、車道を横切るだけた。 だが、車の通行がはげしくて、とても渡れない。

              抱きあげようと近づくと、はもう車道に足をみ出していた。 

     私はあわてて車道に飛び出し、 車に向かって手を振った。 ! 止まってくれ!
                                                            imagesYMAFH219.jpg
                           c145de6e-l.jpg
                   023-thumb-160x160-23 (2)  

            ブレーキの音を立てて、車が次々に止まった。 さあ、渡れ、渡るんだ、

               奇妙なの男が両手を挙げて車を止め、その前を、老衰著しい猫が、と歩いている。

               非難の警笛は鳴るが、私には振り返る余裕も勇気もない。 抱き上げればすぐに渡りきれるが、

          彼女がを絞りきって行う最後の儀式に、手をさしのべることは無礼なような気がしたのだ。

                                shiro200603 (2)

                                    amatera6.jpg 

               とうとう、は渡り切った。  彼女の前には、コンクリートの柵があるだけである。

                          彼女は神宮ののなかに入っていった。

         kyoukai1.jpg
                                 IMG_3014_LI (3)
                                                          kyoukai1.jpg      
                                                         
                 ! 私は呼んだ。 もう一度ふりむいて欲しかったのだ。

                   しかし、彼女は足を止めただけで、森の闇に入っていく。

                      さようなら。 ・・・。

                                               闖奇シ穆hodoco_convert_20160924193730


       生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めにく、死に死に死に死んで死の終りにし。

                          弘法大師の最後の言葉だそうである。
                                                          早坂暁 「アマテラスの最後の旅」


                            aki4 (2)

                                                                   
                                        IMG_3004 (2)
       
             猫下りて 次第にくらく なる  佐藤鬼房
                    猫が登ったままなら、いつまでもいつまでもれでしょうか。

                                     秋猫の目のほどに恋ひわたる   飯田蛇笏
                          ひわたる・・・猫に捧げられたこのみやびな言葉。
 

                         2011102713541585c.jpg
                               
                                                  amaterasu8.jpg
                         
 
         歳時記
              saison de karo 

                                     摘み足してみてもしきかな   黒川悦子
          
              yonyosama.jpg
                                                                      yonyosama    
                  
                  きれいな。 政夫さん、・・・私ほんとうに野菊が好き。

                     僕はもとから野菊が大好き。 民さんも野菊が好き。

私なんでもの生まれ返りよ。 野菊の花を見ると身振いの出るほど好もしいの。 どうしてこんなかと、自分でも思うくらい。

                   民さんはそんなに野菊が好き・・・道理でどうやら民さんは野菊のような人だ。

                           土田麦僊 (2)
                                                            土田麦僊

                    民子は分けてやった半分のを顔に押しあてて嬉しがった。  

政夫さん、私の様だってどうしてですか。 さアどうしてということはないけど、 民さんは何がなし野菊のような風だからさ。

              それで政夫さんはが好きだって・・・・。 僕大好きさ。

                                                      伊藤左千夫 『野菊の墓』

                     pleza1.jpg

                 野菊、野菊、野菊がいっぱいの素朴な文章、いいですね。

                 。 題名を聞くだけでうるうるしてくる明治の初恋物語は、

                       アララギの歌人であった伊藤左千夫の残したです。

                                             orieoriginal.jpg
                                                                  上村松園
                     kiku

          ご存知、いとこ同士のふたりですが、 

               政夫が中学の寮に入っているうちに、二歳ばかり年上の民ちゃんにが・・。

                     死産のすえに彼女はを落とします。 涙。

                                       tuyu.jpg

                  IMG_2889.jpg

                        650x_51382937.jpg
                              

                 千葉県、例の矢切の渡しなども登場するお話の中には、

                    日本の自然描写もいっぱいです。

                      これは、で山へ綿摘みに行った際の楽しそうな様子・・。

                                            plaor.jpg
                                                                    plalor

               民さん、ここまでくれば、はあそこに見えます。 これから僕がひとりで行ってくるから、

                 ここに待っていなさい。僕が見えていたらいられるでしょう。

                   ほんとに政夫さんの御厄介ですね。 そんなに駄々を言ってはすまないから、

                 ここで待ちましょう。 野葡萄があった。

            unwanted and unloved
                                 unwanted and unloved                                            

                   僕は水を汲んでの帰りに、水筒は腰に結いつけ、
             
                四、五十と野葡萄を採り、の花の美しいのを見つけて帰ってきた。


                IMG_2893 (2)
                                   あけび。 いただきもの。 山形より。 

       
                             の実青きはに置いてくる  池谷秀子
                                 通草は。 なんときれいなむらさき色。 

                                             IMG_2899.jpg
                                         あけびの中はこんな感じ。 形はナマコ風。 ゼリーのようなやさしい味でした。


                   kotobank.jpg
                                                     kotobank

                  民子はの花を手に採って、

                      こんな美しい花、いつ採ってお出でなして。 竜胆はほんとうによい花ですね。

          わたし、急に竜胆がきになった。 ・・・やがて、何を思い出したか、ひとりでにこにこ笑い出した。

                 民さん、何です、そんなにひとりで笑って。  政夫さんは竜胆のような人だ。

                    どうして。 さアどうしてということはないけど、 なにがなし竜胆のような風だからさ。

               民子は言い終わって顔をかくしてった。

                                            komeri.jpg
                                                         komeri
         
                    それでさっきの仇討というわけですか。 口真似なんかおそれいりますナ。

            しかし民さんがで僕がとは面白い対ですね。 僕はよろこんで竜胆になります。

                   それで民さんが竜胆をきになってくれればなおうれしい。
                                                             『野菊の墓』

                      dahunisukuroe.jpg
                                       シャガール 『ダフニスとクロエ』

               wikipediaorg2.jpg

                           忘れられない会話。 でも、ふたりのその後はましい。

                   数年後、政夫が帰郷したとき、彼女はこの世にいませんでした。 また涙。

                                                nogiku3.jpg

                     のみにふれてゐたりけり   中田剛
                                 な人のお墓か、それとも誰とも知れぬ人の。
                                 
                               紫苑     

            のやうな仏壇日和  池谷秀子
                               色の菊を供えてあげて。

                IMG_2886.jpg        
                     あけび句でも登場、 池谷秀子さんの新著 『ジュークボックスより』。 
                           ジュークボックスからは野菊もあふれそうです!    
                         
                               wikipediaorg2.jpg  wikipediaorg2.jpg  wikipediaorg2.jpg                  
          
                       僕はを上げを上げを注いでから、墓の前にうずくまって心ゆくまで拝んだ。

                見舞ってやりたかった。会いたかった。

                       僕も民さんに会いたかったもの、民さんだって僕に会いたかったにいない。

             民さんは嫁に住っても僕の心に変わりはないと、僕の口から一言いって・・・。

                                                                     『野菊の墓』

                     rudon.jpg
                                               ルドン オフィーリア

                                    yuga01.jpg  
                                                                 
               有る程の投げ入れよの中  夏目漱石  
                               漱石が悼んだのも、彼のの人でした。 
                     
                                              mone  

                  nabesho.jpg
                                                           nabesyo 

            昔読んだ時は、人目があるから仲良くしちゃダメ、というお母さんや親戚縁者、
                 
                      なんとな、と思ったものですが、

        久しぶりに読むと、やさしく涙もろい村人たちでした。  最近カロもまるくなりました。

                       kakehisa1
                                            竹久夢二
                  
                    摘むことをれてみまかれり   柿本多映 
                          野菊を摘む・・・さかった頃に何回か。 また摘んでみたい。
                               
            
                                     摘み足してみてもしきかな   黒川悦子
                      一輪でも淋しい。 百輪は淋しい。

                                    nogiku111.jpg

                       wikipediaorg2.jpg
 
         歳時記
                 saison de karo 


                                   の穴より見ゆるの海  肥後直美 

                do2.jpg
                                                              ドーナツと秋の海と雨とカモメ

                                          キャンディk                                                             
                  べることが一番うれしいわ。

                           おいしいものを食べるのがわたし一番よ。   

                                                       武田泰淳 『ものう女』

                 do1.png      343044b7e2e553a32fb080facecbaf0f.jpg

                         房子は、神田の喫茶店でいているので、自由に気楽に会いに行けます。

                 その喫茶店へ出かけ、の席に腰をおろすと、彼女はすぐお辞儀をしてからを聞きます。

           それから、注文台の向こう側のボーイに、わたしにも、ひとつくださいな、とたのみます。

                  tabe.jpg

                                    0dc09001.jpg

                    bread_ta06.jpg

                  ガラスの容器の中に、チョコレートなどと一緒に並べてある

           ボーイがひとつつまみ出してくれる。 おいしそうに、彼女はを食べます。 まるでその瞬間、

                 この喫茶店の中には彼女としかなくなってしまったように・・・。

                                                                 『もの喰う女』
                  150611-turuta-akaiyosooi.jpg
                                    鶴田一郎
                                                 illustrain10-okasi10.png                  

              りの。 武田泰淳作『』は、美味しいものがいっぱいの季節に!のお話。
              
                   なヒロインは作家のガールフレンドです。

                       戦争でを失くし、兄夫婦の家に居候している彼女は、

                          ものを食べるのが一番のしみ。 健康的ですね。

                                yjimage.jpg

           衣食住も貧しい頃の日本。 少女は戦後世代の可愛いシンボルみたい。

              お寿司、ドーナツ、砂糖菓子、巻パン・・・。 読んでいると、こちらまでが出ます。


                       することがあつて鮓  細川加賀
                                     することって、いっぱいべることかな。


                    たまの休日、ふたりのはひたすら彼女の食欲を満たすために・・・。

                             ビール3

                   私はビールを飲みながら、房子が三皿の寿司をたいらげるのを眺めていました。

                                                                       『もの喰う女』
 
          sozai free3sozai free2sozai free1
                                                             sozai free
                         

            房子の体は小さく、肉付きがとくに良くもなく、のように弱々しいところがあるのに、

                           実にうれしそうにしてべました。

                 Tさん食欲ないの?  いろんなもの食べて楽しくない?  これ食べていい?

                                                  、僕は飲むと食いたくないんだ。

            gorillaclinic.jpg

                                          ajihonpo.jpg
                                                                      ajihonpo
             雑踏にもまれてきながら、彼女は露店で菓子を買いました。

                      映画を観て、を食べました。

                                                sw01-02v.jpg
         IMG_2845 (2)

                新劇をやりたいの、わたし。 、今のようじゃ忙しくて練習に行けないからダメだわ、と言い、

                    空を仰ぎながら、 が食べたいな、とつぶやきました。

                                              ポ15

              の駆け入るミナトベーカリー  杉山久子 
                            美しいもの、少女の靴と焼き立ての。 

                               akebono.png
                                                              akebono

                  を買い、その袋を抱えて、とんかつ屋に入りました。

                     ソースのかかったと持参のパンで日本酒を二本飲みました。

                          わね。 彼女は興奮してくり返しました。

         po-k.jpg
                                     
                      接したいな。 いい?  とたずねると、うなずきました。

                           、何でもないもの。そんなこと。

                               kuti.jpg
                                                      ghiaccioli (2)

               ホームでを買いたいというので、残った札を渡しました。

                  ・・・彼女はやさしく笑って、あなたをきよ、とふりむいて言うと、姿を消しました。

                                   たまご                                                                  

               あれは何だろうか。彼女の示したあのさは何だろうか。

                  も、あれはお礼なのではないか。とんかつ二枚のお礼なのではないか・・・。

                                                                武田泰淳 『もの喰う女』

                        illustrain10-doubutu25.png      illustrain10-doubutu25.png

                   
                               nikkeistyle.jpg
                                                           nikkeistyle                                    

        は代表作『ひかりごけ』など、厳しい著作で知られる作家です。

            戦後、スランプに陥っていた彼は、生命感あふれるひとりのに創作意欲をかきたてられました。

               のちに彼の妻となった少女は、作家の人生とを支えます。 やっぱりは基本ですね~。


                      CsrZyd-UkAAuvZ2.jpg
                          武田泰淳と妻百合子  とても幸せそう。 テーブルにうな重があるせいか・・。
  

               、美味しい秋の句を。

                                         juon2.jpg

                        くり           
                   
                 マロンパフェ彼女はから食べる  紀本直美   
                            それで!   
                                             くり                                                        
                 IMG_2866 (2) 
                                 
                        衣被にあまえられゐたり   大石悦子
                           は剝くのも手間。 その手間が愛情でございます。 主婦カロ
               
                                  koimo1.jpg
                                                       洗うのもなかなか大変なんです。
                            
            yokohama.jpg

                             色に肉は積まれしのごと  松本恭子
                                  と肉はまさに薔薇のように微笑んで・・。
 
                                               秋刀魚
             新さんまつきやすきさもて  駒木根淳子
                  の文字が目に沁みます。

                                     磨きしあとの食欲虫  関根誠子
                             だけかと思っていたら。 

                                          adpDDSC_6321-750x499.jpg
                        ghiaccioli (3)
                         
 
      の一冊
            livre de karo
                                 
                                のはじめのしぶくごと  対中いずみ

                 remon14.jpg

                              remon12.jpg
                                         1kinngyio.jpg

                        remon5.jpg

                  のある日、さんから水色のうつくしい句集が届きました。
                
                       まさに檸檬のようにしぶき、ほとばしる言葉に・・・。

                            対中いずみ句集『』からしたたることばをご紹介します。      カロ

                      
               小IMG_2789


                                     MushroomHunter.jpg                                         
              
                           色の雨のせてゐるかな
                                     は肌色、茸は何色でしょうね。 
                             やさしい物語がまりそう・・・。    

                                        la painture jugem

                             『不思議の国のアリス』 きのこを食べると、アリスの体はぐんぐん・・・!


                            careertrek.jpg                          

                の小玉は小玉ばかり吊す
                           姿のそろった玉葱たちはのように仲がよい。

                illustrain05-yasai10 小  illustrain05-yasai10 小  illustrain05-yasai10 小

                               IMG_2837.jpg

                  粉吹芋にと秋の風  
                              わたしには、とてもこのように句をすることができません。
                   彼女に詠まれたじゃがいもとはなんとしあわせなことか。

                551921_440763709307264_714601380_n.jpg

                                            young-woman-on-the-beach.jpg 
                                                                  ムンク
 
                                       remon12.jpg
                                                                      
             いずみさんの言葉はいつもえめ、 人の気持ちをしのける、というところが少しもありません。

                それどころが、 自分の言葉の気配さえ、してしまおうとするような

                               詠ったあと、しずかに離れてゆくさえあります。

               追いかけて捕まえていなければえてしまう・・・。いいえ、

                      たしかにを触れていたはずなのに、いずみさんの言葉は そこにありません。

              そんなストイックな在り方が、彼女のを何にも代えがたいなものにしています。

                       こうした言語の展開は、、それも感性の際立つ女性にだけ、

                               ことなのではないでしょうか・・・。


                   remon1.jpg

                   
                                   のはじめのしぶくごと    いずみ

               いずみさんの、内にく秘められた言葉への情熱があふれだしたと思われるのが、

                       の句。  檸檬と言えば、あの美しいが浮かびますね。

                                                              remon11.jpg

          そんなにもあなたはを待っていた  かなしく白くあかるい死の床で

           わたしの手からとったひとつのレモンを あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ

            トパアズいろの香気が立つ ・・・・・

            深呼吸を一つして  あなたの機関はそれなり止まった

             写真の前に挿した桜の花かげに すずしく光るを今日も置かう

                                                      高村光太郎  「レモン哀歌」

                            img_5_m.jpg
                                          高村智恵子

                   remon11 (2)
 
      詩人、彫刻家、高村光太郎の妻は、自らも画家。 日本最初の女性誌『』の挿画も手掛けていました。

   女性が芸術に立ち向かうことのしかった時代、きびしい生活や製作上のみが高じ、彼女は心身を病みます。

                     道半ばで力尽きた智恵子をむ光太郎の詩。 

                                  のレモン。 そして、さんの檸檬。             

                     180px-1st_Issue_of_Seito1911.jpg
                          高村智恵子画 『青鞜』創刊号

                                   虹3 (2)

                     秋めくや斑点多き 
                                  うつくしい班は、うつくしいのうつくしいのことか。                      

           琵琶湖のにお住まいの俳人にとって、湖を詠うことはライフワーク。

                    檸檬のも、湖水の一滴なのかも知れませんね。

 
               remon6.jpg
                      俳誌『静かな場所』  可愛いねことレモンの水彩は画家作。

                                          remon12.jpg
                                            
                   いずみさん発行の誌「」。  さらりと清楚な冊子に、

       さん、さん、さん、いずみさんの句、さんの研究、

                      そしての作品の重奏が流れています。

             この静かな場所が育んだ句が『』なのでした。

       いずみさん、といえば、その師さんが思われますが、

                ここでは、いずみさんご本人の言葉にさせていただきました。

                          故田中さんも、それをんでおられるように、カロには感じられて・・・。


                                  小IMG_2788                       

          kitchen art
                                     kitchen art    
                                  
                        人待てばからだかな    いずみ
                            を待つのか、しずかに体をかたむけて・・・。

                                              remon8.jpg
                                                                    ルドン
                     131649gqdrnuqd85u4v44v.jpg
                                        ルドン 

                                                 に石段があり渚あり
                                    どんぐりにはも、そして宇宙もある。

   
                                          hiraoka park
                                          左コナラ、右ミズナラのハカマと本体、だそうです。hiraoka-parkさんブログより
                   
            fairy-tales-paul-klee.jpg
                                         クレー
      
                            紙コップねててて天の川
            わたしはこの句の前でいろんなことを思います。紙コップと人間の、そしてことの意味。
                                                     

                仰ぐ猫の粗相をひつつ  
                               いずみさんも猫家の由。

                          remon12.jpg

                                    ねこの墓2
                                                      sosou しました。 すみません。 ねこ     

                               0602 (2)
                     
                       言霊のはじめのしぶくごと    対中いずみ        
                 
                  俳句は瞬時を詠うものですが、いずみ俳句に切り取られた世界のには、

                    言葉によるが実現しています。                   カロ                           

                          IMG_2819 (2)
               
                                                       remon12.jpg