歳時記
                 saison de karo


                   わが夏帽どこまで転べども  寺山修司


                     IMG_0418_convert_20170527170930.jpg


   
                             外では帽子をかぶることにしている。 

                       は暖かいし、は直射日光をふせぐ。

                             雨の時の代わりになる。

                       メガネは濡れず、小雨なら雨をじなくてすむ。

                            どういうわけか、高価なものほどく紛失する。

                                                        水木しげる  「帽子の


                                          Amedeo-Modigliani-Portrait-of-a-Man-with-Hat-500x375_convert_20170628011308.jpg
                                                            モジリアニ      

                        コエリョ
                                   コエリョ                           
                                          

                       電車のに忘れるとか、なにかの会場にかぶってゆくと、

                            ず忘れてかえる。
                                帽子1

                           は一番安い帽子をバーゲンで300円で買ってきた。

                       みるからに安いとした帽子だった。

                  これなら忘れても少しもしくない。

                        初めから、忘れることを?された帽子だった。                                                 


                            蟶ス蟄撰シ・(2)_convert_20170621182156
                                               ピサロ      
                          

                                 二年たったが、帽子は的になくならなかった。

                            きたなくなっても、は、今までの帽子なら洗濯したが、

                      その帽子は洗濯もしない。したがってきたないので、

                  ぼくは何度もてようとしたが、いずれ忘れるのは時間の問題だろうと、

               ほったらかしにしておいた。

                      しかし、その帽子にり、忘れない。  


                       マグリット1
                              マグリット               

                                             gogh303_convert_20170622210935.jpg
                                                                  ゴッホ 

                       fc2blog_20170710203458ffa.jpg
                                      キルヒナー


                                          IMG_0529_convert_20170714132630.jpg



                      のあついときに、わざと本屋に忘れたふりをして置いてきた。

                      するとあくる日、本屋を訪れると、

                      もしやの御帽子では・・・といったあんばいで、

                      万事うまくゆかない。

                                             蟶ス蟄撰シ廟convert_20170621182216
                                                                    ルノアール 


                    20140629032204ae6_convert_20170527171254.jpg

                                                            
                                         97057-Unbenannt-1.jpg
                                                           マグリット


              のことだった。

                   ぼくが橋をわたっていると、強い風が吹いてきた。


                         origin.jpg


                                       77-320x180.png
                             

                      と思う間に、帽子は川の中にちてしまった。

                         ぼくは川面を見なかった。に、運命の日がきたのだと思った。


                    IMG_0422_(3)_convert_20170628012956.jpg


                                                   菴占陸蠢濶ッ_convert_20170710195322
                                                                       佐藤忠良                                                                                                            

                                         しかし、あくる日、が来て、

                                    お名前が書いてあったものですから・・・。と、

                              の帽子を渡された時は、

                         だめだ、と思った。


                                     auto-y34VYC.jpg
                                                               フェルメール


                   今日も、喫茶店で帽子をれたら、

                、御帽子が・・・と編集者に注意された。

           これは編集者が注意したのではなく、

        が注意させたのだ。

                                                         「帽子の」                     
                                                                             
                                      cli_0702_convert_20170628011840.jpg

                                                                          
スポンサーサイト
 
            の一冊
                   de karo
       

                   に電流かよひゐはせぬか  三橋鷹女


                          IMG_0371_(2)_convert_20170705141643.jpg
                        
                      
                   三橋鷹女(1899~1972)は生涯を守って言葉を追い続けた女性。


                       鞦韆はぐべし愛はふべし


                                    9navijp_convert_20170629195428.jpg

                                               鞦韆はぶらんこ   9nzvi.jp


                               白露やんでゆく日も締めて

                       この樹登らばとなるべし夕紅葉 
                                         
                                     既に人口に膾炙した多くの句で知られています。


                         IMG_0237_(2)_convert_20170623001329.jpg
                              
        三宅やよいの『への』・・・やよいさんと一緒に鷹女へ向かって旅しているような気持ちになれる

                 
                                    繧ェ繧ュ繝シ繝包シ托シ假シ假シ暦ス橸シ托シ呻シ假シ・(2)_convert_20170623131137
                                                    オキーフ                

                                                          d9ce9a9c5ef31b309f8454499eedcae3.jpg
                                         鷹女 若き日。 この写真はいくらかおとなしそうな感じ。


                夏痩せてひなものはひなり  鷹女


                      結社にも属さず、師も持たない鷹女はだった。

                      俳句は座の文芸と呼ばれるぐらいであるからで作り続けるのは困難が伴う。

                      二十年以上に俳句を続けてきた鷹女にも

                      そのくらいのことはわかっていただろう。当時の鷹女に尋ねたなら、

                      「入りたい結社、つきたい師がのです」と

                      当然な言葉が返ってきそうな気がする。 

                                                  三宅やよい  『への』                                 

                  0901.jpg                
                      晩年。きびしくまっすぐな視線。 「、この句!?」とか・・。                 


                                3564_2.jpg
                                                             ルドン  

                 鷹女はしい人でした。その生涯を追うことは簡単ではありません。

                           さんは、冷静な言葉をねて稀代の女流に迫ります。

                     ここには、本当に鷹女がいていたであろうや信念が、

              えめに、そして自信に満ちた筆致で描き出されています。              カロ
      

                          IMG_0427_convert_20170623190910.jpg


                               アジサカコウジ (2)                                                        
                                                    アジサカコウジ

                         
                      風鈴のにひびくのよ  鷹女


                                       furin (2)

                 
                   鷹女は自身の情や覚を、相対化しない。

                         彼女にとって自分がに感受したことは絶対である。  
               
                                                          『への旅』

                         オキーフ2
                                          オキーフ

                 葡萄ぐらぐらぐらぐらす  鷹女


                                          cgatag-00014256_convert_20170623171614.jpg


                                   巻貝死すあまたのを巻きのこし  鷹女


                      豢句ュ先浹隹キ_convert_20170623204323
                                              柳谷洋子  
                  
 
                                           小説のりより虫鳴き  鷹女

                         し蝶自殺かも知れず  鷹女


                  20100226091019_convert_20170628235716.jpg
                                    藤島武二
                                                     
                   れ多くて鷹女句にはコメントできず。 後はさんに任せて・・・。  カロ
      
                                                  
                        秋風のくとてゆき口紅を  鷹女

                                   IMG_0497_(2)_convert_20170623002433.jpg 

                       digblog_convert_20170704224857.jpg
                         digblog 

                           
                    は逃げ道を用意しようとしなかった。 
                                                三宅やよい 『への旅』 💜
               

                      IMG_0371_convert_20170614234852.jpg
                 
 

         Chat du mois  今月の

                Chat juin  月のねこ 
     

                         六月猫がった方へろう   川口重美


                       つゆ
     
         11085150_988125481212620_1102573210_n_convert_20170624223942.jpg

                                 20120330154247fc3_convert_20170429000758.jpg


                               寒い頃だった。

                         雨に濡れた一匹の猫がうずくまっていた。

                     どうしたんだい、こんな日に。風邪をひくじゃないか。

                        は躊躇なく猫をきあげると、家へ連れて行き、

                           泥でれた体をシャワーで流した。

                        どうしたの?  母がのぞきにきた。

                     とおしゃべりしてるのかと思ったら、猫ちゃんだったの。

                        は中学生だ。

                            の頬と唇は腫れている。

                         喧嘩のあとだ、というくらい母にも解る。

                     何でもないよ。

                                            笠原靖  「の日に来た猫」


                       譏・縺ョ髮ィ・胆convert_20170624222038

                                         raincat5_caterville_convert_20170624224024.jpg
                                                             cater ville                           
                                         
                      kai_engel_convert_20170623195756.jpg
                                             kai engel
                      

                         この頃、学校でなことが多い。

                                  どこにいじめの原因があるのかわからないが、

                             あるとすれば、他の生徒よりも多少しい、ということか。

                                         しい父親にも、するから母親にも話せない。


                                           
                      縺ュ縺薙€€繧ソ窶輔ち繝ウ_convert_20170429021745

                                      hukuju_convert_20170624230613.jpg
                   
               猫はを見つめていた。

                        金の目をしっかりと見開いて凝視している。  
                                                              
                             はこれまであったことを包み隠さずに、猫に話した。

                         聞いて欲しかった。

                     これまで、にも話せなかった。
                                                            
               猫はって聞いていた。


                                  縺ュ縺薙€€繧ソ窶輔ち繝ウ_(2)_convert_20170429020246


                     金色の目に光がった。

                         猫の言葉が聞こえたがした。

                               黙ってやられるなんて、よ。わたしがついてるわ。


                                縺ュ縺薙€€繧ソ窶輔ち繝ウ_(3)_convert_20170621183306

                  ryukyusirosumire縲€逅臥帥蛻怜ウカ縺ョ繧ケ繝溘Ξ_convert_20170624230534
                             
                                        
              すればいい?

                  他人なんて当てにしない。 うのよ。

                       だけどさ、相手はいつもグループだよ。

                          いから、集団になるの。 ほんとうにいひとはいつもよ。

                             からぶつかりなさい。 なら勝てるわ。

                               猫の世界なら、そうする。

                             君はいなあ。

                         人間がしてるだけよ。

                      は猫をしっかりと抱きしめた。


                                       wallpaper0430031_convert_20170429020009.jpg

                   IMG_0464_convert_20170614171943.jpg
                                            
                            あめ7

                   201206191850025b5_convert_20170501145421.jpg     


            それからがどんな努力を積み上げてくなったのかは、猫以外のも知らない。

                は猫と公園にいた。

                     とこにいたのか。 彼等が近づいてきて、の前に立った。

                   そして、と猫を取り囲んだ。
  
                          ひとりが、の抱いている猫に手を伸ばした。


                                       縺ュ縺薙b繧薙¥縺ゅ▲縺具シ狙convert_20170621182836


                             、猫の前足がその手を引搔いた。
                          
                             の体が、猫のようにんだ。 

                     ・・・ ヴァイオレントな表現あるため、中略・・・

                             ちなみに「い」とはもちろんマインドのこと! カロ注


                     IMG_0466_convert_20170614171903.jpg
                                         
                                                 nekogazoucom_convert_20170430015835.jpg
                                                                中略ニャン     nekogazou


                     180965827_624_v1434942681_convert_20150623003220.jpg
                                        

                                     あ言う間の勝負だった。

                                 それでいいのよ。猫は言った。

                              あなたはくなった。もうわたしがいなくても大丈夫。

                         ほんとうにいひとはいつも


                                     IMG_0469_convert_20170624225217.jpg

                                                 縺ュ縺薙€€縺・@繧浩convert_20170501024503
 
                              はかがみこんでゆるんだスニーカーの紐を結びなおした。

                    振り返った時には、たった今まで坐っていたに、

                              猫の姿はなかった。

                                                 「の日に来た猫」


                              park-bench-430260_960_720_convert_20170621193004.jpg


                                      陌ケ_convert_20170429020308
                                                                                                                 
 

     歳時記 
              saison de karo 1


                        に当りしごとし父の日は  大畑等 


                      IMG_0430_convert_20170603204441.jpg

                                
    future_convert_20170517014636.jpg
                        future


                    月のの日が過ぎた頃、わが携帯に 、もしもし と若い女性の声。

          にある間違い電話と思いしが、 あの、の日って何していましたか?

                   わたし由香です。 えッ? 頭の中がになるとはこのことか。

          由香いくつになったの?  おとうさんの

                 由香のトシはいつも数えていたから知ってはいたけどね。

                                                          國井克彦  「六月物語」
                       

                                  publicdomainq-0004053.jpg


                             IMG_0040_convert_20170608230734.jpg


          三十年前三歳で娘と喋っている現実に実感がない。

             ・・・不可解な行動にる父親ありき。

                 その最大の犠牲者が由香であったと、父はそれをも自覚しない日はなかったのです。

                    由香だったの? うん。 三十年を一言で元気だったかと訊くのもいい加減な姿勢である。

                        わたし月刊誌の記者してるの。 ? 血は争えないというべきか。


                  Langs-Glass-Rmd-Ltd_-Foggy-Glass-Richmond-BC-Local-Deal-Discounts_convert_20170611230929.jpg


                    ・・・携帯電話は電話代が高いからからかけようか? とのような思いやりを示す。

                        いいの、出たから。それよりの日って何していたんですか?

                             何も。 何もしてもらえないの? 
                            

                                        IMG_0039_(3)_convert_20170608231016.jpg

                                     
               私は三十年のみを感じて沈黙した。

                    ばかな実の父を許してください、との中でつぶやいていた。

          火宅の人なんだから、仕方ない。お父さん、に迫るを残してください。


                                                        ふくちゃん (4)
                     IMG_0325_convert_20170512205858.jpg
                             

          わたし《夕ぐれの町》が大好き。夕ぐれの町にフクちゃんが現れるなんて

                    ・・・まさか詩が好きという子につとは。

                            ふくちゃん (2)


                               IMG_2745-610x241_convert_20170420161332.jpg


          でお父さんの詩集買ったの、。 


                       IMG_0260_convert_20170426235537.jpg
                                                    wolf4_convert_20170420161238.jpg

                        渋谷はハチ公、池袋のわせスポットは東口のフクロウ石像・・・カロ注

                 E6B88BE8B0B7E9A785E5898DE381AEE5BFA0E78AACE3838FE38381E585ACE5838F_convert_20170521212108.jpg
                               ゲストハチ公さん



                               ・・・由香、なら買わなくてもあげるのに。

                      ちょうだい、サインして。月曜日にいたい。

          。顔わかるかな? 親子だからわかるよ。

                     ・・・由香とは矢継ぎ早やに二度した。


                            asoview豎陲祇convert_20170426234204
                                                  asoview

                       てるこさん
               

          鈴木京香を思わせる美しい顔立ち。自慢のと言いたいところだが、

                    わたくしにはその資格はない。

          おとうさんいてるの? 明るくいかなくちゃ。ビール飲もッ。
   
                   そうだね。ところで食べ物で何かいなものあるの?  ない。  とくにきなものは?


                           0014.jpg


          おさしみ。 やっぱり父娘だね。 も好きなんじゃないの?  当たり。

                  しいわが子とビール飲んで、さしみを食べて、しゃぶしゃぶも食べちゃって、

          詩は新川和江さんが好きとか、新藤涼子さんもいいよなんて親子で喋って、

                こんながわたくしにもたらされるとは・・・。


                                       IMG_0355_convert_20170517014712.jpg


                    おとうさん、わたしもうと会わないからね。

                酔っぱらいであきれたんだね。

          、とっても楽しかった。 わたしはおとうさんにててもらわなかった。

               わたしのまわりの人たちがわたしをててくれたの。おとうさんにひと目会えればよかったの。

                        住んでるがちがうみたいな感じ。だから会ってはいけないの。


                              9122f97b.jpg
                                                  livedoorblog


                           IMG_0039_(2)_convert_20170608230713.jpg


                          
                        ・・・そういうことか。よくわかるよ。

                 こちらのではわたしだけが応援しているからね。

                         ありがとう。

                   の東京夜の風優し・・・。

                                                                「六月物語」

                            池袋1

                                      
                                  2017年のの日は6月18日。

                                                        ふくろう

                           IMG_0433_(2)_convert_20170615181602.jpg
 
         カの一冊
                  L de karo


                          のあとが来ているかな  岡田耕治


                     39499-constant_montald_la_fontaine_de_l_inspiration繧ウ繝ウ繧ケ繧ソ繝ウ繝サ繝「繝ウ繧ソ繝ォ_convert_20170603190145
                                    コンスタン・モンタルド  la fontaine de l'inspiration  「インスピレーションの泉」    
                         
                                                                       

        kura_convert_20170603185359.jpg
                           kura   
                                     39499-constant_montald_la_fontaine_de_l_inspirationコンスタン・モンタル (2)
                                        

                   著『』は静かにえている印象の句集です。 夏の句を中心に・・・。


              IMG_0412_convert_20170525185925.jpg
                                 『日脚』                      

                                           20110618171908296_convert_20170525214633.jpg

                     
                                      香水やすぐにると言いて  耕治
                          
                   朝顔蒔くなかったことにして  耕治

                        香水にも朝顔にも、たくさんのが込められて、まるで私小説のよう。

                           
                   si012-thumbnail2_convert_20170526002721.jpg 


                                               mig.jpg
                                         
                                 

                岡田さんは言語教育の専門家です。でも、彼は難しい言い回しをしません。

                    句に使われているのはどれも、日常、そこにある言葉。

                       自然で、語り口の中に、
  
                           他の言葉には負わせることのできないがあります。


                  縲取悃鬘泌峙螻城「ィ縲城斡譛ィ蜈カ荳€_convert_20170525170427
                                  鈴木其一  『朝顔図屏風』
                    

                                          tokuhainarukikata (2)
                                                         tokuhain.arukikata


                      風の日のに生まれ変わること  耕治

                                     誰もまない言葉の奥に、ひそかな否認と諦観。

                                者も、季節も、事物も、そして分自身も、

                         しく受容する姿勢が貫かれています。 

                                 
                                陋・€€蛟画聞_convert_20170525215703                                             

               
            蛇出でて一つのに近づきぬ  耕治

                             蛇も傷も、挑戦的な形をとりません。けれど、れられません。

                 言葉は私の心にみ入って、いつか、私をすっかりえてしまいそう。


                                           39499-constant_montald_la_fontaine_de_l_inspirationコンスタン・モンタル (3)
                    
                                                   
                   蟆丞アア闌・(2)_convert_20170527022243
                                     小山茂                          
                          
                                         を越えたばかりのきりぎりす  耕治             
                         
                                                  ド。でも品があります。 



                            39499-constant_montald_la_fontaine_de_l_inspiration繧ウ繝ウ繧ケ繧ソ繝ウ繝サ繝「繝ウ繧ソ繝ォ_convert_20170601220852
                                               モンタルド 「インスピレーションの泉」            


                           のあとが来ているかな  岡田耕治


                コンスタン・モンタルド(1862~1944)はベルギー派絵画を代表する画家。

                     「la fontaine de l'inspiration インスピレーションの泉」は代表作。

                          神秘の力が湧き出る泉に寄りかに水を汲む男女。

                              こんな情景にいつかどこかでめぐりいたい・・・。

                                   岡田句はなイマージュの世界に通う側面も。


                                                  美 no61褐色と青 1953 マーク・ロスコ1903-70 (2)                                                                                                  

                           susukith_250pix-300x225.jpg     


                をゆっくり過ぎる野分かな  耕治

                            約束の時間はの中で華やいで・・・。


                                                   images2 (2)
                                                           クレー

                                18622517_773179266173903_314455381985556834_n_convert_20170604203153.jpg
                                               

                       si012-thumbnail2_convert_20170526002721_convert_20170604203344.jpg