FC2ブログ
 
 tubame2 (3)oosyou さんこんにちは 
               Bonjour, Monsieur. H

                                             島々にをともしけりの海  正岡子規

 0ac74fe79d0aca57c0b28ef318cddb3dkorekore (2)kore

                ☆ ☆ ☆ ☆ ☆   ☆彡2 (2)小  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
 
                        やわらかな春の海に静かながおとずれます。

                1897年(明治30年)、すでに寝たきりに近く、遠出ができなくなっていた子規。 

             この大きな風景をから着想したのでしょう。

                     故郷に近い瀬戸内海のな海を思い出したのでしょうか。

                       m33 1900
                                1900年 明治33年の子規  床の間を背に 花瓶には何かの枝
                                    が顔を挙げた風情、病体とはいえ、精悍な感じです。

       tidori1 (2)syou 

        箱根路をわが越え来れば伊豆のや 沖の小島にのよる見ゆ    源実朝
                                  
                            子規句と近いですね。 実朝は街道にあって馬上から海を見、

                                          子規はよく似た景観をの中で空想していました。
                      chanow.jpg
                                               伊豆の海  初島 向こうは大島

                           nami1 (2)

                (1192~1219)は頼朝の次男、そして鎌倉幕府三代将軍。
               
                      頼朝の死後、政権は安定しません。 

                  母の実家北条氏と確執のあった頼家は、将軍職を負われ、殺害されます。 

            わずか12歳で将軍となった実朝。 彼は夢見がちなに成長しました。

                                           syounenndesune (2)
              tidori1 (3)syou  中国へ渡る望みを実現するため、帆船をつくらせようとして頓挫、

                        新しい世界でになりたかったのか・・。

     一方、藤原に学び、万葉集、古今集、さらに編纂中であった新古今集にも親しみます。

           素朴なのあふれる歌をものしますが、政争の波から逃れることは適わず、

                           兄頼家の遺児、甥にあたる公暁のに倒れました。

                              1219年1月、満26才でした。

              IMG_4943.jpg
                                               松岡映丘  右大臣実朝                         

                子規はのファン。 の歌は愛唱歌でした。 

                              ☆ ☆ ☆   ☆彡2 (2)小  ☆ ☆ ☆      

         実朝という人は三十にも足らで、これからという処にて、

           あえなき最期を遂げられ誠に残念いたし候。  あの人をして今活かしておいたなら、

           どんなに名歌をたくさんしたかも知れ申さず候。

           実朝の歌はただ器用というのではなく、量あり見識あり威勢あり、

             時流に乗らず世間に媚びざる処・・・。
                                                   正岡子規  「歌よみに与うる書」

                 「よみにうる書」において、実朝を手放しの褒めようです。

        yun_2504syou.jpg                                 
                                         IMG_4936.jpg
                                 実朝像。 未亡人が彼の面影を刻ませたもの。 鎌倉木彫の

                tidori1 (3)syousyou  tidori1 (2)syou

               若く非業の死をとげた実朝。 子規から見れば同じ文芸のを歩く同年代の青年でした。                     

                        時流に乗らず世間に媚びず、十年生きられたなら、

               どんなに多くのことができるか。 子規がに自分を重ねているのが、分かるような気がしますね。

                           dota3eien (2)
                                                                   tidori2 (2)syou
          わがは百島めぐりゆくへもしらぬかたに鳴くなり     実朝
                   百島はももしま。 千鳥の鳴き声は恋人をぶ声か。

              上村松篁
                                                  上村松篁  夕千鳥           

 世の中はつねにもがもな漕ぐ海人の小舟の綱手  実朝
                                  おなじみ百人一首より。  ちいさな水音がこえてきます。

     諏訪さん15こっち

            niji.jpg
                                 アイヴァゾフスキー  虹  左下から画面いっぱいに虹がかかっています。

           のいそもとどろによするわれてくだけてさけて散るかも  実朝
                            こちらは波の音がとどろく!

              実朝の歌は巧緻ではありませんが、実感を大切にする勢い、調べの良さが読者を惹き付けます。

                                       葛飾北斎 怒濤図
                                                     葛飾北斎  怒濤図

               IMG_0445 (4)           
         
                  君が歌のき姿は浸々と湛ふる海の底の玉  子規
                       実朝を詠んだ子規の歌。 歌も海も色。
            
         wakaba1.png
                        hakoneji.png
                                                                    箱根 早春
               
                 は箱根路をしました。 将軍の守り神、箱根権現に参詣することが目的でしたが、

        権謀術策渦巻く鎌倉を離れ、のうつくしさに心を遊ばせたかったのでしょう。

                           三浦半島、三崎へも足をのばしています。

               眼下にひろがる太平洋。  の向こうに何があるのか、当時の人々は何も知りませんでした。

                         でも、海をえて行きたかったのですね。

                      travelogue 観音崎
                                                       観音崎  travelogue


                子規も同じでした。 英国留学中のへこんな手紙を。


                     が昔から西洋を見たがっていたのはも知ってるだろう。

                     それが病人になってしまったのだから残念でたまらないのだが、

                     の手紙を見て西洋に行ったような気になって愉快でたまらぬ。

                     もし書けるならの目が明いている内に今一便よこしてくれぬか。

                                            1901年  子規よりロンドンの漱石へ


                漱石も子規にい手紙を書いて励ましますが、

                      子規は翌1902年に死去。 再会はかないませんでした。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

                                    かもめ2
                                                      海の果てまで飛んでいきたいネ。
                       tubame2 (2)oosyou  
              
        箱根路をわが越え来れば伊豆のや 沖の小島にのよる見ゆ    源実朝

                       島々にをともしけりの海  正岡子規

                          数百年の時を越え、 が見ている海。

                           1182012042420582837422.jpg             

                    さん、では、またね。  カロ
                                                         tidori1 (2)syou
スポンサーサイト



 
          の一冊
               livre de karo

                                      からの出てくる春のくれ  遠山陽子
           IMG_4964.jpg

                                  20140326154405082 (3)kore小

               きている限りは「」を発行して参りたいと存じておりますので、

                  何卒一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、してお願い申し上げます。

                                                             
                                           151-thumb-140x140-214小さい (2)  
                                                       
                     遠山陽子さんの個人誌 「」42号は折り目正しいご挨拶から始まりました。

                          お待ちかね、遠山作品が溢れる 「平成から令和へ 二」から。

              20190912115755 (2)kore   20190912115755 (2)kore   20190912115755 (2)kore

                   紅梅のと知らずに踏みにけり 
                              遠山さんが詠えば、影さえも紅をふくんでです。

                         IMG_1964.jpg                       
       
                20140326154405082 (3) 
                               春風やになりつつある老人
                            猫になる、というのもなかなかい年の取り方では?
                doubutsu_penguin_30980-300x300 (2)syou  皇帝撫肩の春来りけり
                            は撫肩。 冬はいかり肩。 

               独逸語は語尾く切る夏つばめ
                         つばめは青年のようになめらかな肩。    
                                                           
                                     swallowsyou.jpg   

                       そよぐものにの睫毛はるの雲
                                  いつも眼で雲を見ている。                                                                                                                    
                                                        animal_cute_kirin_giraffe_4192.png

             つくし

                                    土筆原便が飛ぶやうに 
                                         そんなに急いで、何をんでくるかと思えば・・・。

                     perikan (2) 

             の餌が宅急便でくる春昼
                              猫ちゃんのお食事でした。 (=^・^=)

      fn00266_100 (2)  

                                IMG_4895 (2)kore 
     
                         猫、ペンギンなどなど、今回の句では、たちが活躍しています。

                    おりからオーストラリアの広範囲で燃え続けた火事は、なかなか沈火にいたらず、

      多くの野性動物が倒れてゆきました。 さらに、この、困難の大きなが世界を覆っています。

                   牛 アイコン 丑年kore             の牛舎に充てる産みの臭ひ
                                    弱いものをかばい、をつなげようとする意志。

                                     wakaba1.png 
                                                                   
                    IMG_4881.jpg
                    
                      どうぶつえんに がふる   こまかいこまかいあめがふる

      このあめ まだやまないの?   こうずいだ どうぶつえんがこうずいだ

                                                      岸田衿子  のふね

                     IMG_4879.jpg

                                               233-free-character (2)syou          
               岸田衿子の童話「」。

                  大雨の動物園。 きなくんは、小さな動物たちを背中に乗せて助けます。

                     いつも昼寝のかばくん。 でも、いざという時はたのもしい。

            IMG_4923 - コピー
                              
                   のせて  かばくん

             みんな のせてよ かばくん  みんな のせてあげるよ さわがないで しずかに しずかに


                                       IMG_4880.jpg
                       kaba-illust2kore.png
                 
         があがって、みんなでした。 よかった! かばくんはまたおひるねです。    

                         楽しい語り口のお話に、 ノアのの物語が重なりました。

                                IMG_4966 (2)
                                             こちらはブルーナ描く箱舟とノア。 猫はゲスト。

                   洪水のあと、ノアが放った鳩はの葉を咥えて戻ります。

                       dove (2)
            151-thumb-140x140-214小さい (3)                                           

             「」42号。  さん   さん  さん  
                
       論陣に迎えた男性たちの硬派な言葉と、こまやかなを感じさせる陽子作品。

            最近ではめずらしい男性と女性のある紙面は、遠山さんの巧みな構成力にえられていました。

                   IMG_4861.jpg
                                        今号も!しました。                    
         
                istockphoto-696094594-612x612 (2)kore
                            眠り流星ひとつ草に堕つ

                                  ☆彡2小

                        夏の夜のグランドピアノとなる
                                 象も鯨も地球というの大切な乗組員ですね。
                                                       54928665_163x291 (2)
               
                       八十秋煩悩手離さず    陽子
                            手離す必要!!

                                     higann1.jpg
     
                                 024 (2)mottosyou

                IMG_4932.jpg

                       IMG_4960.jpg

            からの出てくる春のくれ  遠山陽子
                              猫はから出てきたのかも

                                 newyear_c93 (2)kore
                     
                      さん、ありがとうございました。

                          お元気で!  号も待ってます!   

                        お身体大切に。 うがいと手洗いをどうぞ。 カロ

                                                           20140326154405082 (3)kore小
                                                                      
 
   tubame2 (3)oosyou さんこんにちは 
          Bonjour Monsieur. H


                                      ともせば雛にあり一つづゝ  正岡子規
    IMG_4856 (2)
                                                          ? ふたつある!

                    momoA0012.png   momoA0012.png

               とは、見つめ合うことではなく、で同じ方向を見ることである。   サン・テグジュペリ

                           IMG_4849.jpg
                                             あら、こんにちは。 一年ぶりね。
                                                       そうだね。 元気だった?
                    
         小包にてさし上候。
            
            熊本の雛祭は陰暦に違いないと家人のはからい也。

            こんなもの陳腐なるやも存ぜず候えども・・・。
                                          
                                            熊本市内坪井町 夏目金之助様

                                                          下谷根岸  正岡常規より
  
                                        ひな03

         
                       1900年(明治33年)、に赴任していた漱石へ子規が書いた手紙です。

            さなお雛様。 どんな品だったのでしょうね。

                            IMG_2040 (2)
                      わたしのささやかなお雛さまコレクションより いちばん小さなおふたり 2センチくらい
           momoA0015.png

          江戸っ子の漱石は東京がしかったようです。 子規も遠く離れた友人を気遣っています。 

              今のように飛行機で数時間というわけにも行かず、東京と熊本は外国みたいにかった。

         子規のお母さんか妹さんがあつらえた人形は、前年生まれた漱石の長女ちゃんへのプレゼント。

                            受け取った漱石はうれしかったことでしょう。

                     IMG_4825.jpg
                       子規と言えばこの写真。 彼が着ている着物はこんな感じのだったのでは? 
                                 少し派手でしょうか。 それにしてもこのアングル、
                                                 竹中直人サンに似てますね~。


         子規は沢山の作画を遺しています。 雛人形のがないのは残念。  momoA001itibann.png

            IMG_4783 (2)  
                        これは、の絵。  切れ長の眼が可愛い。

                                                  ひな1

          同じころ、にも子供が生まれています。 さん。 命名は子規でした。

               日に日に病の篤くなってゆく子規にとって、健康とチャンスにめぐまれたたちの幸福は、 

                   よろこびであると共に、うらやましく、ちょっとしいことであったのかも知れません。

                        子規の雛の句には、観者であることの悲しみが滲んでいます。

                 IMG_4855 (3)

                                         の影桃の影にかさなりぬ  子規
                      昼も見、夜もまた見、動かないお雛様に時間が過ぎてゆくのを感じて・・。

                        一枝や床の上  

                           ひな5
              
                  1900年はあわただしい年でした。 漱石はイギリス留学が決まり、久しぶりに。 

             八月、子規を訪ねますが、それはふたりのの会見でした。

             IMG_3568.jpg

                    雛あられにうけ口を寄せ  高浜年尾
                        子規が名付け。 年尾さんの句。 けっこうつやっぽいですネ。

                        雛かざりありその前に  星野立子
                  虚子の次女の句。 彼女が生まれた1903年、子規はもうこの世にいませんでした。

                                           ひな6siki 

               ひな9    
                              
           酔ひて見る官女にのありにけり   星野紗一
                  にしか詠めない雛の句。
                        子規が読んだら・・・。 、とか言うかも。

                  雛の肌はんばかり納めける  木村たかし
                      お人形というよりも、の女性か。
                               雛は生きているようですね。

                               雛の唇紅まま幾世経し  山口青邨
                                 これも子規のに入りそう?

                  momoA001itibann.png     男性詠者たち、雛にかなりしてます。 一方、女性は・・・。

                                   IMG_3570 (2)

             雛の夜の母打つ父をいて  中村苑子
                           忘れられない雛の句です。                         

                                   のうれひがほある雛かな   加藤三七子
                               雛は女性の人生とみたい。

                        を少し打ちやる流し雛  山崎百花  
                                  雛はうつくしくって流れてゆきました。
                           
                                                   nami1 (2)

                               縺イ縺ェ・廟convert_20160221221757
             tubame2 (3)oo                                 
                            ともせば雛にあり一つづゝ  正岡子規    
                                    明治の春、に浮かんだお雛様の影。 見ていた人。

                                           さん、ではまたね。 カロ

                                        ひなsiki  momoA0012.png
                                     
 
   歳時記
         saison de karo 

                                           梅白しかき日もき日も   原石鼎
              IMG_4901.jpg
                                寒い。の日はあたたかい。そのは寒い。  今年のです。
                                
        imagesBUTBJTTJ (2)kore  白梅をありぬ昼の月  飴山実
                            白梅と月は句のなかでいました。

                                    や咲き走りくる白き梅  宇佐美魚目
                                        願いごとがを持つと白い梅になるのでしょうか。

                  白梅を来て紅梅におもふ  大串章
                                    梅のあたたかさは、性のあたたかさ。 
                                                                        20190912115755 (2)kore

              🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 

                  今年になってもう二か月。  からすぐれもののツイートがたくさんありました。

                                       82db8a99-s.png

             AKKIさんのツイート 受けてた。
                           AKKIさんのツイート。 年明け、しましたね~。 署名入り。

                        @bakanoakachan.jpg
                  bakanoakachanさんのツイート。 美味しいにめぐまれそうです。  

           🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 
                   
                  青き踏むの手の子にあたへ  加藤楸邨
                                お子さん以上が平均のころですね。

                                         開けてあり踏青の立てり  池内友次郎
                                                         たぶん

                            IMG_4907 (2)
                                                         まだまだ枯芝。 すこし

              の病躯なれども青き踏む  川端茅舎
                茅舎は病気がちな人でした。 でも、
                    この春はを踏みしめることができました。

                                 青踏めば病者の埋れけり  上野さち子
                                       あたたかくなれば、きっとへ・・。

       🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 

                                   @tnユキ
                                              @tnユキさんのツイート  埼玉は外国だった。

                  k♪@keyharmony
                        k🎵@keyharmonyさんのツイート  コロッケはみたらしだった。

       🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 

                   つるごとくに二月訃報多し  轡田進
                               春にさきがけて訪れるれ。 なみだの記憶。

                         IMG_4893 (2)
                                   春の水 むこうに見えるのはホワイトハウスではなくて地区センター。

        20190912115755 (2)kore
                  IMG_4928.jpg           

                   三月やより暗く鹿歩み 大井雅人
                                    人間もけっこうい。 もうじき三月。

            🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 
                                               
   @ammonation 攻めたネーミングkore
             ammonationさんのツイート  シフォン主義。 めたネーミング。

                           akiyoshikomaki 好きな見出し
                                        akiyoshikomariさんのツイート  好きな見出し。

         🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 ☘ 🍀 

                 しら梅にる夜ばかりとなりにけり  与謝蕪村
                                  白梅は夜明けをっている。

                             IMG_4954.jpg
                                                                    与謝蕪村 

             imagesBUTBJTTJ (2)korekore  春されば先づ咲く宿の梅の花見つつや春日暮らさむ  山上憶良
                        寒くない? なんて、梅としい会話。


                       IMG_4898 (3)

                                    梅白しかき日もき日も   原石鼎 
                 春めく日も、雪の降りそうな日も、 と咲く梅。 なんといじらしい。
                        まだまだい。 みなさん 風邪に気をつけて。   カロ 
                                             
                                                       173834m (3)syou
 
      の一冊
            livre de karo

                                       大雪ののなかにまで  原ゆき

IMG_4920koreka (2)
                                                          原ゆき句集  「ひざしのことり」

                                        8d058df09a4cbc643ac6c98bb2a63331.png

                 さん。  かな野原に舞う雪。 そのままの名前です。

                                    句集「とり」にも、雪の句がたくさんありました。

   reuters
                                                                    reuters
                   08a1238a751ee2fd46631b8a48477f39.png  08a1238a751ee2fd46631b8a48477f39syou.png  yukikorededou.png

                                     ありったけ小声のと出会いけり
                                                    に出会ったのですね。

                               からへやっぱりそうだった
                                             、やっぱり。
 
          五時となる窓を斜めにはじまる
                         はじまりにづいたのはひとりだけ。
                                                   imagesyukiyuki (2)
            落ちぶれるように出産して 
                      ちぶれる。 雪に投げかけたことば。
                           雪はきよらかであると共に、をおびやかす怖いものでもありますね。

                                                    から守るほどの手紙か
                                               手紙の上に降る雪、が潜んでいます。

                 小村雪岱
                                         小村雪岱

                           キャラメルの紙ごしにの街
                                        初雪は町をのようにして。

                           yukikorededou.png yukikorededou.png yukikorededou.png

                         imagesOGGR2JZI.jpg

             ☆彡2 (2)小
                  手鏡にの模様や忌 


                  (1878~1935)の忌は12月31日。 大晦日。

         寅彦は物理学者。夏目漱石に学んだ俳人、随筆家でもありました。 その句、文章はかで怜悧です。 

                                  winter_snow_illust_1799小         winter_snow_illust_1799しょうしょう
       
                  一度顕微鏡下に照らしてこの小さいを見れば、誰しもその美しさに驚かぬ人はあるまい。

               いずれも六稜あるいは稀に三角形の氷の薄片であるが、その規則正しい輪郭は千変万化で、

            如何なる美術家でもこれだけの変わったを作ることはできそうにもない。

                                                              寺田寅彦 「雪の話」

                     哲学も科学も寒き  寅彦
                            嚔はクシャミ。 ることは寒いことか?


                     控えめで素直なさんの句に現れた寅彦忌。 彼女の心のがチラリ。

                              08a1238a751ee2fd46631b8a48477f39.png          
             
                      IMG_4690 (2)
                                             原ゆきさんです。

              10314734_817349961673890_5395072030539062306_n.jpg                           

                      者より者かろやか桃の花
                           彼女の内側にあるいもの。

                                            家族寝てわたしは寝ないの嵩
                                      薔薇は美しく、そしてたい。

                                     IMG_3945.jpg

                         41yT7-5InmL.jpg                 
                                                  4996-300x300 (2)
                           神様はいつも親切焼芋屋
                                  の職業?!

                              キリストに少年時代いきれ
                                    神さまは焼芋屋サン。 キリストはの中。

         エリック・ギル
                                                  エリック・ギル

                           美術館 草間弥生
                                      草間彌生 初期の鉛筆画 すでに水玉が。

                 ホタルかつてという名前
                                    草間サンもも常に進化中。


             広告の巨大な鳥曇
                             晩春のは笑ってもさみしい。  

                                     kumo.jpg
                                                  これはちょっと意味がうか・・。
                 images2UR78OPM (2)

                         てっぺんがのチョコよ小鳥来る 
                                 小鳥もピンクかな?

                                  imagesA5QSNHDJkore.png             

                                                冷房車或るとして進む
                                           さんのまなざし。誰も知らない森。

                                201401121935043c9 (2)

                      yukikorededou.png          のひとひらのまれた空の高みは、

                          を切るような風にふきさらされた、おそろしく寒いところでした。

                   まもなく、下には何があるかもわかってきました。

        くらい山の頂と、雪におおわれた斜面と、すっくりとそびえたつの木々と丘の中腹には、村里が一つあって、

                 玉ねぎみたいない尖塔のある教会がありました。
                                                       ポール・ギャリコ 「のひとひら」

             ギャリコの「雪の」は、やさしい女性の人生を雪の一片に託した美しい物語。

                      さんのために書かれたお話みたい!

                      002424.jpg
                  
                           343044b7e2e553a32fb080facecbaf0fkorekore.jpg  imagesE1738UQ4 (2)syousyou imagesE1738UQ4 (2)syousyou
       
            小さ目のや秋の風
                         食べても食べても入りそう。

                                  電話ごしならばの声である
                                                  ?って訊いてくれるのかな。
 
                                   imagesGVNPTZX1.jpg                                  

                      IMG_1876.jpg

                        大雪ののなかにまで  原ゆき
                               のなかにも降っています。

         hizasino2.jpg

                                         mother-and-child-detail-from-the-three-ages-of-woman-c-1905-gustave-klimt1.jpg


                        さん、ありがとうございます! あたたかくしてってね。  カロ   
                         
                                    8d058df09a4cbc643ac6c98bb2a63331.png  08a1238a751ee2fd46631b8a48477f39.png  winter_snow_illust_1799しょうしょう