の一冊
                livre de karo                


                  れし日も白梅けてゐたりしか  吉村毬子


                           梅5

            梅scontent小
                           俳人の季節にれました。

                       今年、吉村さんはその日をえることはありませんでした。

                     昨年7月に逝去。 療養中でした。

                        数年前、吉村さんが著作を送ってくれて以来、

                           わたしと彼女はの書簡のやり取りを続けてきました。

                        好きな作品がかさなり、彼女のなことばは、

                           わたしをはげましてくれました。                  カロ


               梅11
                                                      吉村毬子 『手毬唄』
           

                     の梅 と真水に還る  吉村毬子

                                        まだ五十代。 こんなに早く・・・。 惜語は尽きません。


                                     梅2        


                       虚空にての二月十五日           毬子
                           
                            のものらに抱かれ流し雛

                                     指切りのかなや鳥雲や

                                                  
               梅yokohamano


                               の中で土のを聴いてゐた   毬子

                          鳥や雲をして雲になる

                水鳥のる手毬唄  


                               二月9
           

                    感覚的で緩みのない言葉、句はうつくしく、ふかく、そして、どこか淋しかった。


             梅10



             梅のに梅の花咲くをまことに知るはたはやすからず   岡本かの子


                熱海から武蔵野へ帰って来てから二月の末にが降った。

           雪はただいのよ。 熱海のとおんなじに白いのよ、けど積るとそれが白いままにるのよ。
 
       白いいろ、白いものはただ。 白ばら、白百合、白壁、白鳥。 紅いものには紅百合、紅ばら、紅珊瑚・・・。

                                                                   岡本かの子 『明暗』

 
                 ピアノ5


              の短編小説「」で、雪や梅の白、ばらの紅を語る妻。 彼女の夫は目が見えません。

                     外界の色を伝える妻へ、夫はしい表情を向けます。

                                           la naige en poems2 

                は視力をはさんで異なる世界に在ることに悩みますが、

                     やがて、互いを互いのままにけ入れ、

                           妻の信頼は、夫の音楽の才能を開かせます。

               
                    梅3小

             の樹にの花咲くをまことに知るはたはやすからず     かの子


                       とは運命のことか。
                      
                     の花がの花である〈ことわり〉を知ることは、

                 自他が認め合い、することへつながってゆくのでしょう。                
                                                                           カロ               

                                  6b77fe13f7060f9069160fff70d5b1ec.jpg
                                                                       尾形光琳        

                            neko_008_07_sn.jpg

                                  
               へ、女性俳人たちの、そしての句も・・・。
                             
                    梅1
                                    吉村さんと同年代の女流が、最近送ってくださったポストカード。 福田平八郎画


                        つめたき石に腰かけて  池谷秀子 
          。 たい。 端正な音韻と切れ。 女性の献身とプライドが句に両存しています。

                                                                               
                              梅7
                   

                             白梅のかゞよひふかくこゝろ   桂信子
                  春にんじて咲く梅。 的な詠み手であった信子が感じ取った明るい予兆のなかの



            夕空のるばかり梅咲けり  金田咲子
                                 え入るとは、なんとかでしいフレーズでしょう。


                              ume022001-thumbnail2.jpg

                                        2010071921240111e (2)

                                                 img_151204_01.jpg    

                                                      
             乳房はか白梅か   栗林千津
                                     も欲望もことばも、闇の中で白くえています。 

                     
                        夜は白梅の香を放つ  山﨑百花 
                                           白梅のは、天女の手から生まれてくるよう。


                                                 a2c58a8d4a13c60a952b5a42bfe095e4.jpg
                                                                      土門拳
                      梅4


                                の人となる一本の見て  手塚美佐
                                               野に立つ梅は・・・きっとちゃん。



             blog-list-160112-001.jpg
                                                      尾形光琳 『紅白梅図屏風』


               紅梅の咲き白梅を   野澤節子 
             紅梅と白梅は並んでいてもいのですね。 作者もこの屏風を思い浮かべていたのでは?
                            

                     梅8

                                          梅9 (2)
               

                  白梅の一枝のれて変る   工藤たみ江
                           女性のエポックメーキングなが世界を変えることみたい。


                              梅6
                                                     白梅のつぼみは萼の紅とともに。

 
                         れし日も白梅けてゐたりしか  吉村毬子
                           吉村さんのことばは、いつもわたしとです。

                                                                            
                                             梅12

                                    梅scontentsyo

スポンサーサイト
 
     の一冊
               Livre de karo


                           の少年の白くなる   西躰かずよし

                海3
                                                                西躰かずよし 『窓の海光』


            西さん(1972~)のうつくしい句集『』には、

                 がありません。 


                                    私のん中にが降っている  かずよし 


                            バター3小
                                                   冬 2018 yokohama

                                                        
        所属誌ホームページの欄には、こんな風に書かれているだけです。

          京都府に生まれる。それから、なことがあった。

         朝、コーヒーを飲み、夜、グールドの弾くを聴いた。最近、めのように句を作るようになった。 
                      
                                                                      西躰かずよし 


             街やさしくなる弾く   かずよし


                            ラウラル・デュフィ1877~1953小
                                                            デュフィ     
                                 

                    わたしたちは、だけに頼って西躰さんに近づいていかなければなりません。

                        、本当はそれがあたりまえのことですよね。       
                          

                                             s-l300.jpg
                                                          マチス ニースの窓

                         に置けば     かずよし        

                          俳人はです。わたしも黙って書き写すことにしたいと思います。  カロ    
                         

                Mary Morgan Mortan
                                                      Mary Morgan Mortan                       

                  いに行く父子                      かずよし         

                                     の高架あるのまち


                            ravello-ceramic-lemon-plate.jpg


                                           二月3

                       IMG_0442_(2)_convert_20170601225103.jpg

           
                     のあかるいのいろ                  かずよし

                                無理の出来ないを見に行く  
                                                            
                           鉄格子に燃やす

                  もない手のひらがになる


                        二月2
                                                           yokohama


                      一日八回のに馴れる     かずよし

                          なタオルをもらう

                               一日のパンをに分ける

                      明日することをさがす

                             洗面器にを入れる

 
             時雨 naniyokisetsu (2)

                            小クレー 花ひらく木をめぐる抽象 1925
                                               クレー                                        
            
                            な折り紙でつくる               かずよし
                                                       
                                    までの廊下が

               もない部屋にがみえる 

      
                          海2
                                                            西躰かずよし 『窓の海光』


                                         Jeff-Hoare-A-sea-symphony-1866036.jpg
                                                                    jeff Hoare               
                   空0l (2)
                   
 
                        西躰さんの句体は五七五を守る定型をれたかたち、いわゆる自由律です。

                       でも、彼には、自分自身で決めて守っている詞のがあるようです。

                  それは、えば、

                           むずかしい言葉を使わないこと。

                         なるべくない言葉で句を作ること。

                       をつかないこと。

                    誰もつけないこと。

                自分を、、誰かをめるために作ること。

                              わたしも、められました。 ありがとう。
                                                             カロ

                            海0
                                         西躰かずよし 『窓の海光』


                                      二月1
                                                                        yokohama
                    
              
               4二月
                  この冬出会ったスタイリッシュな女性。 お顔を出しても良いとのこと。 ありがとうございます。カロ yokohama    

                                           海4 (2)
                                                愛らしいリップ、パールイヤリング、ばら色の頬。お元気で!


                  二月5
                                                        yokohama
                                    

                           冬の終わり     西躰かずよし 


               バター4
                               yokohama   

                                   海5
                                                                       

        の一冊
                Livre de karo


                   シスターの作りしバター  遠山陽子


                    雪


                                           stick_of_butter_l1.jpg      

                  世界のにあるで、

                         、作られたバター。

                    色ののシスターたちの手から生まれたのバター。


                        st-elizabethファン・エイク
                                         ファン・エイク Penn Arts and Science

                                       36a444bded103dfb71aaccecb9ace9fb (2)


              の個人誌 『』 号でかがやく出来立てのです。


                             バター2
                                                「弦」40号 2018年1月1日刊

                                                         mediadpublicbroadcasting (2)小

             クリームのしたくができると、は、長い木のつき棒をよくあらい、

               かきまぜ鉢につっこむと、木のふたをかぶせました。

                 は、つき棒をなんどもなんどもあげたりさげたりします。

                   は長いことそれをつづけます。

                     が休んでいる間、メアリーがときどき交代しますが、
                      
                       ローラにはまだ重すぎて、うまくあつかえないのです。

                                         ローラ・インガルス・ワイルダー 『きな森のさな家』

                    バター8
                                                    バター作り 『大きな森の小さな家』

 
                  、かあさんが木ぶたをとると、

                      のなかには、金色のかたまりになったバターが、
             
                            とっぷりつかっているのです。               
                                               
                         はしじゅうふり、家の壁まわりに吹きよせ、土手のように高く積もりました。

                    には、窓ガラスに、木や仙女のような形のきれいなの絵が一面についています。

                                                               『大きな森の小さな家』


                                bc75f9b963593a88c98be4fd6c1d0287--folk-artists-grandma-moses.jpg
                                                           グランマ・モーゼス                                              


                     アメリカ時代に少女期を送った作家インガルスがつづった、そして
            
                           たちも、こんな風にバターをつくってきたのでしょうね。


                              バターシュヴァ―ベ
                                                             シュヴァ―ベ    
                

           既作より 雪の句を。
         

                             雪のひして自画像は   陽子
                                        雪が降りだすと、何かなことがおこります!

                            バター9
                                        ダ・ヴィンチ モナリザの手
                                           左手の指の数が微妙と言われています。


                                               ng1314_5.png
                                                               ホルバイン 大使の指
                                                         剣の柄がもう一本の指のよう。


                            リカ

   
                    人形にあるかと春の雪  陽子
                                         すばらしい疑問。 お人形のつむじの

          
                       バター6


                 三分粥積らぬほどの降りて                    陽子
                 
                        死顔の褒められてをり雪
               
                  淡雪のに逢ふ
                                                
            雪の日のを思ひけり  

                                    死と、そしてを思わせる四句。   


                              バター11
            


                        『の朝食』   与謝野晶子

               顔を洗うた親子八人 二つの卓袱台をかこみませう
   
                          お早う お早う
                 
                 いつもの二斤の仏蘭西パンに とジヤムもある 三合の牛乳もある


                                20130320010824981 (2)


                verre-de-lait-1_5897601.jpg
                                                                    

                       珍しいの御飯に 参州味噌のしゞみ汁 うづら豆
                       
                                それから新漬の蕪もある
                      
                みんなきな物を勝手におあがり ゆつくりとおあがり たくさんにおあがり

                                                            『日曜日の朝食』


                             d5371d4c19320656d1de0d508c1b24ce70a68e32_72_2_9_2.jpg
                                与謝野晶子と子供たち。この後、5人生まれて、11人の子だくさん。 母は強し!
                                                                                      
                                   日常を素朴に詠うと、

                               死にたまふことなかれ、と詠うは、

                                    同じです。

                                      らかなシスターとバターの句にも、
 
                                   に、けがれない存在を破壊するものへの

                            な母性の抵抗を感じます。                               
                                                             カロ

                                                  20110117164826276 小                                                                            
                               Louis Icart
                                            Louis Icart                         

                                   『』 号 ラインナップ

                            高野公一 『永遠の』 『の荒海』

                                 佐藤文香 『のなかの三橋敏雄』

                                    我妻民雄 『無季

                                           高橋龍 『の俳句』

                                  遠山陽子 『三橋敏雄をむ』


                                    バターhaskap
                                                                        haskap


                               北海にけむりのあがる冬丹       陽子 『』 40号

                          色のキリンの舌が冬を舐む

                      猫の足撫でてやる近松忌   


                         バター1


               バター小
                                    バターたっぷり。     
                 
 
         歳時記 
                   saison de karo 


                       を呑むの話や冬籠  高野ムツオ 

             
                 ☆彡これこれ


                         ☆彡2
                                                    ☆彡2 (2)
                   
       
               六つのとき、のことを書いた「にあった話」という本の中で、

                こんな絵を見たことがあります。それは、

                  一匹のけものをのみこもうとしている、の絵でした。

                    これが、その絵のうつしです。
                                              サン=テグジュペリ 『星の王子さま』


                       20121207225435.jpg                                    
                                                            Gallimard


           そのには、

           ウワバミというものは、そのをかまずに、まるごと、とのみこむ。

             、もう動けなくなって、半年のあいだ、ねむっているが、

                そのあいだに、のみこんだが、腹のなかでこなれるのである。

                                                    と書いてありました。


                                   zou4.jpg
                                                                  アンリ・ルソー

                 ぼくは、それを読んで、のなかでは、いったい、どんなことがおこるのだろうと、

            いろいろ考えてみました。そして、そのあげく、今度は、で、

                 ぼくのはじめてのを、しゅびよくかきあげました。


                              2.jpg
                                                                Gallimard

            ぼくの絵のです。
                            
                      ぼくは、鼻たかだかと、その絵をおとなの人たちにみせて、

                      これ、?とききました。

                 すると、おとなの人たちは、が、なんでこわいものか、といいました。

             ぼくのかいたのは、ではありません。

                  をこなしているウワバミの絵でした。

                     おとなの人にそういわれて、こんどは、とわかってくれるだろうと思って、

                  ウワバミのをかいてやりました。

                     ぽくの第二号のは、下のようなのでした。


                                   20110515135043.jpg
                                                                      Gallimard

                     の人ってものは、よくわけをしてやらないと、わからないものなのです。   
                             
                                                         『星の王子さま』


                             ☆彡2 (2)小


                           ☆彡11
                                                   Gallimard


                  えきれない読者を持つ『の王子さま』冒頭です。

                おとながってしまった幼いころの無心さをそのまま形にしたような、

                             ちいさな少年の姿であらわれる王子さま。

                      いつ読んでも心が洗われますね。 

              星の王子さま、 『 』は、けっしてやさしく許容的なだけの物語ではありません。

                よく知られた全編を通じて、

                    者は者に、一枚のが見えるのか、

                     それともの中のが見えるのか、をいかけます。

                           読むたびに、わたしにはしか見えないんだ、と思います。 とほほ。
                                                                          
                                                                        カロ

                        
                             ☆彡2 (3)

                                        galleryyui.jpg
                                                        gallery yui              


                                を呑むの話や冬籠  高野ムツオ 

                  さんは、蛇と象のお話から、のイメージを導き出しました。

                          高野さんは県出身、同地在住。

                                 に生まれ、みちのくに棲む高野さんには、

                                のジャングルで蛇が獣を呑むお話も、

                          長いの風物に結びつくのかも知れません。 その風物とは! !!


                        ☆彡こたつ
                                                              竹久夢二

                                  uwabami2 (3)


                         真ん中がふくらんで、中で猫が寝ているみたいな、この
                    

                                                ☆彡pahsuke2
                                                         竹久夢二 つい、うたたね   

                 fairy-tales-paul-klee.jpg
                                             クレー


                                   銀河よりこぼれしポケットに    ムツオ

                             ストーブえる此処をとも思う

                      を集め寒中見舞とす

                          みちのくにの缶工場あり  
                                                             

                     言葉にる星は、的、そして的。

                  その自在なに鑑みて、のヒントは、ビジュアルにあるのでは・・・?

       
                  mig2.jpg
                          2.jpg
                                                           00185.png

                                     ☆彡2小
                       ☆彡2                            
                                                       
                              ☆彡000

                    
                  春信小
                                            鈴木春信筆 炬燵図 足が・・・。💖    


    の句、いくつか・・・。      
                    

             志ん生もも好き冬ごもり  原田要三
                                     志ん生とカラヤンは、そういえばてる!

                 
                薪をわる一人冬籠  正岡子規
                                       薪をわる妹はに可憐、そしてさみしい。
                  

                    冬ごもりいては見ゆるもの多き   能村登四郎
                                           なにもえないわたし・・・。 


                                               
                       ☆彡5
                                      
                                                             Gallimard
                  

                 、ヒツジの絵を描いて・・・。ちいさな王子さまは、

                    飛行機が故障してにひとりぼっちのに、

                        こういて登場します。

                    遠いからやってきて、

                        のようなことばをして帰ってゆく王子さま。

            パイロット(昔、ウワバミのを描いた少年です)は、王子さまにあの絵「」を描いて見せます。

                        すると、王子さまは、

                    ち、ちがう! ぼく、にのまれてるゾウなんか、いやだよ!

                              と言ったのでした・・・・!
  
                        
                    鈴木春信雪小
                                鈴木春信 雪窓に恋文を読む人 こんな冬籠も。 
                                                        
                   しぶりに読んだ『の王子さま』

                        えたのは、やっぱり

                              。でも、・・・読んでみます。 、そしてが見えるまで!

                                                                          カロ
                     
                                                   
                                         ☆彡ちいさい

                                                            ☆彡2
                       
             
 
      歳時記
               saison dekaro 


                                折鶴をげし如く張る  大塚次郎


          かわばた7


                                                        かわばた8

              ・・・お茶席は、この路の奥でしょうか。

                    はあ。

                       のちりめんにの千羽鶴の風呂敷を持った令嬢は美しかった。

                    ここまではいて来たを千羽鶴の風呂敷に包みながら、

                       令嬢は菊治を先に通そうと、行儀よく立っていた。

            ・・・。 いいお嬢さんでしょう。

                       千羽鶴の風呂敷のですか?

                                

                                                        川端康成  『


                         折鶴ginsenotemo


                                         sim.jpg


                          川端康成著『』、主人公の男性とある女性の出会いの場。

                                はこのあと的な展開を見せますが、

                                        冒頭の茶会は、しいお茶のが漂う美しさ。


                                 鶴1 (2)


                                  さしあげてください。

                             

                        の風呂敷の令嬢が立って行った。

                           癖がなく素直な手前である。

                              ・・・令嬢のまわりにさい千羽鶴が立ち舞っていそうに思えた。

                                                           『』 

                                                    つる


                e0163202_19131838 (2)
                           加藤唐九郎作 志野茶碗  川端康成コレクション


                       川端康成はの美術品好きでした。   

                     この茶碗は彼が愛蔵したもの。 作品の中にもし、重要な役割を果たします。 

                          よおく見ると、手前に一羽のが飛んで・・・気のせい?!


                                            IMG_1575.jpg
                                                            志野茶碗アップ      
                    origamagic.jpg                       


                い釉薬のなかに、ほのかなが浮き出て、冷たくて温かいように艶な肌に、

                   菊治は手を出して触れてみた。

                       やわらかい、夢のようで、いい志野は僕らもきですね。

                                                               『千羽鶴』

                                お茶碗は完全にのこと・・・。   カロ


            かわばた2
                            ノーベル賞の賞状にも千羽鶴。


                 多彩なは、文豪き後も遺族や財団に守られて散逸を免れています。  


                             work_7.jpg
                                          黒田辰秋作漆蓋物。キャンディとか入れたい。


                                      かわばた5
                                         あどけない表情の埴輪。 川端先生は、真夜中にじいっと見て飽かなかったと・・・。


                      IMG_1571.jpg
                                                             川端先生御書斎                                 


                折鶴は紙に戻りてりけり  高橋修宏

                   紙にるとは、本当の自己を見つけることか、誰かを愛することか、それとも死のことか。


                              IMG_1584.jpg
                                                川端先生は草間彌生の小品もご所持。


                3b222454f0b7868eed027a3f8d1fe353.jpg
                                  

                 と鶴鳴く千代紙を買ひに  岸本由香
 
                       ころおん。い響き。 小さな品物で幸福になれるのは、の特権です!

                                  かわばた6
                                      シュルレアリスム画家古賀春江の水彩 川端コレクション
                             

               折鶴をひらけばの朧   澁谷道

             のおぼろ。 という早春の風情は、いちまいにまいと数えられるものでした。


                                         かわばた4


                       千羽鶴のに犯人の指紋  西生ゆかり

                         怖く、楽しく。 犯人はいまも!?


                photo_1.jpg
                                  川端先生晩年。 林忠彦撮影 石庭と一体となって、まるでオブジェ。


                                                 138615mg.jpg



                 かわばた1

                               国宝! 江戸後期の文人浦上玉堂作 『凍雲篩雪図』 川端財団蔵

                    戦後、さる旧家が手放したこの絵を、新聞社に借金して買ったとか、いっぱいのお宝。

                         深山幽谷に一羽のい鳥。 が止っているのかも・・・。


                            101476s.jpg


                                             teamtisraizumi2.jpg


                  201412251616295a8 (2)


              折鶴をげし如く張る  大塚次郎               

                     作家がの折鶴をひらくと、てしない氷原が。                                      

                                       鶴2

                               今年もなものを追いたい!ですね。    カロ