FC2ブログ
 
     歳時記
           saison de karo 

                                         をのこさず食べて冬   山川和子
            
           2012 7 お弁当

                                       suzukumemo1ume.png                             

                              わたしが子供だった、だれもみな家の近くの小学校に通った。

                    わたしの家なども、縁側に立てば庭の向こうに校舎が見えた。

                                                               三國一朗

                     19502-300x300.jpg            pbenntou (2) 

               昼休みには、一度家にってご飯を食べ、一休みしてまた登校する。

           さして家がくもないのに、弁当を持って学校へ来る子が何人かいたのは、

       家庭の事情のためだったのだろう。 昼ご飯に帰宅することを習慣にしていたわたしは、

           あの弁当というものを食べてみたいものだと、かねがね思っていた。

                                                       三國一朗  「肩書のない名刺」

                                  IMG_4456 (2)
                                         三國一朗(1921~2000)

                            (1921~2000)は放送作家。

                      テレビの司会、ディスクジョッキー等々、知的で親しみやすいキャラでした人です。 

                         エッセイや文化論の執筆にも秀でていました。

                 愉快な話、面白い話、とした話・・・。

                 bentou_10085-300x225 (2)


              弁当にうれしく笹子鳴く  岸本尚毅
                         笹子とは、のうぐいす。 牛蒡はゴボウ、楽しいマッチング。

                                    IMG_4453.jpg
                                                                       きんぴら   
               kasakasa.png

              午前の授業のあいだにがはげしく降りだしたことがあった。

          この雨にぬれて帰るのかと、ゆううつになりながら昼休みに脱履場へ出ていくと、

                  そこにうちの(いまのお手伝いさん)がきている。

          傘をとどけにきたのかと思って見ると、傘ではなく、い布の包みを持っている。

                  neeya.jpg   obenntoututumikore.jpg  pbenntou (3)


          ねえやは、母がつくったを届けにきたのであった。 わたしは歓喜した。

      それ以来、わたしは雨が降ると、たとえ傘を持って来ていても、ねえやが届けてくれるお弁当をつようになった。

                                               orieoriginal (2)

          いつも弁当を届けてくれたこのねえやは、良縁を得て、大須の洋服屋さんに嫁いだ。

            作った人の心が食べ物に、と言うが、わたしはあまり関心を持たない。

              ただ、強いてを問題にするなら、話はやはり弁当になるだろう。

                弁当はあきらかに、かがかのために作るものだからだ。

                                                         三國一朗  「肩書のない名刺」

                                                      imagesSAH02D3M (2)
                          
                       IMG_4467.jpg 
                                     甘夏の薄皮をとった労作。 かにかまと玉子の超かんたん巻きずし。

             ○○年前、だった息子に毎日作っていたお弁当の写真を発見。

                                                       kamera (2)                       
         IMG_4466.jpg
              甘夏かグレープフルーツか、記憶なし。
                           ソーセージ、からあげ、材料いつもかぶり気味。
                 
                                                IMG_4468.jpg
                                                  困った時のそぼろご飯。 こんにゃくゼリーがj空白をふさぐ。
              140425m (2)
                             当時はネットが今ほどんではなく、お弁当サイトもなかったので、

                          にまかせて写真を撮ってはアルバムに貼っていました。

                 ちょっとかった朝。なつかし・・・。
                                                                     カロ

       IMG_4459.jpg
           やはり困った時のいなりずし。 我ながら色目わるし。 ここでもこんにゃくゼリーが活躍。

                                                     obenntou (2)

                      いなりずしに秋たちにけり  川崎展宏
                            お弁当の折り詰めに違いなし。

             otuna.jpg
                   東京名物 某寿司店のいなりずし コロッケみたいに見えるのは、うすあげを裏返してあるから。


                                               hanngou2.jpg

                     第二次世界大戦中、サハリンのにいたとき、 演習の昼休み、

           自分の飯盒をあけた班長が、突然ひどくりだして、わたしたち初年兵をどなりつけたことがあった。

                                                          三國一朗

             fish_salmon_28028-300x300 (2)
                           fish_sake_kirimi (2)

                班長の飯盒には、副食のの切り身が、なぜか、おかず入れのほうになく、

          飯の上に、まるで放り込んだように置かれてあった。 班長の弁当をつくるのは初年兵の役目である。

                しかし、これくらいのことで、何もそんなに怒らなくても、とわたしは思った。

                                                sake_kirimi_30018-300x300 (2)  
                                                     ☟                                                                              
                                 hanngou.png

              班長は出身の軍曹だったが、彼の心中が本当に理解できたのは、

         後年、わたしがの東京で勤め人のくらしをはじめてからのことである。

               弁当を持ってきにでるということの底には、言い知れぬ悲しみのようなものがひそんでいる。

                        それは、経験者にしかわからないものだ。 

                                                三國一朗  「肩書きのない名刺」


                          syake.jpg

                  唐突ですが、鮭といえば、つい思い出すのがこの絵。 その名も「

                       日本近代絵画の祖のひとり、作。 迫真の写実。

                                              fish_salmon_28028-300x300.jpg


             塩鮭をねぶりてもきたきわれか  室生犀星
                           小説家、詩人でもあった。  という言葉の切実さ。
 
                                       131123-obento-3 (2)kore

                                    弁当を開けばの蝿の来る  高浜虚子
                                             詠者は蝿をしているみたい。

                万頭の一個の霧ふかし  和田耕三郎 
                         中国紀行の由。 あたたかく、なんだかない昼食。

                         2976-300x300omusubi.jpg

                               より人出て昼食す   桑原三郎 
                                 おむすびととウィンナか。

                                                         11884-300x300.jpg
                    沢庵とにこころ休めをり   鈴木鷹夫
                        そして、作ってくれたのことを考える。 
                   
                             ouchigohan.jpg
                                                                 ouchi-gohan       

                      9372-300x300 (2)    cooking_apron_5339-500x375 (2)                                        

                                   をのこさず食べて冬   山川和子
                                            作ったもうれしい。  カロ

                                    18573-300x300 (2)
                              
スポンサーサイト



 
   歳時記
         saison de karo 

                                   袂より木の実ときも出づ  中村汀女

    IMG_4414.jpg

                                                            ものぽっとsyousyou
                    情感ゆたかな句と、上品な風貌。 

                      (1900~88)は昭和の女性俳句の中心であった人。

              良妻賢母のイメージが強いのですが、 一生を通じて詠みついだ作品は、

                          女性の表現の強さ、しさを教えてくれます。

                                   広辞苑無料検索
                                                       中村汀女 
   akiougi.jpg
             
                 秋扇やしきまま母となり 

                   麦笛のけばよく鳴るさびしさよ

                      夕焼けに向つてみ入る如し

                           扇には女性賛歌、笛には愁意、夕焼には未知へのが。

                  20120906_1499699.jpg


                 汀女は熊本の素封家の出身。 温暖な土地で父母のに育まれた少女は、

                      結婚後、東京、横浜、仙台等、転居の内に子育てを続けます。
                                   
                 昭和十一年から翌十二年まで、夫君の転勤でへ。

                                         gramho kawane3939Instagramsyou
                                                                      kawane3939

       秋雨の汽車に乗らんとしてるる

                             戦前、みちのくへの旅はかったことでしょう。 
                        
                 目をて秋の夜汽車はすれちがふ

                                       譎る岑c0059485_19321343_(2)_convert_20171202031242                    
                の国の生活は珍しかった。

                 子どもたちの学校の窓から見えたの山の壮麗さ。 梅桜一度に開く春のはなやかさ。

                              newyear_c93 (2)ume  諏訪さん3syou  newyear_c93 (2)ume

             塩釜の港はなかなか賑わって、廻りの遊覧船と露店が岸に寄っていた。

                  宮城野に青田のが吹き渡る日に、中国で事変の起こったことを知った。

                        IMG_4338 (2)

         ものぽっとsyousyou (2)

                 秋空は美しい。心の中までむほどで、二度目の秋の十月、

                       いつか知り合いがたくさんになったこの土地に、また私共はれた。
 
                                                                中村汀女 「汀女句集」

                     IMG_4425.jpg

         い仙台の生活を淡々と綴った文章は、読んでいるだけで心地よく。

           戦後、いちはやく「」を創刊。 お国訛りの残る語り口と闊達な人柄で、ジャンルを担う女流に。  

                                IMG_2853 (2)

                                          曼珠沙華くほどとれど恋し

                   子の夜寒の床の引けば寄る

                          恋し、あはれ。 情愛のはためらうことなく使われます。

              goto.jpg  

                               われをわれ子をふ石蕗の花

                                      おなじみの、また子供への愛情句。 

                汀女はまた、 対象への鋭いまなざし、きびしいも備えた人でした。

                                       kikuaka.jpg

                                我に返り見直す隅に寒菊し  
                              歳の作。 機転がありますね。
                             
              シクラメンはシクラメンのみけれ
                                     まるで論のよう・・・。
                              1622338_586503384758550_997412525_o (2)    

                                            銀杏のちたる後の風の音  
                                  銀杏をつくして、たどり着いた言葉。   

                                       IMG_1049 (2)
                               
            1523013_738051402937080_8183204151157067665_o.jpg
                 
                         夫と子を忘れ懐手 
               こういうのもい感じ。すぐ思い出すのでしょうけれど。
 
                      菊 0

                                   kikunohana_convert_20160922195254.jpg
                   
                    に悔も残らず菊枯れし
                              ・・・悔いは消え、思い出だけが残ります。

                                      IMG_4405 (2)

                IMG_4410.jpg
            
                            
                               袂より木の実ときも出づ  中村汀女
                           フォーエバー!
 
                                      ものぽっとsyou
 
   歳時記
        saison de karo 

                                  またのごとくに寄せてきし   高倉和子
    IMG_3151 (3)
                                                               横浜の水。 もうすぐ海へ。    

                                    illust36960.png                                                                                 
                   かった夏、やっと乗り越えたと思えば、もう今年も後半。 

                                   の葉は色づき、美しいと思う間もなくり始め・・・。

                        そして、つぎつぎにやってくる。  自然とは仲良くしたいですネ。


                                          yuga01.jpg

                  別れ来て淋しさに折るかな  尾崎放哉
                                      野菊を見ていると、淋しくなって。

        に深き秋思の観世音   高橋淡路女
                              観世音もおしいのでしょう。

                 IMG_4397.jpg
                                          さみしいワ。 信濃追分の野仏    

                                            広隆寺 弥勒菩薩 
                                               さみしいのを通りこして恍惚。 広隆寺の弥勒さま
                                     3.png
          IMG_3033 (2)

       1ホイッスラー
                                         ホイッスラー  白のシンフォ二―№2
                                      
               ジェームス・マックニール・(1834~1903)は近代絵画が始まろうとする頃、
          
                   独自の作品を遺したアメリカ生まれの画家です。主にイギリスで活躍しました。

 テムズ河畔1860グラスゴー ハンテリアん
                                       ホイッスラー  テムズ河畔  西洋か東洋か。 どちらも秋思。

     彼は当時紹介されて人気を呼んでいた日本の、陶磁器等に通じ、どこか日本的な風景や女性を描きました。

                 描かれた女性たちはみな、寂しくいを帯びた表情、そしてなぜか白い衣装。 

                               白のシンフォニー3 1867バーミンガム バーバー美
                                                             ホイッスラー  白のシンフォニー№3  

                 菊純白にの香を放つ   飯田龍太
                              かなしみとはり高いもの。

                                  kiku1.jpg
                       illust36960 (2)korekorekore  
             024 (2)mottosyou  
           
             IMG_4346 (2)
                  ホイッスラー レイランド夫人

                    なくや夜ごとつめたきがしら   桂信子
                              つめたさをじっときしめているよう。

                                      の上を愁思のの過ぎゆけり  山崎百花
                                             たちも淋しいのか。                     

                            IMG_3018 (4)

                    秋といふもといふもうら淋し  三橋鷹女 
                           鷹女も秋には弱気に。

         image_jpeg.jpg 
                                                    349974169.jpg  3.png  349974169.jpg 
                       
                 と変わってしい秋も!  最近のツイッターから・・・。

                       萬さんのツイート@YRZ-oou
                                          萬さんのツイート  朝のサンキュー。
              
                                   illust36960 (2)korekorekore  024 (2)mottosyou  illust36960 (2)korekorekore
                     
          plan🐻 電車でカバンから飲み物飲もうとして取り出して開けようとしたら焼肉のタレだった…
           Planさんのツイート 電車でカバンから飲み物取り出して開けようとしたら焼肉のタレだった。
                                       指がかわいい。(カロ)

               3.png  illust36960 (2)korekorekore  3.png

                    そた@sotaatos
                                  そた@さんのツイート  どこへ行っても在来線。 某ターミナル駅。                

         rinngosezannnu.jpg
                               セザンヌ 林檎のある静物       

                    とりどりの買ひゆけり弥撒のあと  谷口星眠  
                 美しい果実はのしるし。  このように詠まれると信仰もまた良いものと思います。

                                                   349974169.jpg

                               つくづくと我が見るやの声  正岡子規
                             虫のは病む人の影から生れてきます。   

                                           remon8.jpg
                                                            ルドン
                IMG_0002.jpg
                                        うちのクマも愁思。   

                     なことはといふことに  仁平勝
                                        ! 淋しい? ほんの愁思よ。

                 mikann.png   349974169.jpg   mikann.png

                                     なつ2

                     またのごとくに寄せてきし   高倉和子

                              illust36960 (2)korekorekore
                                         みなさん、 よいを!   カロ
                                                                     024 (2)mottosyou 
                      
 
     の一冊
             Livre de karo
            

                              かが植えたでわたしが涼しい  田中いすず
             IMG_4319.jpg
                                                                    姉崎一馬 「はるにれ」


                    句会「現代俳句の」は、錚々たるメンバーと自由な会風で知られるお集まり。

               1983年から毎月一回の句会、休むことなく、回を迎えられたとのこと!

                    回ごとに充実の合同句集が編まれてきましたが、この度4冊目を上梓。

                IMG_4303.jpg

                            「」ができあがりました!

                        目をうばわれるような句の数々。 ご紹介したいと思います!
                                                                       
                                           012 (2)syou

                                                  20170821173855d72 (2)

                   は出たかと点滴を見つめいる  佐藤晏行 
                       さんは句会牽引者のお一人でした。 残念ながら、ご逝去。 ご冥福を。

                  IMG_0396 (5)
            012 (2)85kakeru117tottemotiisai
                   
                   ひぐらしがにひと言ここいいよ  小町 圭 
                                       は人生の達人か。  

                                                IMG_4116 (3)                 

                                なまいきなと思われ夏羽織  湯本 直也 
                          なまいきだけどイイ。

                               pisa.jpg

                   炎天やの斜塔は愚直なり  川名つぎお  
                                  そのり! 斜塔がうらやましい。                
             012 (2)85kakeru117tottemotiisai
                                 katatumuri (2)

                  正面も横顔もみな  前田 弘
                             言葉を求めてやまない前田さんはきな方。
                                                               012 (2)85kakeru117tottemotiisai
                                    _318-10736.jpg

                                  深刻な話のあとに冷蔵庫  中内 火星
                         理屈ぬき! 印象的な句を次々になさる火星さん。 

                   townkoshimizuhokkaidojp.jpg

             捨靴やセイタカアワダチソウの  楠見 惠子 
                             セイタカアワダチソウの海原を捨靴は航海します。

                                                         kouyou2.jpg

                         手は足であり鶏頭花  杉本青三郎  
                               言葉の外側へいだしてくれるような杉本さんの句。

                                           狩野永徳 花鳥図押絵貼屏風
                                                       狩野永徳 花鳥図押絵貼屏風                                                       
                    torasann.jpg

                   寅さんの消え方がき夏の空  普川 洋  
                                  いちばんステキな消え方ですね。
                    炎天1

                   踊の輪れて妻の誕生日  劔持 劔二  
                            なんと素晴らしい妻句。

                                           IMG_4233 (2)
                                                                    鏑木清方
               012 (2)85kakeru117tottemotiisai
                    はうずらたまごに暮れてゆく  黒川智子  
                            突然こんな句も現れます! 句会の奥深さ。

                             5065-300x300.jpg

              満月やれ地球の非常口  朝倉さとえ  
                      わたしもりたい。 満月に遅れぬように。
                                                       非常口2

                   芒原ことばで人は死ぬ  鍬守 裕子 
                                  ことばによってきることもできれば・・・。

                          IMG_38771_convert_20151028002227_convert_20170828152130.jpg

                                    精神的に芒がしています  金子 功
                                         芒がたっぷりあることは

                    中指は小指にし秋の暮  横須賀洋子 
                                  と指はと人か。

                                      あじさいゆり
               
                                       山霧を吸って売りにゆく  小湊こぎく  
                                               純情と山霧は
                                012 (2)syou

                   さんの家出花野は暮れなずむ  石山正子  
                               花野には何人ものさんが立っている。

                             ingagirvica_convert_20170823160559.jpg

                        のふたをあければ大花野  岡田 淑子 
                                卵焼き、空揚げ、つくね、おしんこ。 です。

               remon11 (2)

             晩夏光も輪切りのレモンティ  吉田香津代  
                                             長かった夏もかに終わります。

                             心療科の処方箋  若林つる子 
                     ほんとにとしそうです。 ひと息に!
                                               remon11.jpg

                   水中花けのコーヒー飲みたいか  藤方さくら 
                    水中花はコーヒーが好き! 琥珀色のコーヒーの中で

                                                          coffe.jpg

                   麻酔からさめるっぽの金魚玉  大川 竜水 
                                もうひと眠りなさったら、い可愛い金魚が泳いでいます。
 
                           kinngyo.jpg                          
                
            012 (2)85kakeru117tottemotiisai 19862-300x300_LIkore.jpg 012 (2)85kakeru117tottemotiisai

                   胃にと柿があり晩年  大坪 重治 
                                             晩年の柿はことさらに赤くやかに。

                                                            yyzy (2)
                   柚子の実のごと小父さんの遺影  市川 唯子 
                                  小父さんの人生は笊の中で色に輝きます。

                                               20110904_2028089masonsnewsservjce (2)
                              1小

                   焼藷屋のと釣り合うアヴェマリア  表 ひろ 
             ♬アヴェマリ~ア~。 ♬や~きイモ~~。 

                                    012 (2)syou  012 (2)85kakeru117tottemotiisai  012 (2)syou                                 

                                        の内に裸木となる力かな  秋谷 菊野 
                                さんは今回の上梓のコンダクター。 エネルギー横溢の句ですネ。
                   
                    hadakagi (2)

                         かが植えたでわたしが涼しい  田中いすず
                 木をえてくれた人と田中さんにみんなで感謝!
                          
                         012 (2)85kakeru117tottemotiisai 012 (2)85kakeru117tottemotiisai 012 (2)85kakeru117tottemotiisai

     IMG_4304.jpg

                            !  「」!!  ありがとうございました。  カロ

                                        012 (2)syou
 
  の一冊
          livre de karo

                                        差し色につかふも西鶴忌  ふけとしこ
                  IMG_4289.jpg


                    陰暦日は西鶴忌。 ちょうど今頃。

                        西はたくさんの著作、膨大な句も遺した元禄を代表するです。

                 市井の人々のを闊達な筆で描写、 浮世草子は彼に始まります。

     京の裕福な町人の妻おさんと手代の茂右衛門の悲恋、「」の物語も西鶴の代表作。

              ならぬ恋は無残な結末となりますが、 愛に正直だったおさんは今も人気の高い

                                                 129222342576916314417_sc232191fpxobjiip1.jpg
                                                             喜多川歌麿  おさんの相

                 img_01.jpg

                         西鶴の後輩にあたる近松門左衛門も同じテーマの作品を書いています。

               こちらは「」。 近松作品はドラマチック、歌舞伎や浄瑠璃の当り演目となりました。

                    写真は近松バージョンの映画化、溝口健二の「近松物語」。 何と美しいでしょう。

                                
                                              IMG_2085 (4)

              さんの新句集『』は、言葉の差し色が効いた見事な句でいっぱいです。
                                IMG_4298.jpg

                                につかふ錆朱も西鶴忌  ふけとしこ
                  地味な着物にの紐。  おさんの衣装のようですね。

                                              IMG_4288 (2)
 
              20180828135910fd0.jpg
                                    
                                                桃の夜のといふ苦きもの
                                              がまんしている女性の姿か。 桃は甘く、く。


             梨を剝くむかしをほめられし
                             おさんの、そして、さんの額です。
                                                                 f0135024_19393525_convert_20160924142603.jpg
              IMG_4242 (2)
                                              鏑木清方  「夏の客」            
                   
                        予報より早く雨くる
                              すべてのことはすぎたり、すぎたり。

                                              IMG_0011 (2)

                                  7080-300x300.jpg

                 IMG_4290 (2)

                さんはお料理な方のようです。

                           に立っている時の句、食べ物の句がそれは魅力的!

                                                  風鈴や酢へつべく魚を切り
                                             風鈴の音に、酢の香がってきそう。

          ☆彡2小
               や生姜を針に刻みゐて  
                             切るそばから生姜は星になって・・。

                                 雨の字にが四つレモン切る  
                                       こちらはレモンのがみな雨つぶに。

                    remon12.jpg remon12.jpg remon12.jpg remon12.jpg

                                         soramame.jpg soramame.jpg soramame.jpg                                     
                     と木綿腐と男の
                             いちばん柔らかいのはか?    

                                        sannma.jpg                

              山近く暮らしを焦がしけり
                           山の景と焦げた秋刀魚。 どんなにしいでしょう。

                                     juon2.jpg
                 
             IMG_4277.jpg

                         めくやピエロが描き終へて 
                                      描かれた涙にほんとうの涙が

                                                                 pierodesu (2)
                           IMG_4287 (3)

                        箱庭の二人でもしさう
                                   箱庭の山、川をえて、二人はどこへ・・・。            

                                         みちゆき北野恒富kore
                                                             北野恒富  「道行」

           うれしや、 いにかへての人じゃもの・・・。  

                                           おさん  井原西鶴 『暦屋ものがたり おさん茂右衛門』 

                           IMG_2855 (2)

                  伽羅kore
                                           鏑木清方  「伽羅」                            

         aki (2)kore
              
                 いわし雲ほどは降りてこい 
                               いわし雲のひとひらは、ふけさんにとって、何よりも

                            の真中に拗ねてゐるひとり
                                              は少女か、それともオジイサンか。

              20111027135238364 (2)kore

                                       201101171647324e2 (2)

                    雪の日をたい羊い山羊    ふけとしこ

                              さん、ありがとうございます!     カロ

                                                    hitsuji_sheep_30837-300x300.jpg